元カノを傷つけて別れてしまった!罪悪感から謝りたい、復縁したい場合の対処法!

 

「元カノに思ってもいないことを言ってしまって傷つけてしまった。罪悪感がいっぱいでなんとか謝って復縁したいけど、謝ってもいいのかな。」

 

別れの場というのは、やはり感情的になりやすいものでつい余計なことを口にしてしまうこともあるでしょう。

その結果、意図せず彼女を傷付けてしまって嫌われてしまった男性も少なくありません。

 

ついつい感情的になってしまって思ってもないことを言ってしまったわけですから、どうしても罪悪感を感じて謝りたくなってしまいますよね。

では、果たして、傷つけてしまった元カノに謝ってもいいのでしょうか?

 

ということで今回は、別れ際に元カノを傷つけてしまい罪悪感を感じているケースでの復縁方法をお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

元カノを傷つけてしまった!すぐに謝罪しても良い?

 

元カノが今も好きだからこそ、好きな人を傷つけてしまったという罪悪感に苦しんでいるかと思います。

やるせない思いから、一刻も早く謝罪したいと思う人がほとんどかと思いますが、まずは少し落ち着きましょう。

 

というのも、焦ったり感情的になってしまったから傷つけてしまったわけですので、焦った状態でまた連絡をしてしまうとマイナスの印象を与えてしまうこともあるわけです。

ですから、まずあなたがすべきことは落ち着くことで、その上で、元カノの気持ちを考えていくことが一番と言えます。

 

もちろん、あなたが悪いことをしてしまった、彼女を傷付けてしまったのが明らかなのであれば、謝罪はすべきでしょう。

ですが、彼女側に立って考えてみましょう。

 

傷つけられて辛い、苦しい場合、思い出したくない、これ以上傷つきたくないという思いから、あなたから離れたいという思いの方が強くなるのではないでしょうか?

また、感情がまだ落ち着いていないタイミングで謝罪をされたところで、素直に謝罪を受け止めることができるでしょうか?

 

傷つけてしまったことに対する謝罪は必要ですが、あなたも元カノもまだ感情が高ぶっているタイミングで謝罪をしても、相手の心には響きにくいんですよね。

その結果、再び言い合いになったり、地雷を踏んでしまうことにもなり兼ねません。

 

ですから、あなたも元カノも十分に落ち着き、冷静になれているタイミングで謝罪をすべきと言えるでしょう。

目安としては、1週間程度を考えておくと良いですね。

 

それよりも早ければ、お互いに感情的になってしまうでしょうし、遅ければ、「今さらなに?」とも思われてしまいますからね。

もちろん、謝罪のタイミングで復縁を迫っても、OKをもらえる可能性はかなり低いのは言うまでもありません。

 

しつこく迫ったところであなたのマイナスイメージをさらに増やすことになるだけですので、まず復縁は置いておきましょう。

今後の復縁を踏まえた上で、復縁を迫るのではなく一度だけきちんと誠実に謝罪をしておくことが重要ですね。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

傷つけてしまった元カノと復縁したい場合の対処法は?

半年〜1年程度の冷却期間を設ける

元カノからすると、傷つけられたという記憶はやはり胸に深く刻まれるものです。

そのため、すぐに元カノに近づいたところで、警戒されてしまうことは目に見えているでしょう。

 

ですから、そのマイナスの記憶を少しでもリセットして、彼女に近寄りやすい状況を作るためにも、長期的な冷却期間が必要になります。

期間にして、半年〜1年程度を目安に彼女からしっかりと離れましょう。

 

長い期間の冷却期間を設けることはあなたにとって不安かもしれませんが、傷つけてしまった以上、そこは受け入れなければならないこと。

復縁したいという気持ちもわかりますが、あなたの気持ちではなく、元カノの気持ちの方が重要ですので、ここでしっかりと冷却期間を設けておきましょう。

 

実際、人間は時間が経過するに連れて、マイナスの記憶をリセットしてくれる性質を持っていますので、冷却期間を設けることでマイナスの印象をリセットしてくれるから復縁できるんですよね。

私自身もしつこくすがって音信不通になってしまったわけですが、それでも復縁できたのは冷却期間のおかげなのです。

 

それほどまでに重要な役割を持っているのが冷却期間ですので、さらに理解を深めたい方は下記の記事をじっくり読んでみてください。

関連記事:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

自分を見つめ直し、徹底的に磨く

あなたに傷つけられ、彼女のあなたに対するイメージは辛い、苦しいといったものが大半を占めてしまっているはず。

その部分を乗り越えて、やっぱり一緒にいたい、やっぱり好きだと思わせられなければ復縁は叶いません。

 

そして、そうなるためには、言わずもがな、元カノをあっと言わせるほどの努力が必要になります。

まずは序盤として、彼女に再びこちらを気に掛けてもらうべく、自分を徹底的に磨きましょう。

 

結局のところ、元カノと復縁するために重要なのは、「あれ?なんか変わった?成長したね!」と成長した姿を感じてもらうことなんですよね。

その結果、別れたことを後悔させることができれば、「復縁してもいいかな」と思ってもらえるわけです。

 

ですから、元カノに別れたことを後悔させる男になって、惚れ直させてやりましょう。

そのために、自分を磨くわけですが、自分磨きについて何をすればいいかわからない方は下記の記事を読んでみてください。

 

関連記事:元カノと復縁したいなら復縁したいと思わせる器の大きな男になれ!

友人の協力を得て再び接点を作る

彼女を深く傷つけてしまったのであれば、やはり再度近づくことも容易ではない場合が考えられます。

そういった場合にお勧めなのが、友人の協力を得ることです。

 

信頼できる友人伝いの情報というのは、信ぴょう性を持って聞こえるものですので、噂を流してもらうのもいいでしょう。

ただし、あまりにバレバレなのはNGで、一番の理想は自然に伝わっていくことですね。

 

そのほかにも、友人にまずは複数人で会う機会をセッティングしてもらうなど、まずは彼女のあなたに対する警戒心を薄れさせると良いでしょう。

長期的に見て、元カノとの関係を再構築していく

彼女と定期的に連絡が取れるようになったとしても、まだ復縁を急いではなりません。

あなたに一度裏切られたり、傷つけられたという記憶は、やはり薄れてはいても残っているものだからですね。

 

彼女があなたとの復縁を決断するには、「あなたは変わった、もう大丈夫だ」という確信や、あなたを好きという気持ちが大きくなっていなければ叶いません。

ですので、復縁は長い目で見て、彼女の心を徐々にこちらへと向けさせていく必要があるのです。

 

くれぐれも下心を悟られないように気を付けながら、少しずつ彼女の信頼を取り戻していきましょう。

そうして、十分に準備ができた段階で、元カノの脈ありサインが確認できたら気持ちを打ち明けるといいですね。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノを傷つけて別れてしまった場合は、お互いに冷静になり、落ち着いたタイミングで1度だけ謝罪をするのが正解。

 

その後は、

  • 半年-1年程度の冷却期間を設ける
  • 自分を見つめ直し、徹底的に磨く
  • 友人の協力を得て再び接点を作る
  • 長期的に見て、元カノとの関係を再構築していく

 

といった手順を踏み、焦らずに復縁に向けて進んでいくと良いでしょう。

 

傷つけてしまってマイナスの印象を持たれているかもしれませんが、まず冷静になって謝り、距離をとって自分を磨いて、元カノを後悔させる男になってしまえばいい。

本当に好きなら諦めるな、男ならバカになれ!

 

関連記事:元カノと復縁できる可能性チェック!脈なしパターン診断!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です