遠距離の元カノと復縁する方法!きっかけや連絡方法・冷却期間を徹底解剖!

 

「元カノと復縁したいんだけど、遠距離恋愛だったし、中々会う機会もない。どうやって復縁すればいいんだろう。」

 

元カノと復縁したいと思っても、遠距離であればどうしても会えるチャンスは少なく、ネガティブな気持ちになってしまうものですよね。

ただ、遠距離だからと言って、復縁できないかというと全くそんなことはありません。

 

冷却期間を取りやすいのが遠距離恋愛のメリットであり、何か用事があるという流れで元カノに連絡をすれば、すんなり会えるのが遠距離での復縁なんですね。

ですから、遠距離という理由だけで諦める必要なんて全くないのです。

 

むしろ、「遠距離」ということよりも、なんで元カノと別れることになってしまったのか、の方が重要になります。

やはり、別れた原因が解消されていない男性と復縁したいと思う女性はいませんからね。

 

ということで、今回は遠距離で別れた元カノと復縁するために必要な冷却期間や復縁のためのきっかけや連絡方法を徹底解剖していきます。

結局のところ、元カノとの復縁で一番復縁しやすいのは、元カノに別れたことを後悔させた時なんですよね。

 

遠距離でも別れた後に冷却期間を設けて、しっかり別れた原因を改善させることで、復縁の成功法則。

「変わったね、成長したね!」と元カノをびっくりさせられる男になってやりましょう。

 

遠距離の元カノと復縁するために必要な冷却期間は?

すれ違いによる別れであれば早めに連絡を取り、まず話し合いを

遠距離で別れた場合で最も多く聞かれるのが、すれ違いですよね。

物理的に距離が離れていることで、悲しみ・寂しさや会えないことによるすれ違いが原因となってしまったケースですね。

 

この場合、距離が問題であって、元カノが寂しさゆえに別れを切り出しているのであれば、まだ心はあなたに向いている可能性があります。

ですから、まずは遠距離恋愛の在り方を見直す、改善策を提示して彼女を安心させてあげましょう。

 

話し合いを通じて、あなたの気持ちや誠意を示すことで、彼女に再び交際を考え直してもらえる可能性がありますからね。

きちんと筋の通った改善策を考えた上で、彼女の心が完全に離れてしまう前に、直接会って話し合いの場を設けることをおすすめいたします。

 

ただし、注意しなければならないことが1つあります。

それは、女性が別れを決断する時には悩みに悩んで決断することから、話し合いでも決意が覆らないこともよくあるということです。

 

また、もしかしたらあなたを傷つけないために、遠距離恋愛を「うわべの理由」にしている可能性もあり、原因は別にあるのかもしれません。

この場合は、話し合いを設けても、復縁できないことがほとんどでしょう。

 

話し合いを通じて、あなたの気持ちを伝えて、それでも復縁できないのであれば、できるだけ綺麗に別れることをおすすめします。

別れ際の印象がそのまま復縁できる可能性に繋がりやすいので、いい彼氏という印象で別れておく方がいいんですよね。

 

ですから、決してしつこくすがらないようにお気をつけください。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

話し合いの末の別れであれば、冷却期間は最低3ヶ月

 

話し合いをしても彼女の心が動かなかったり、そもそも既に彼女に冷められてしまっている場合は潔く冷却期間を設けましょう。

なぜなら復縁で大事なのは、元カノの気持ちであり、元カノが復縁する気がない時にいくらアプローチをしても復縁できるわけがないからですね。

 

先ほどもお話したように、話し合いの後はしつこく迫らずに、余計なマイナスイメージを植え付けないこと。

別れを切り出した彼女の中では「別れること」に頭がいっぱいですので、その気持ちを落ち着かせる意味でも、冷却期間を設けるのは非常に重要になります。

 

期間にして、大体3ヶ月を目処に考えておくと良いでしょう。

また、この冷却期間でしっかりと別れた原因を解消し、男を磨いてできるだけ魅力的な男になることを心がけましょう。

 

というのも、結局、恋愛は子孫繁栄であり、女性は本能的に魅力的な男を求めるからです。

そもそもあなたが魅力的な男であり続けていたのであれば、元カノだって別れることを決意しなかったはずなんですよね。

 

ですから、元カノが「またやり直してもいいかも」と思ってくれるようなデカい男になってやりましょう。

気持ちを落ち着かせる以外にも、別れた原因の解消、男を磨くというのが冷却期間での大切な役割となります。

 

関連記事:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

あなたの浮気や裏切りが原因なら半年〜1年程度を目安に

遠距離での別れであっても、その原因があなたの浮気・裏切りである場合は長期的な冷却期間が必要になります。

普通に考えれば当たり前ですよね。

 

彼女を裏切ってしまったことで、彼女の気持ちはあなたの真逆を向いており、関わりたくないと思われている可能性も高いでしょうから。

それゆえ、このケースではそのマイナスイメージのリセットを図るためにも、半年〜1年程度の冷却期間を設ける必要があります。

 

もちろん、冷却期間では男磨きを忘れずに。

また、別れ際に元カノにしつこくすがってしまって嫌われたケースでも同様に、長期間の冷却期間を設けることをおすすめします。

 

しつこくすがって嫌われたケースでも、マイナスイメージが強く、リセットしてもらう必要があるからですね。

ただ、人間は時間が経つことでマイナスの印象をリセットしてくれる性質を持っていますので、まだまだ諦める必要はありませんよ。

 

まずはしっかりと反省をして、地に足をつけて自分を磨き、復縁のためのきっかけ作りに移っていきましょう。

遠距離の元カノとの復縁のきっかけや連絡はどうすれば良い?

きちんと連絡した上で会いに行く

すれ違いによる別れに当てはまる場合は、話し合いをするためにも彼女にアポを取った上で、こちらから会いに行きましょう。

誠意を示すことにもなりますし、やはり会って話すのとメールや電話で話すのとでは相手に与える印象も違うからですね。

 

きちんと会って、彼女の目を見て自分の気持ちを伝えましょう。

別れ際などであれば、全然会ってもらえると思いますので、そこでしっかり気持ちを伝えてみてください。

 

もちろん、彼女の決意が覆らない可能性も高いので、彼女の気持ちが変わらないのであれば、しつこくすがらないように気をつけてください。

そして、いい印象を持たせた上で、別れることを心がけましょう。

 

そうすれば、次のチャンスへと繋がりますからね。

感情に支配されて独りよがりのアプローチをするのではなく、元カノの気持ちに寄り添って、しっかり受け入れてあげることですよ。

冷却期間後にSNSで近況を発信して興味づけをする

 

冷却期間を終えたら、まずは彼女の気を引くために、共通のSNSにあなたの変化の伝わる画像をアップしてみるのも良いでしょう。

彼女への印象が比較的クリーンな場合には、それをきっかけに彼女から連絡が来る可能性もありますからね。

 

ここで注意すべきことは、SNSを使うのは必ず「冷却期間後」ということ。

復縁に失敗する男性ほど元カノのSNSをのぞき見てはネガティブになったり、感情的になって連絡をしてしまいますが、それは絶対にNG。

 

冷却期間中は基本的に元カノのSNSを見ないのが原則中の原則。

冷却期間は自分を磨くことに集中して、SNSで興味づけをしていくのは、あくまで冷却期間後であることを覚えておきましょう。

気さくに連絡を入れてみる

十分に冷却期間が置けているならば、彼女の中のあなたに対するマイナスイメージもリセットされているかもしれません。

そのため、探りの意味でも、何か自然に連絡を取れるタイミングで気さくに連絡をしてみてもいいでしょう。

 

誕生日や正月などのイベント日が最も自然で連絡しやすいですし、用事を理由に連絡をしてみるのも良いですね。

その返信次第で、好感触なものが返ってくるならばやりとりを続けてみてもいいでしょう。

 

ただし、いきなり連絡していきなり復縁できるほどトントン拍子で進むことはほとんどないので、決して焦らずに、徐々に距離を縮めていくことを意識してみてください。

共通の友人に協力を頼む

あなたの裏切りで別れてしまった場合は、冷却期間を置いていても元カノに警戒されてしまう可能性があります。

そこで効果的なのが、共通の友達に協力を頼むこと。

 

あなたへのマイナスイメージが強い場合には、友人に協力を頼み、こちらの良い成長ぶりを彼女に伝えてもらって気を引いたり、同窓会を開くなど再会しやすい場作りを作ってもらいましょう。

共通の友達とのみんなでの飲み会がきっかけで復縁するケースは少なくないですよ。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

遠距離恋愛での復縁は難しいと感じるかもしれないが、そんなことはない。

自然に冷却期間を設けることができるし、何か理由をつけて彼女のもとに行けば、わざわざ来てくれたからということで会ってくれる可能性が高い。

 

ただ、遠距離恋愛での別れ方にも色々とあり、元カノと復縁するためにはそれぞれに合った冷却期間やきっかけ作りをセレクトしなければいけません。

 

パターン別の冷却期間はこちら。

  • すれ違いによる別れであれば早めに連絡を取り、まず話し合いを
  • 話し合いの末の別れであれば、最低3ヶ月
  • こちらの浮気や裏切りが原因なら半〜1年程度を目安に

 

復縁のきっかけや連絡はきちんと連絡した上で会いに行く、SNSでこちらの近状を発信する、気さくに連絡を入れてみる、友人に協力を頼むのがポイント。

自分の状況を考慮した上で正しい冷却期間やきっかけ作りを行い、復縁に繋げましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です