別れて1~3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月は元カノと復縁するにはまだ早い?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノと別れて3ヶ月が経つけど、冷却期間3ヶ月で復縁ってできるのかな?別れて3ヶ月の元カノの心理ってどんな感じなのかな。

 

やはり、時間が経つに連れて、人の心は変わっていくもので、元カノとの復縁でも例外ではありません。

 

特に、人間は時間が経つことでマイナスの記憶をリセットする性質を持っています。

ですので、それを利用することであなたに対するマイナスの印象をリセットして復縁の可能性をあげることができます。

 

その性質を利用して冷却期間を設けるのが元カノ復縁の王道の方法です。

ただ、そうは言ってもできるだけ早く復縁したいと思うのが、正直なところでしょう。

 

そんな時に最初に訪れる復縁のポイントが冷却期間3ヶ月であり、ケースによっては3ヶ月で元カノと復縁することも可能です。

ということで今回は、別れて1~3ヶ月の元カノの心理と冷却期間3ヶ月で復縁は可能なのか、を徹底解剖していきますので、じっくり読んでみてください。

 

【冷却期間1ヶ月】別れて1ヶ月の女性心理と別れたあとの女性の行動

 

別れた直後の女性は不安定で感情の渦のなか

冷却期間がまだ別れて1ヶ月の頃の女性は、かなり感情的にモノゴトを捉える時期です。

 

もともと女性は、男性に比べて感情的ではありますが、彼氏と別れたことにより気持ちが不安定になり落ち込みやすいのです。

しかもそれは不思議なことに、振られた時だけではなく、自分が振った場合でも。

 

なぜなら女性にとって恋愛は大きな存在であり、「彼氏がいる」という恋愛の環境そのものに価値を見出している女性も少なくないのです。

 

もちろん振られた場合は、その悲しみで絶望的になり激しく落ち込むことも。

しかし、自分が振った場合は、「本当に別れて良かったの?」と自分の選択が正しかったのか、迷い続ける女性もいます。

 

その場合、別れた彼氏に未練があるのではなく、自分の状況、つまり彼がいないという恋愛の負け組になったことに悲観的になっているだけ、ということも。

 

いずれにしても、別れて1ヶ月の振った側の女性心理は不安定なので、復縁なんてまだ考えられないはずです。

また、女性は恋愛に対して、自分の未来が幸せかどうかで判断する傾向があります。

 

ですので、彼氏がいない状況に「このまま1人だったらどうしよう」と不安になり、別れたことを早まったかもと後悔することも。

しかし、それは元彼と円満に別れた場合のことです。

 

別れた原因がネガティブであり、元彼に対してマイナスなイメージを持って別れた場合、なかなかそうは思いません。

「あのまま付き合っていても、私は幸せになれなかった」と自分を納得させることができるのです。

 

やはりこのような心理の時に元彼から復縁を持ち出せれても、元カノの心は全く響かないのは当然ですよね。

むしろ、復縁を言い出した元彼への印象はもっと悪くなってしまう可能性が高いでしょう。

 

内向的になりあまり恋愛行動はしない

別れて1ヶ月の女性心理は、不安定であるため落ち込みやすく、かなり内向的になることが多いのです。

 

もともと女性はネガティブに考える気質があるため、気持ちが不安定だと何もする気になれなかったり、内にこもりがちです。

友達から「忘れるには新しい恋愛を!」と新しい出会いの場に誘われても、いまいち気持ちが乗らないことも多いもの。

 

ですので、恋愛に対する行動を始めることは、少ないかもしれません。

むしろ、自分の感情に溺れているためつい過去のことばかり考えてしまい、気づけば元彼のことを思い出すことも多いのです。

 

その結果、思わず衝動的に元彼に連絡することも。

ただ、あまりにも衝動的な行動であり、本人も自分の気持ちがよく分かっていないため、元彼と復縁したいという強い意志ではない可能性が高いのです。

 

ですので、この時期に元カノから連絡があったとしても、元カノも未練があって連絡してきたと思い込み、焦ってすぐに復縁を言い出さない方がいいでしょう。

 

だからといって気まずくなったりそっけなくするのではなく、優しく迎えてあげてください。

不安定な女性には、話をとことん聞いてあげて安心感を与えてあげることが一番の癒しなのです。

 

【冷却期間2ヶ月】別れて2ヶ月の女性心理とその変化とは?

 

冷却期間が別れて2ヶ月たった頃の女性の心理は、人によってその変化の差が激しい時期です。

前を向こうと行動できる女性もいれば、まだ引きずっている女性も

 

これはその女性の持っている気質によって異なりますので、あなたの元カノがどんなタイプなのかを思い出しながら読み進めてみてくださいね。

 

落ち込む自分が嫌になり気持ちが切り替わり始める

別れて2ヶ月になってくると、女性の中でも比較的に前向きな女性は、落ち込んでいる自分が嫌になってきます。

 

「いつまでも過去を引きずっていても仕方ない、前を向こう!」と。

それは、たとえ振られた側だとしても、そうやって前向きになれる女性も多いので、やはり男性よりも立ち直りが早いですね。

 

ですので、自分が振った側の女性の場合は、前向きになると一気に加速する場合も。

つまり、前向きになるスイッチが入れば、過去を振り返ることをやめて、未来に向けて自分が幸せになれることに取り組み始めるのです。

 

新しい出会いに積極的になってみようと思ったり、新しい習い事を始めてみたり、仕事を今まで以上に励んでみたり。

女性はグループでいることに安心するので、友達といる時間を増やしているだけで元気がでますからね。

 

しかし、前向きになるスイッチが入らなければ、まだまだ過去を引きずっているのが、別れて2ヶ月の時期でもあります。

 

関連記事:元カノと復縁するための冷却期間はどのくらいが効果的?目安の期間は?

 

元彼との復縁は、過去に引き戻される感じがする

元カノのタイプによって別れて2か月ごろの女性の心理や行動が違いますが、復縁に関しては積極的でない女性の方が多いのも事実です。

 

もちろん元彼に強い未練があれば別ですが、そうでない限りは復縁を拒まれる可能性が高いのです。

「復縁=過去」というイメージが強く、せっかく自分の気持ちに整理がついて前向きに未来のことを考え始めたのに、過去に引き戻される感じが嫌なのでしょう。

 

元カノと復縁をしたいと思っていたら、この心理状態の元カノにはまだ近づかない方がいいですね。

もう少し冷却期間を置いて、完全に過去を割り切って、あなたのことを冷静に考えられるぐらいまで待ったほうが賢明です。

 

いずれにしても、あなたが付き合っていた頃と何も変わっていなければ、冷却期間をどれだけおいても元カノの気持ちは動きません。

つまりあなたにできることは、自分を成長させて魅力的な男になるように頑張ることなのです。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと別れて半年以上経つ場合の復縁!半年後の女性心理と連絡方法!

 

【冷却期間3ヶ月】別れて3ヶ月の元カノの心理とは?もう女性が復縁したくなる時期?

 

気持ちが前向きになり、意欲が湧いてくる

どれだけ辛い別れだったとしても、やはり時が解決してくれるというのは現実にあるものです。

 

実際、別れてから1ヶ月、2ヶ月と時が経過すると、元カノのあなたに対する気持ちも徐々にリセットされて頃でしょう。

 

時が経つと共に少しずつ気持ちが前向きになっていき、色々なことに挑戦する意欲が湧いてくるのも大体別れてから3か月程度経った頃ですね

 

どうしても別れ際は、元カノの中に別れたい気持ちが強かったため、復縁を申し出ても断られる可能性が高いもの。

ですが、3ヶ月の冷却期間を設けると、また話は変わります。

 

もしあなたが元カノとの別れ際に、印象のいい別れ方をしていたのであれば、冷却期間3ヶ月で元カノにアプローチをし始めてもいい頃だと言えるでしょう。

 

関連記事:彼女と別れて1ヶ月!女性から振った場合、振られた元カノと復縁できる?

 

あなたとの別れを懐かしめるようになる

会わない時間が長くなると共に、元恋人に関する記憶はどんどんリセットされていくものです。

 

こうして、別れを徐々に受け入れられる状態になっていき、3ヶ月が経つ頃には、あなたとの別れも懐かしめるものになっていくでしょう。

 

特に女性は、男性と比べると立ち直りも早いと言われており、3ヶ月経つ頃には懐かしく思えるようになることが多いのです。

 

ただ、もちろん、これは別れ際にいい印象を持たせて別れたケースに限った話です。

なので、すがったりして嫌われたのであれば、今しばらく冷却期間が必要になるでしょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ

元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月じゃ短い?別れて1ヶ月の女性の心理とは?

 

そろそろ新しい恋人が欲しくなる頃

 

フリーの時期は、交際時とはまた違った楽しさがあり、自分のために時間を費やせたり、自分に投資できたりしてフレッシュな気分になるもの。

特に、別れた直後は誰だってスッキリして、楽しく、心地良く感じられるものです。

 

それまでの交際期間が長く、フリーの時間が短かった人ほど、フリーの時間が一層楽しく感じられることでしょう。

ですが、そういった期間も一時的で、交際することで得られる喜びだったり楽しさを知っている女性であれば、時間が経つにつれて「そろそろ、彼氏が欲しいな」と思い始めるものです。

 

好きな人がいる生活と、そうでない生活とでは、同じように楽しめたとしても、モチベーションが違ってきますからね。

このように、新たに恋を始めたいな、寂しいな、彼氏が欲しいなと思い始めるのもまた、別れてから3ヶ月程度経った時という場合が多いのです。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

冷却期間3ヶ月は元カノと復縁するには早い?

 

先ほどお話したように、冷却期間3ヶ月では、別れた直後と比べて、元カノの心境が大きく変わっている可能性が高いでしょう。

 

ですから、よほどあなたが元カノに対してひどくマイナスな印象を与えていない限り、心に余裕があります。

心機一転していて、新たに恋愛を始めたくなっている頃合いです。

 

ですから、そのタイミングで再び再会を果たし、再びこちらに目を向けることができれば、復縁の可能性は十分にあり得ます。

よって、綺麗な別れ方をしており、自然に接触できる関係であれば、冷却期間が3ヶ月でも復縁が可能ということです。

 

ただ、「その冷却期間が妥当であるかどうか?」は冷静に判断しなければなりません。

自分たちの別れ方を考慮したり、彼女の心境や状況について情報収集するなど、しっかりと見極めるべきでしょう。

 

また、冷却期間が妥当だとしても、そのタイミングで再会できたとして、あなた自身が何の成長もできていなければ、彼女との復縁は難しいことは言うまでもありません。

 

関連記事:別れて3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月で元カノと復縁できるケースとは?

 

やはり、一度別れを決断した以上、女性側はよほどのことがなければ元さやに戻りたいとは思わないはずです。

それゆえ、彼女の心を動かす何かが必要になります。

 

そのためには、外見はもちろん、中身の成長・変化を示す必要があり、そういった部分に惚れさせる必要があるでしょう。

よって、やはり復縁の一番のカギを握るのは、どれだけ必死になり、自分を磨けるか、なんですよね。

 

結局のところ、元カノとの復縁はいかに元カノに「変わったね!成長したね!」と思わせることができるかが勝負なのです。

それができていなければ、冷却期間をいくらおいたところで復縁は叶いません。

 

3ヶ月で十分だろうと見極めたなら、徹底的にその3ヶ月間は自分磨きに力を注ぎ、復縁へのアプローチに備えましょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

まとめ

 

別れて3ヶ月の元カノの女性心理は以下の通り。

  • 気持ちが前向きになり、意欲が湧いてくる
  • 別れを懐かしめる様になる
  • そろそろ新しい恋人が欲しくなる頃

 

元カノと別れた時に綺麗な印象、いい印象を与えることができていれば、冷却期間は3ヶ月で十分である場合が多くあります。

ただ、冷却期間はおくだけでは無意味です。その間しっかりと自分を磨けていてこそ、復縁を可能にすることができるのです。

 

冷却期間を見極めたら、その間はしっかりと自分磨きを行い、今後のアプローチに備えましょう。

 

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

 

 

なお、僕自身が復縁した体験談も包み隠さず公開していますので、ぜひあなたの復縁活動の参考にしてみてください。

【全4話】音信不通からでも復縁できた体験談を包み隠さず公開します。

 

 

 

      

   

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です