元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月じゃ短い?別れて1ヶ月の女性の心理とは?

 

「元カノとできるだけ早く復縁したい、冷却期間を設けた方がいいって聞くけど、1ヶ月じゃ短いかな?」

早く元カノと復縁したいがために、なんとか冷却期間を短くして元カノに連絡を取りたいと考える男性は少なくないでしょう。

 

冷却期間をとっている間に元カノに新しい彼氏ができてしまうことに焦ってしまう気持ちも痛いほどわかります。

しかし、結論からいうと、焦って冷却期間を短くして連絡をしてもいいことはありません。

 

実際に、あなたがどのくらい冷却期間を取るべきかどうかというのは、元カノとの別れ方や元カノのあなたに対するイメージなどで決まるからです。

つまり、別れて1ヶ月の元カノの心理をしっかりと理解する必要があるというわけですね。

 

ということで、今回は別れて1ヶ月の女性心理と冷却期間が1ヶ月でいいケース、通常はどのくらい取ればいいのかを徹底解剖していきます。

冷却期間を設ける意味、どうすれば復縁できるのかもお話していますので、お見逃しなく。

 

元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月じゃ短い?別れて1ヶ月の女性心理!

 

元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月では短いのか、結論からいうと、短いです。

ただし、唯一の例外は元カノにまだ未練があったり、元カノから連絡がくるケース。

 

結局、復縁というのは元カノの気持ちをいかに理解することができ、いかに元カノに「もう一度やり直したい」と思わせることができるかが勝負なのです。

そう、元カノの気持ちが全てです。

 

そのため、もし元カノがあなたに対して未練を持っていたり、元カノから連絡がくるのであれば、別に冷却期間は1ヶ月でいいということになります。

元カノから連絡がくる場合は、普通に接してあげましょう。

 

あからさまな復縁を迫るのではなく、元カノが復縁したいと思えるように、同じ熱量で連絡を取り合い、一緒にいる時間を楽しみ、元カノの気持ちを理解することに徹してみてください。

たったそれだけでこのケースでは問題なく復縁できますよ。

 

ただ、元カノから連絡がくる以外のケースでは、元カノの気持ちはあなたに向いていませんから、1ヶ月の冷却期間ではやや短いでしょう。

その理由はシンプルで、別れて1ヶ月の女性心理では、まだあなたと別れた理由をしっかり覚えていて、マイナスのイメージをしっかり持っているから。

 

特に女性は、別れを決断する時、バケツに水を貯めるように悩みに悩んで、別れることを決断します。

つまり、女性はそれほどまでにじっくり時間をかけて別れを決めるということであり、1ヶ月やそこらで覆るほど甘いものではないということです。

 

1ヶ月の冷却期間では短いとなると、あなたは焦るかもしれませんし、ショックを受けるかもしれません。

しかし、元カノのマイナスのイメージをリセットするためには冷却期間を設けるべきであり、冷却期間を設けることで復縁の可能性を大きく引き上げることができるのです。

 

そのため、もしあなたが本気で元カノと復縁したいのであれば、基本的には3ヶ月〜半年、もし嫌われているのであれば、半年以上の冷却期間を取った方がいいでしょう。

これらの冷却期間を設けることで元カノのあなたに対するマイナスのイメージをリセットしてもらうことができるというわけですね。

 

【※本気で元カノと復縁したい方へ】

本気で元カノと復縁したいのであれば絶対に読んでおきたい厳選10記事!

 

 

では、冷却期間を設けた後はどうすれば元カノとの復縁に繋がるのでしょうか?

元カノと復縁するためには冷却期間を設けて何をすればいいのか?

 

別れて1ヶ月の元カノの心理は、まだまだあなたに対するマイナスイメージが残っており、復縁する気はないという場合がほとんど。

だからこそ、本気で復縁したいのであれば最低でも3ヵ月、嫌われているのであれば、半年以上の冷却期間を設けるべきなんですね。

 

なお、冷却期間を設けるべき理由は下記の記事でさらに詳しくお話していますので、じっくり読んでおきましょう。

参考:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

 

では、冷却期間を設けた後、復縁をするためにあなたは何をすればいいのか?

それは先ほどもお話したように、元カノに気持ちが全てであるからこそ、元カノに「もう一度付き合いたい」と思わせればいいわけです。

 

それでは、元カノに「もう一度付き合いたい」と思わせるためには?

そう、元カノに別れたことを後悔させればいいんです・・・「別れるんじゃなかったかも」と。

 

人間は手放したものが価値のあるものだと別れば、後悔して猛烈に取り戻したくなりますので、元カノはあなたを取り戻したくなります。

そう、全く立場が逆転するわけですよ。

 

あなたが追いかければ追いかけるほど元カノは離れていきますが、元カノに別れたことを後悔させることができれば、元カノがあなたを追いかけるようになります。

だからこそ、あなたは元カノに別れたことを後悔させなければならないのです。

 

どのようにしてか?

あなたが付き合っていた時よりも圧倒的に魅力的な男になり、元カノをあっと驚かせてしまえばいいのです。

 

実際に、女性は本能的に魅力的な男性を好きになりますので、あなたが魅力的な男になるということは本能的に求められるようになるということでもあります。

本能は女性自身も抗うことができませんから、たとえ嫌われていたとしても、復縁できるわけです。

 

僕自身が音信不通から復縁できたのは、まさに自分自身が魅力的になり、元カノを後悔させることができたからなんですね。

それに、今のあなたの姿を見てみてください。

 

果たして、元カノが復縁したいと思うような男性と胸を張って言えるでしょうか?

元カノが本気で復縁したいと思う男性は、自分に自信があり、もっと堂々としており、何かに一生懸命な魅力的な男性のはずですよね。

 

そう、だから、あなたが今すべきことは元カノのことを思って落ち込むことではないんです。

あなたがすべきことはバカになって自分を徹底的に磨いて、元カノが復縁したいと思うような魅力的な男になること、たった一択。

 

男ならバカになって元カノを惚れ直させましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノと復縁したい場合は、冷却期間1ヶ月は短く、最低でも3ヶ月から半年は必要。

なお、唯一の例外は元カノから連絡が来るケースで、元カノの気持ちを理解することに徹してあげれば普通に復縁できる。

 

それ以外のケースでは冷却期間を設けて、元カノが別れるんじゃなかったと後悔させることが何より重要。

そのためにも、冷却期間中にバカになって、徹底的に自分を磨くべし。

 

【厳選記事①】

【※超重要】元カノと付き合い始めた頃のことを思い出してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です