元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月じゃ短い?別れて1ヶ月の女性の心理とは?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノとできるだけ早く復縁したい、冷却期間を設けた方がいいって聞くけど、1ヶ月じゃ短いかな?」

早く元カノと復縁したいがために、なんとか冷却期間を短くして元カノに連絡を取りたいと考える男性は少なくないでしょう。

 

冷却期間をとっている間に元カノに新しい彼氏ができてしまうことに焦ってしまう気持ちも痛いほどわかります。

しかし、結論からいうと、焦って冷却期間を短くして連絡をしてもいいことはありません。

 

実際に、あなたがどのくらい冷却期間を取るべきかどうかというのは、元カノとの別れ方や元カノのあなたに対するイメージなどで決まるからです。

つまり、別れて1ヶ月の元カノの心理をしっかりと理解する必要があるというわけですね。

 

ということで、今回は別れて1ヶ月の女性心理と冷却期間が1ヶ月でいいケース、通常はどのくらい取ればいいのかを徹底解剖していきます。

冷却期間を設ける意味、どうすれば復縁できるのかもお話していますので、お見逃しなく。

 

元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月じゃ短い?別れて1ヶ月の女性心理!

 

元カノとの復縁は冷却期間1ヶ月では短いのか、結論からいうと、短いです。

ただし、唯一の例外は元カノにまだ未練があったり、元カノから連絡がくるケース。

 

結局、復縁というのは元カノの気持ちをいかに理解することができ、いかに元カノに「もう一度やり直したい」と思わせることができるかが勝負なのです。

そう、元カノの気持ちが全てです。

 

そのため、もし元カノがあなたに対して未練を持っていたり、元カノから連絡がくるのであれば、別に冷却期間は1ヶ月でいいということになります。

元カノから連絡がくる場合は、普通に接してあげましょう。

 

あからさまな復縁を迫るのではなく、元カノが復縁したいと思えるように振るまいましょう。

同じ熱量で連絡を取り合い、一緒にいる時間を楽しみ、元カノの気持ちを理解することに徹してみてください。

 

たったそれだけでこのケースでは問題なく復縁できますよ。

 

ただ、元カノから連絡がくる以外のケースでは、元カノの気持ちはあなたに向いていませんから、1ヶ月の冷却期間ではやや短いでしょう。

 

その理由はシンプルで、別れて1ヶ月の女性心理では、まだあなたと別れた理由をしっかり覚えているから。

まだ、マイナスのイメージをしっかり持っているからです。

 

特に女性は、別れを決断する時、バケツに水を貯めるように悩みに悩んで、別れることを決断します。

つまり、女性はそれほどまでにじっくり時間をかけて別れを決めるということであり、1ヶ月やそこらで覆るほど甘いものではないということです。

 

1ヶ月の冷却期間では短いとなると、あなたは焦るかもしれませんし、ショックを受けるかもしれません。

しかし、元カノのマイナスのイメージをリセットするためには冷却期間を設けるべきであり、冷却期間を設けることで復縁の可能性を大きく引き上げることができるのです。

 

そのため、もしあなたが本気で元カノと復縁したいのであれば、基本的には3ヶ月〜半年は設けましょう。

また、もし嫌われているのであれば、半年以上の冷却期間を取った方がいいでしょう。

 

これらの冷却期間を設けることで元カノのあなたに対するマイナスのイメージをリセットしてもらうことができるというわけですね。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

別れて1ヶ月過ぎた元カノの女性心理とは?女性の気持ちが復縁したくなる時期は?

 

冷却期間が1ヶ月では短いとお伝えしてきました。

まだその頃の女性心理では、あなたへの気持ちが落ち着いておらずネガティブな状態にあり、元カノが復縁したくなる時期ではないからです。

 

では、1ヶ月過ぎると女性心理はどのように変化するのでしょうか。

先にお伝えしますと、あなたと元カノがどのように別れたのかによって大きく左右されます。

 

元カノが別れ際にあなたに対してどんな感情でいたのか。笑っていたのか泣いていたのか、同じような状況でも人によって違ってくるのは当たり前のこと。

 

あなたと元カノとの関係を思い出しながら、読み進めてみてください。

 

①冷却期間が別れて1ヶ月ぐらいまでの女性心理とは

1ヶ月ではまだ短いとお伝えしたのは、元カノの感情が不安定すぎて元カノ自身もわかっていないからです。

 

そもそも女性にとって恋愛は、人生の大きな部分を左右するため「彼氏と別れた」という事実に気持ちのフォーカスがいきやすい。

それは、自分から振ったとしたも振られたとしても。

 

ですので、元カノから振った場合でも、別れたことを寂しいと思い「彼がいない自分」に落ち込むのです。

そのため、彼のいる友達と比べていっそう寂しくなるということも、少なくありません。

 

その寂しさはいわゆる1人になったことへの喪失感や、彼がいない焦燥感だったりすることも。

もちろん、必ずしもでそうではありませんが、元カノから振った場合はその可能性もあります。

 

ただ、寂しいとはいえそれは自分の環境にたいしてなので、元彼へのマイナスなイメージがある場合は、強く残っている時期です。

 

その状態で元彼から復縁したいと連絡があっても、容易には受け入れないことが多いのです。

感情的な女性は、彼に関わった途端にマイナスな感情を思い出してしまいますからね。

 

②冷却期間が別れて2ヶ月・3ヶ月頃の女性心理とは

別れて2、3ヶ月してくると、かなり冷静に判断ができるようになっています。

 

自分と元彼とのことを振り返り、気持ちも落ち着いているので、別れたことを前向きに考えることができます。

ただ、女性は過去を振り返って、自分に責任があったのかもとネガティブに思いがちな傾向があるのです。

 

「自分がもっとこうしていれば、良い関係になっていたのかも」と考えたりすることも。

 

また「私がもっと優しい言葉をかけてあげればよかったのかも」と相手目線で考えられる人もいるので、元彼を嫌いで別れたのでなければ、復縁も可能かもしれません。

 

また、別れた時のマイナスなイメージが無くなっていたら、元彼に対して負の気持ちはなくなっているはず。

そんな時に元彼から連絡があり、彼に何か良い変化を感じていたら、好反応をしてくれることもあります。

 

③冷却期間が別れて半年以上の女性心理とは

半年ほどたてば、元カノの女性心理は完全に過去を吹っ切っている可能性は大きいですね。

 

寂しさもなく、過去を振り返ることも少なくなり前に進んでいるはず。

また、すでに新しい出会いがあって彼ができていたり、自分の生活を充実させて、あなたが知らない環境に身を置いている場合もあります。

 

確かに女性は男性よりも吹っ切るのが早いですが、その分、心に余裕があるのも事実です。

ですので、元彼から連絡があった場合、自分の気分が良い時や元彼の連絡に不快感を感じなければ、好反応で返してくれるかもしれません。

 

ただ、その時に元彼が過去を引きずっているような気配がしたら、恐らくNOとなるでしょう。

自分は前に進んでいるのに、何も成長していない元彼に魅力を感じないからです。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと別れて半年以上経つ場合の復縁!半年後の女性心理と連絡方法!

元カノと復縁するためには冷却期間を設けて何をすればいいのか?

 

別れて1ヶ月の元カノの心理は、まだまだあなたに対するマイナスイメージが残っています。

復縁する気はないという場合がほとんど。

 

だからこそ、本気で復縁したいのであれば最低でも3ヵ月、嫌われているのであれば、半年以上の冷却期間を設けるべきなんですね。

 

なお、冷却期間を設けるべき理由は下記の記事でさらに詳しくお話していますので、じっくり読んでおきましょう。

参考:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

 

では、冷却期間を設けた後、復縁をするためにあなたは何をすればいいのか?

それは先ほどもお話したように、元カノに気持ちが全てであるからこそ、元カノに「もう一度付き合いたい」と思わせればいいわけです。

 

それでは、元カノに「もう一度付き合いたい」と思わせるためには?

そう、元カノに別れたことを後悔させればいいんです・・・「別れるんじゃなかったかも」と。

 

人間は手放したものが価値のあるものだと別れば、後悔して猛烈に取り戻したくなりますので、元カノはあなたを取り戻したくなります。

そう、全く立場が逆転するわけですよ。

 

あなたが追いかければ追いかけるほど元カノは離れていきます。

ですが、元カノに別れたことを後悔させることができれば、元カノがあなたを追いかけるようになります。

 

だからこそ、あなたは元カノに別れたことを後悔させなければならないのです。

 

どのようにしてか?

あなたが付き合っていた時よりも圧倒的に魅力的な男になり、元カノをあっと驚かせてしまえばいいのです。

 

実際に、女性は本能的に魅力的な男性を好きになります。

なので、あなたが魅力的な男になるということは本能的に求められるようになるということでもあります。

 

本能は女性自身も抗うことができませんから、たとえ嫌われていたとしても、復縁できるわけです。

 

僕自身が音信不通から復縁できたのは、まさに自分自身が魅力的になり、元カノを後悔させることができたからなんですね。

それに、今のあなたの姿を見てみてください。

 

果たして、元カノが復縁したいと思うような男性と胸を張って言えるでしょうか?

元カノが本気で復縁したいと思う男性は、自分に自信があり、もっと堂々としており、何かに一生懸命な魅力的な男性のはずですよね。

 

そう、だから、あなたが今すべきことは元カノのことを思って落ち込むことではないんです。

あなたがすべきことはバカになって自分を徹底的に磨いて、元カノが復縁したいと思うような魅力的な男になること、たった一択。

 

男ならバカになって元カノを惚れ直させましょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

元カノとの復縁は冷却期間と女性心理にだけとらわれるな!女性の気持ちが大事

 

冷却期間と女性心理についてお話してきましたが、一番お伝えしたいのは、それにとらわれてはダメということです。

元カノと復縁したいと思って冷却期間を1ヶ月、3ヶ月、半年と考えるのは、あくまで目安と思ってください。

 

この数字だけにとらわれてしまうと、一番大事なモノを見失ってしまいます。

そう、何よりも大事なのは元カノの気持ちですよね。

 

誰かの作ったセオリーだけを信じて元カノの気持ちを無視してしまっては、きっと復縁は上手くいかないでしょう。

 

たとえば、冷却期間が3ヶ月たったからそろそろ復縁できるかも、と思って元カノに連絡したけど、返事が返ってこなかったということもあります。

そっけなくされて落ち込むこともあるはずです。

 

ですがそれは、あなたの元カノのタイミングでなかっただけなのです。

あなたの元カノが、まだあなたに対してマイナスな気持ちをもっていたら、たとえ3ヶ月たっても良い反応はしてくれませんよね。

 

でもその時に「やっぱりダメだ」と落ち込むのではなく、再チャレンジすることが何より大切であり、復縁を成功へと導きますよ。

まだタイミングではなかったのだと思って、引き続き冷却期間を置けばいいだけ。

 

そしてその冷却期間は、徹底的に自分を磨きましょう!

 

ただ月数でみていては、元カノの気持ちが見えてこないですし、あなたも自分の感情があるので誤った判断をすることになりかねません。

冷却期間は復縁に必要ですが、そこにとらわれずに、元カノの気持ちに寄り添ってくださいね。

 

関連記事:別れて3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月で元カノと復縁できるケースとは?

 

もし冷却期間の寂しさが耐えられないと思ったら、もっと自分を磨いて成長させることに打ち込んでみましょう。

男って、何かを達成できたら自信がわきますよね。

 

復縁は元カノに寄り添うことが必要ですが、元カノの気持ちをあなたがコントロールすることはできません。

しかし、自分磨きをして自分を高めることは、あなた自身の手でコントロールできます。

 

自分に自信がついていれば心に余裕ができ、いずれ元カノの気持ちのタイミングがきたときに、最高の結果を生み出すことができますよ。

復縁は焦らないこと!下を向かずに、前を向いていきましょう!

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

まとめ

 

元カノと復縁したい場合は、冷却期間1ヶ月は短く、最低でも3ヶ月から半年は必要。

なお、唯一の例外は元カノから連絡が来るケースで、元カノの気持ちを理解することに徹してあげれば普通に復縁できる。

 

それ以外のケースでは冷却期間を設けて、元カノが別れるんじゃなかったと後悔させることが何より重要。

そのためにも、冷却期間中にバカになって、徹底的に自分を磨くべし。

 

 

      

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です