別れて3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月で元カノと復縁できるケースとは?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノと別れて3ヶ月が経った。元カノに嫌われているわけでもないし、そろそろ連絡を取っても大丈夫かな。」

 

元カノと復縁するためには冷却期間を設ける方が可能性が高くなりやすいのですが、嫌われていない場合の目安が3ヶ月前後です。

というのも、どうしても別れた直後だと、あなたに対するマイナスのイメージが強くなってしまいがち。

 

それゆえ、別れてすぐに復縁のアプローチをしてもうまくいかないことがほとんどなんですよね。

ですので、女性の気持ちをリセットしてもらう意味でも、嫌われていないのであれば、3ヶ月前後の期間を空けるのがおすすめなのです。

 

逆に、嫌われてしまっているケースでは、その印象をリセットしてもらうためにも最低半年は設けましょう。

ひどい場合は、1年以上の冷却期間が必要になることも。

 

そして、冷却期間を設けるだけでは意味がありません。

 

元カノにアプローチをして、いざ会った時に、元カノに「え、変わったね!成長したじゃん!」と見直してもらう必要があります。

 

見直してもらって、別れたことを後悔させるのです。

それができて初めて、元カノはあなたとの復縁を考え出すんですよね。

 

ですから、冷却期間3ヶ月の場合もアプローチの条件として、しっかり自分を磨き、付き合っていた時よりも魅力的な男になっていることが重要です。

 

女性の立場に立ってみるとわかると思うのですが、何も変わっていない男性と復縁したいと思わないはずですからね。

 

しっかりと自分を磨いて、男としての自信と余裕を身につけることができたのであれば、冷却期間を3ヶ月設けた後に一度連絡をしてみるといいでしょう。

 

いずれにせよ、元カノの気持ちが最重要ですので、そこで一気に復縁をしようとしないこと。

元カノに連絡をしてみて、その反応で今後のアプローチを考えるのが賢明と言えるでしょう。

 

ということで今回は、別れて3ヶ月の元カノの心理や冷却期間3ヶ月で復縁できるケースをご紹介していきます。

じっくり読んでみてください。

 

冷却期間が3ヶ月と短めでも元カノと復縁はできる?

 

 

元カノと復縁するには、まずあなたも元カノも、お互いが冷静になることが必須です。

特に、男性の場合は別れを切り出されたときに、感情的になってしまってすがったりしてしまいがちなので要注意。

 

感情的になってしまっていると、自信も余裕も感じられない魅力のない男と見られてしまう可能性が高いのです。

そのような場合は冷却期間を設け、距離をおくことが重要になります。

 

その冷却期間は基本的には半年以上と長く見積もられていることが多いですよね。

 

もちろん、この冷却期間は冷静になるとともに、別れの原因になった部分を解消したり、自分磨きによって復縁の可能性を高めることが目的です。

 

冷却期間が短いと、そういった時間をとることができないことから、復縁は難しくなってしまいがち。

ですので、もし元カノと別れたときにマイナスのイメージを与えてしまっていた場合、冷却期間が短いと復縁するのが難しいでしょう。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

別れから3ヶ月しか経っていなくても復縁できる3つのケース

 

元カノとの復縁と言っても、別れた状況によって冷却期間は変わってきます。

別れの理由が解消しやすいものであったり、別れ方が比較的円満であったりすれば、冷却期間が短くても復縁することは可能なのです。

 

それゆえ、実際に冷却期間が短くても復縁することのできるケースをいくつかご紹介いたします。

 

別れた原因が些細なケンカであった場合

破局の原因が、なんてことのない喧嘩であったなんてことは少なくはありません。

 

売り言葉に買い言葉、喧嘩がヒートアップすると、思ってもないことを相手にぶつけてしまうことがありますよね。

振り返ってみると、どうしてあんなことを言ってしまったんだろうと思いませんか?

 

どうしてあれだけのことでケンカになってしまったんだろう、と後悔しているのであれば、復縁は可能かもしれません。

 

もし連絡をしてみて、相手も同じような気持ちなのであれば、素直に謝って、距離をじわりじわりと縮めていくと復縁できるでしょう。

 

しかし、女性は切り替えも早い部分もあります。

連絡をしてみて完全にそっけない場合は、無理をせずに、長めの冷却期間をおくことを心がけてみてください。

 

全ては元カノの気持ちが重要ですので、彼女の反応次第ですからね。

 

また、些細な喧嘩で相手にも後悔がある場合は、相手も素直に謝ってきたり、相手から連絡がくることもあります。

ですので、反応からどういう気持ちなのか察してみましょう。

 

別れた原因が女性側にある場合

別れの原因があなたではなく女性にあるのなら、復縁することは不可能ではありません。

 

別れたときはどうしても許せなかったということも、時間が経てば落ち着くもの。

もう気にしていないこと、受け止める余裕があることを女性に伝えることで復縁を叶えることができるかもしれません。

 

別れてからの日数が経過していなければしていないほど、女性の気持ちの変化は小さいのです。

その場合、女性が後悔しているうちに行動することが肝心です。

 

ただ、別れた原因が元カノにあっても、元カノから別れを切り出されて振られたケースでは注意が必要。

振られた場合は、どうしてもあなたの方が精神的に下になってしまっているので、復縁の可能性はやや下がってしまいます。

 

連絡をしてみて、元カノの反応をみて、それに合ったアプローチをしていきましょう。

関連記事:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

 

お互い納得のうえで円満にお別れした場合

マンネリ化などが原因で、お互いの大切さがぼやけてしまったことが別れに繋がるということもあるでしょう。

 

比較的円満に別れたのであれば、お互いが冷静になるための冷却期間は長期間必要ありません。

3ヶ月程度の期間をおいた上で、連絡をしてみて元カノの様子を伺うといいでしょう。

 

連絡をしてみて好反応であれば、連絡を続けて、相談などを口実にご飯などに軽く誘ってみるといいかもしれませんね。

 

円満別れであったとしても、元カノに別れたことを後悔させるのが復縁のキモですので、自分磨きしたあなたの姿をアピールしましょう(もちろん、さりげなく)。

 

ここで「変わった!成長した!」と思ってもらうことができれば、彼女の気持ちにも変化が出てくる可能性も。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

復縁するためには冷却期間3ヶ月の過ごし方に注意!

 

別れてから短期間で復縁できやすいケースをご紹介しました。

ですが、どんなケースでも何もせずに冷却期間を過ごしていては絶対に復縁はできません。

 

実は、復縁をしたい男性の中には冷却期間を勘違いされている方が多く、その期間が過ぎれば自然と復縁できるというのは大間違い。

 

もちろん冷却期間は、元カノが持っているあなたへのマイナスなイメージをリセットさせて、マイナスをゼロにすることができます。

しかしゼロにするだけであり、そこまでということ。

 

元カノに復縁をしたいと思わせるには、あなたのイメージをプラスに変えないと無理ですよね。

「もう一緒にいられない」と思って別れた男性に対して、もう一度「この先も一緒にいたい」と思わせない限り、復縁はできないのです。

 

ですので、冷却期間にあなたが何をして、どんな風に成長したかによって復縁の可能性は大きく変わります。

その過ごし方はあなた次第ではありますが、まずは絶対にやってはいけないことを守ってください。

 

【やってはいけないこと】

連絡しない・会わない・SNSに投稿しない

 

そもそも冷却期間は、元カノの日常生活からあなたの存在を一旦消すことでその効果がありますので、これらはしっかりと守ってください。

そして絶対にやるべき大切なことは、この2つです。

 

【やるべきこと】

①別れた原因を解明して改善する

②自分を磨いて魅力的な男になる

 

①別れた原因を解明して改善する

過去の自分の過ちを認めて、何が元カノにとって不満だったのかを振り返り、それを改善すること。

 

これは復縁にはとっても大切なことです。

ですが、男性は自分の過ちを認めることが苦手な人が多くつい目を逸らしてしまうのですが、これをやらないと復縁に大きな影響が出てくるのです。

 

たとえ元カノと復縁できたとしても別れた原因が解明されていなければ、きっと同じことを繰り返してしまいます。

辛いとは思いますが、過去の自分をしっかりと見つめ直してみてください。

 

何が別れの原因なのかをしっかりと理解できれば、冷却期間後に元カノに会った時に、元カノの印象も変わってきますよ。

 

②自分を磨いて魅力的な男になる

もうこれは言わずもがなですが、自分を磨いてあなたの男っぷりをランクアップさせましょう。

 

元カノが復縁をしたいと思うのは、あなたと別れたことを後悔した時です。

その後悔が大きければ大きいほど、復縁を望むようになります。

 

自分磨きは人それぞれ自分に合ったものをやることをおすすめしますが、外見だけでなく内面もしっかりを磨きましょう。

 

外見なら、髪型やファッションを研究したり、ダイエットや筋トレで体を整えたり、スキンケアなどで清潔感を維持したり。

内面を磨くには、仕事を今まで以上に頑張って周りの評判をあげたり、新しいことに挑戦したり趣味に励んでみることで、男としての視野が広がります。

 

女性は、男性が何かに打ち込んでいる姿に大きな魅力を感じるもの。

ですので、あなたが本気で打ち込めるものを見つけて、自分の時間を費やしてみてください。

 

それによってあなたは、男としても人としても、大きな自信を手に入れることができるはずです。

男って、自信があるかないかで人生が変わってきますよね。

 

元カノを振り向かせるために始めた自分磨きが、気づけば自分を大きく成長させることに繋がります。

 

別れた原因の改善も自分磨きも簡単ではなく、面倒だな思うのは当然のことですが、これらをするかしないかで、あなたの復縁の可能性は全く変わってきますよ。

本気で元カノと復縁を考えたのなら、やってみる価値は十分にあります。

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

別れて3ヶ月までの振った側の心理はどう変化する?

 

冷却期間として別れて3ヶ月経つまで、元カノに連絡をしないようにするわけですが、その間、振った側の元カノはどのような心の変化があるのでしょうか。

 

人の気持ちは時間と共に変わります。

いつまでも特定の誰かに対して、怒りや憎しみを持ち続けることはありませんよね。

 

男性は自分が振った場合、別れた直後は解放されたことで自由を謳歌し、時間が経つと独り身がさみしくなる傾向があります。

ですが女性は、振った側だとしても別れた直後は寂しいという感情でいっぱいになるのです。

 

それは、彼氏と別れて寂しいというよりも、「彼氏がいなくて1人になった」という自分の状況を憂いているから。

女性は男性に比べて恋愛体質な人も多く、恋愛をしていないことをネガティブに捉える人もいますよね。

 

別れて1ヶ月以内の頃は、寂しい気持ちで感情に溺れてしまい落ち込みやすいのです。

その後、時間が経つに連れてだんだん前を向こうという意識が強くなり、早い人では3ヶ月ぐらいすると吹っ切っていることも少なくありません。

 

とはいえ、まだ気持ちが不安定なため落ち込むことも多く、行ったり来たりの感情を抱えていることが多いようですね。

 

いずれにしても、このような不安定な時に元彼から連絡がきて復縁話をされたとしたら、どう思うでしょうか。

過去を吹っ切りたいと思っている時に過去に戻されるような気持ちになり、復縁を受け入れるわけがないのです。

 

もちろん、元彼に大きな未練があれば復縁は可能でしょう。

ですが可能性としては、冷却期間3ヶ月ではまだまだ低いと思っておいた方が良いでしょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと別れて半年以上経つ場合の復縁!半年後の女性心理と連絡方法!

 

別れて3ヶ月の頃の女性の心理とは?

 

先ほどのケースに当てはまる、当てはまらないに関わらず、短い冷却期間で復縁を迫る場合は、しつこく相手に食い下がるのは絶対にNG。

特に、別れて3ヶ月以内のときの相手の女性の心理は、別れた状況にもよりますが、完全に吹っ切れたとはいえない状態である可能性は高いでしょう。

 

気持ちの切り替えが男性より早いとは言っても、3ヶ月ほどであなたとのすべてを忘れたりはしません。

解放感を感じている女性にとって、あなたからの連絡は苦々しいもの。

受け入れられない可能性があることを頭に入れておいてください。

 

関連記事:別れて1~3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月は元カノと復縁するにはまだ早い?

 

女性の心理は別れ方、あなたの性格、元カノの性格、別れの原因、付き合い方によっても変わってくるため、一概に決めつけることはできません。

ですので、元カノがどんな反応を示したとしても、決して感情的にならず広く受け入れることができる自分になっておきましょう。

 

このように、冷却期間が短いケースでの復縁は、リスクがあることを承知のうえで行動すべきですね。

 

ただ、失うものはもう何もないわけで、リスクを承知で連絡してみないことには始まりません。

自分を磨いて、冷却期間を設けたあとは連絡をしてみましょう。

まとめ

 

元カノとの復縁では、冷却期間をおいて自分を磨いておくことが成功の大前提と言えます。

ただ、別れ方や別れの原因によっては、別れてからの日数がさほど経っていなくても復縁することは可能なケースがあるのも事実です。

 

元カノとの別れがどのようなものであったか再度振り返り、女性が今どのような気持ちでいるかを考えてみましょう。

まだ別れ話の興奮が冷めていない可能性があるならば、できる限り冷却期間を設けるようにしたほうが、復縁は確かなものになりますよ。

 

元カノに嫌われていないのであれば、3ヶ月程度冷却期間を設けて自分を磨き、元カノと後悔させてやりましょう。

 

 

      

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です