別れて3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月で元カノと復縁できるケースとは?

 

「元カノと別れて3ヶ月が経った。元カノに嫌われているわけでもないし、そろそろ連絡を取っても大丈夫かな。」

 

元カノと復縁するためには冷却期間を設ける方が可能性が高くなりやすいのですが、嫌われていない場合の目安が3ヶ月前後です。

というのも、どうしても別れた直後だと、あなたに対するマイナスのイメージが強くなってしまいがち。

 

それゆえ、別れてすぐに復縁のアプローチをしてもうまくいかないことがほとんどなんですよね。

ですので、女性の気持ちをリセットしてもらう意味でも、嫌われていないのであれば、3ヶ月前後の期間を空けるのがおすすめなのです。

 

逆に、嫌われてしまっているケースでは、その印象をリセットしてもらうためにも最低半年、ひどい場合は、1年以上の冷却期間が必要になることも。

そして、冷却期間を設けるだけでは意味がありません。

 

元カノにアプローチをして、いざ会った時に、元カノに「え、変わったね!成長したじゃん!」と見直してもらう必要があります。

見直してもらって、別れたことを後悔させることができて初めて、元カノはあなたとの復縁を考え出すんですよね。

 

ですから、冷却期間3ヶ月の場合もアプローチの条件として、しっかり自分を磨き、付き合っていた時よりも魅力的な男になっていることが重要です。

女性の立場に立ってみるとわかると思うのですが、何も変わっていない男性と復縁したいと思わないはずですからね。

 

しっかりと自分を磨いて、男としての自信と余裕を身につけることができたのであれば、冷却期間を3ヶ月設けた後に一度連絡をしてみるといいでしょう。

いずれにせよ、元カノの気持ちが最重要ですので、そこで一気に復縁をしようとしないこと。

 

元カノに連絡をしてみて、その反応で今後のアプローチを考えるのが賢明と言えるでしょう。

ということで今回は、別れて3ヶ月の元カノの心理や冷却期間3ヶ月で復縁できるケースをご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

 

冷却期間が3ヶ月と短めでも元カノと復縁はできる?

 

 

元カノと復縁するには、まずあなたも元カノも、お互いが冷静になることが必須です。

特に、男性の場合は別れを切り出されたときに、感情的になってしまってすがったりしてしまいがちなので要注意。

 

感情的になってしまっていると、自信も余裕も感じられない魅力のない男と見られてしまう可能性が高いため、冷却期間を設け、距離をおくこと重要になります。

その冷却期間は基本的には半年以上と長く見積もられていることが多いですよね。

 

もちろん、この冷却期間は冷静になるとともに、別れの原因になった部分を解消したり、自分磨きによって復縁の可能性を高めることが目的です。

冷却期間が短いと、そういった時間をとることができないことから、復縁は難しくなってしまいがち。

 

ですので、もし元カノと別れたときにマイナスのイメージを与えてしまっていた場合、冷却期間が短いと復縁するのが難しいでしょう。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

別れから3ヶ月しか経っていなくても復縁できる3つのケース

 

元カノとの復縁と言っても、別れの理由が解消しやすいものであったり、別れ方が比較的円満であったりすれば、冷却期間が短くても復縁することは可能であることも事実です。

それゆえ、実際に冷却期間が短くても復縁することのできるケースをいくつかご紹介いたします。

別れた原因が些細なケンカであった場合

破局の原因が、なんてことのない喧嘩であったなんてことは少なくはありません。

売り言葉に買い言葉、喧嘩がヒートアップすると、思ってもないことを相手にぶつけてしまうことがありますよね。

 

振り返ってみると、どうしてあんなことを言ってしまったんだろう、どうしてあれだけのことでケンカになってしまったんだろう、と後悔しているのであれば、復縁は可能かもしれません。

もし連絡をしてみて、相手も同じような気持ちなのであれば、素直に謝って、距離をじわりじわりと縮めていくと復縁できるでしょう。

 

しかし、女性は切り替えも早い部分があるので、連絡をしてみて完全にそっけない場合は、無理をせずに、長めの冷却期間をおくことを心がけてみてください。

全ては元カノの気持ちが重要ですので、彼女の反応次第ですからね。

 

また、些細な喧嘩で相手にも後悔がある場合は、相手も素直に謝ってきたり、相手から連絡がくることもありますので、反応からどういう気持ちなのか察してみましょう。

別れた原因が女性側にある場合

別れの原因があなたではなく女性にあるのなら、復縁することは不可能ではありません。

別れたときはどうしても許せなかったということも、時間が経てば落ち着くもの。

 

もう気にしていないこと、受け止める余裕があることを女性に伝えることで復縁を叶えることができるかもしれません。

別れてからの日数が経過していなければしていないほど、女性の気持ちの変化は小さいので、女性が後悔しているうちに行動することが肝心です。

 

ただ、別れた原因が元カノにあっても、元カノから別れを切り出されて振られたケースでは注意が必要。

振られた場合は、どうしてもあなたの方が精神的に下になってしまっているので、復縁の可能性はやや下がってしまいます。

 

連絡をしてみて、元カノの反応をみて、それに合ったアプローチをしていきましょう。

関連記事:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

お互い納得のうえで円満にお別れした場合

マンネリ化などが原因で、お互いの大切さがぼやけてしまったことが別れに繋がるということもあるでしょう。

比較的円満に別れたのであれば、お互いが冷静になるための冷却期間は長期間必要ありません。

 

3ヶ月程度の期間をおいた上で、連絡をしてみて元カノの様子を伺うといいでしょう。

連絡をしてみて好反応であれば、連絡を続けて、相談などを口実にご飯などに軽く誘ってみるといいかもしれませんね。

 

円満別れであったとしても、元カノに別れたことを後悔させるのが復縁のキモですので、自分磨きしたあなたの姿をアピールしましょう(もちろん、さりげなく)。

ここで「変わった!成長した!」と思ってもらうことができれば、彼女の気持ちにも変化が出てくる可能性も。

別れて3ヶ月の頃の女性の心理とは?

 

先ほどのケースに当てはまる、当てはまらないに関わらず、短い冷却期間で復縁を迫る場合は、しつこく相手に食い下がるのは絶対にNG。

特に、別れて3ヶ月以内のときの相手の女性の心理は、別れた状況にもよりますが、完全に吹っ切れたとはいえない状態である可能性は高いでしょう。

 

気持ちの切り替えが男性より早いとは言っても、3ヶ月ほどであなたとのすべてを忘れたりはしません。

解放感を感じている女性にとって、あなたからの連絡は苦々しいものになる可能性があることを頭に入れておいてください。

 

女性の心理は別れ方、あなたの性格、元カノの性格、別れの原因、付き合い方によっても変わってくるため、一概に決めつけることはできません。

ですので、元カノがどんな反応を示したとしても、決して感情的にならず広く受け入れることができる自分になっておきましょう。

 

このように、冷却期間が短いケースでの復縁は、リスクがあることを承知のうえで行動すべきですね。

ただ、失うものはもう何もないわけで、リスクを承知で連絡してみないことには始まりませんので、自分を磨いて、冷却期間を設けたあとは連絡をしてみましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノとの復縁では、冷却期間をおいて自分を磨いておくことが成功の大前提と言えます。

ただ、別れ方や別れの原因によっては、別れてからの日数がさほど経っていなくても復縁することは可能なケースがあるのも事実です。

 

元カノとの別れがどのようなものであったか再度振り返り、女性が今どのような気持ちでいるかを考えてみましょう。

まだ別れ話の興奮が冷めていない可能性があるならば、できる限り冷却期間を設けるようにしたほうが、復縁は確かなものになりますよ。

 

元カノに嫌われていないのであれば、3ヶ月程度冷却期間を設けて自分を磨き、元カノと後悔させてやりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です