元カノと別れて半年以上経つ場合の復縁!半年後の女性心理と連絡方法!

 

「元カノと別れて半年以上経つけど、元カノのことがまだ好きで忘れられない。」

冷却期間を設けた方がいいって聞くから半年以上経ったはいいけど、元カノにもう忘れられているんじゃないか、と不安になってしまいますよね。

 

果たして、別れて半年以上経つ元カノと復縁することはできるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

 

むしろ、元カノとの復縁では元カノが望まない限りは、冷却期間を設ける方が可能性が高くなるもので、別れて半年以上が経っているというのはむしろいいことなんですよね。

ですから、元カノの女性心理と連絡の方法について知って、元カノの気持ちを取り戻してしまいましょう。

 

元カノと別れて半年以上経つけど復縁できるの?半年後の女性心理とは?

 

元カノと別れ後、復縁したいのであれば冷却期間を設けるのが普通です。

なぜなら、元カノからすれば「別れた当時のあなたとは付き合えない」と思われていたわけであり、その思いを抱えられている以上は復縁できないからなんですよね。

 

よく別れ際にすがってしまう人とかいるのですが、すがって復縁できたら、最初から別れているわけありませんからね。

そんな元カノの決意、気持ちをリセットしてもらうために設けるのが冷却期間というわけです。

 

ですから、半年経った元カノの女性心理は、あなたのことを何も思っていないというのが理想的になります。

「忘れられた」とショックを受けるかもしれませんが、別れたいと思われているマイナスの記憶なんて忘れられた方がいいに決まってるじゃないですか。

 

冷却期間を設けるのもそのためにあります。

マイナスのイメージを持たれていたら何をしてもマイナスにしかなりませんが、気持ちをリセットしてもらうことができていれば、アプローチをしれも意外と普通に対応してくれたりしますからね。

 

ただし、もし別れ際にしつこくすがってしまって嫌われてしまっているのであれば、冷却期間は最低でも1年以上設けた方がいいでしょう。

やはり、嫌われてしまっている分、印象をリセットしてもらうまで時間がかかってしまうからですね。

 

別れて半年が経ち、いよいよ連絡をしていくのですが、下記の2つの条件だけは必ず確認しておきましょう。

 

  • 最後の連絡から半年以上が経過しているか
  • 冷却期間の間に自分を磨いて魅力的な男になれているか

 

まず、そもそも冷却期間の意味を知っておきましょう。

冷却期間とは先ほども話した通り、あなたの印象をリセットしてもらうことですから、その期間は最後の連絡を取ってからになるのです。

 

そのため、連絡を取るのであレバ、別れてから半年ではなく、最後に連絡を取ってから半年と考えた方がいいでしょう。

完全に忘れてもらうことが目的であるため、SNSの更新も半年以上は控えるべきなんですよね。

 

そして、もう1つの条件。

半年以上の冷却期間を設けるわけですが、そこでぼーっとしていては復縁できるわけがありません。

 

元カノと復縁する上で、何よりも重要なことは元カノに別れたことを後悔させることなんですよね。

そう、あなたが冷却期間の間に自分を磨いて、魅力的な男になり「別れるんじゃなかった」と元カノに思わせるのです。

 

人間には手放したものが価値のあるものだとわかると、後悔して取り戻したくなるゲインロス効果というものがありますから、それを利用するのです。

実際、考えたらわかると思うのですが、何も変わっていない男と復縁したい女性なんていませんからね。

 

それにもしあなたが魅力的な男であれば、そもそも別れることはなかったはず。

結局、シンプルな話で、魅力的な男になれば、元カノは別れたことを後悔して、復縁を考えてくれるのです。

 

新しい彼氏ができていたとしても、ね。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

別れて半年以上の元カノに連絡する場合はどうすればいい?

 

先ほどお伝えした条件を2つとも満たしているのであれば、元カノに連絡する資格があるでしょう。

もし、今、元カノに新しい彼氏ができていると知って、動揺するのであれば、連絡しないでください。

 

どんなことがあっても動揺しない、受け入れる、冷たい反応を取られても大丈夫。

それほどまでに自信と余裕を持った人が復縁できるので、自分は大丈夫なのかどうか見つめてみてください。

 

もし大丈夫なのであれば、いよいよ連絡です。

別れて半年以上が経つ元カノに連絡する場合は、できるだけ自然な内容を心がけましょう。

 

特におすすめなのは誕生日で、最も自然なタイミングで連絡を送ることができます。

誕生日おめでとうと軽い連絡を入れて、相手の反応がよければ、そのまま会話を続けてみてください。

 

元カノに新しい彼氏がいないなど、タイミングがよければ会話は続きますし、会うことだってできます。

魅力的な男になれているかは連絡1つとっても出るものですし、女性は感づきますからね。

 

そして、もし元カノの反応が悪ければそのまま連絡を続けるのはおすすめできません。

一度、連絡をやめて再度3ヶ月程度時間を置いて、アプローチするといいでしょう。

 

元カノとのアプローチで何よりも大事なのは、重たい印象やあからさまな好意を感じさせないこと。

復縁したいオーラを出していては、元カノに経過されますから、軽い感じで連絡してみるという気持ちでアプローチしてみてください。

 

なお、下記の記事でさらに詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

参考:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

 

「元カノと復縁したいけど、そっけないし、復縁できる気がしない…どうすればいいんだろう。」

復縁したい元カノに冷たい態度を取られると、どうしても復縁できないんじゃないかとネガティブになってしまいますよね。

 

しかし、結論から言いますが、女性の本能を利用した正しいアプローチをしていくことで、嫌われていたとしても全く問題なく復縁することができます。

というのも、冷たい態度を取られるにはそれなりの理由があるからですね。

 

その理由を理解して、女性の本能を利用すれば、今嫌われていたとしても、元カノと復縁することができるのです。

ただし、逆に、誤ったアプローチで失敗してしまうと、ドンドン関係は悪化して復縁の可能性が完全に潰えてしまうのもまた事実。

 

そのため、元カノとの復縁において大事なのは正しい方法でアプローチをすること。

現在、私自身が嫌われた状態から元カノと復縁しただけでなく、数えきれないほどの男性を復縁へと導いた復縁戦略をメールマガジンにて期間限定公開していますので、下記よりご確認ください。

 

【登録はこちらをクリック!】

【※成功者多数】男ならバカになれ!ブログでは言えない復縁戦略

まとめ

 

元カノとの復縁では冷却期間を設ける方が復縁できる可能性が大きくなるため、別れて半年以上経っているのは復縁にとってはいいこと。

別れた時のマイナスの印象を忘れてもらうのが何よりも重要であるため、冷却期間が必要。

 

ただ、アプローチをする時には最後の連絡から半年以上経過しているか、自分を磨いて魅力的な男になれているか、が非常に重要になる。

また、連絡をする際は決して好意を感じさせず、軽く自然なアプローチを徹底すること。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です