元カノと別れて半年以上経つ場合の復縁!半年後の女性心理と連絡方法!

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノと別れて半年以上経つけど、元カノのことがまだ好きで忘れられない。」

冷却期間を設けた方がいいって聞くから半年以上経ったはいいけど、元カノにもう忘れられているんじゃないか、と不安になってしまいますよね。

 

果たして、別れて半年以上経つ元カノと復縁することはできるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

 

むしろ、元カノとの復縁では元カノが望まない限りは、冷却期間を設ける方が可能性が高くなるもので、別れて半年以上が経っているというのはむしろいいことなんですよね。

ですから、元カノの女性心理と連絡の方法について知って、元カノの気持ちを取り戻してしまいましょう。

 

元カノと別れて半年以上経つけど復縁できるの?半年後の女性心理とは?

 

元カノと別れ後、復縁したいのであれば冷却期間を設けるのが普通です。

なぜなら、元カノからすれば「別れた当時のあなたとは付き合えない」と思われていたわけであり、その思いを抱えられている以上は復縁できないからなんですよね。

 

よく別れ際にすがってしまう人とかいるのですが、すがって復縁できたら、最初から別れているわけありませんからね。

そんな元カノの決意、気持ちをリセットしてもらうために設けるのが冷却期間というわけです。

 

ですから、半年経った元カノの女性心理は、あなたのことを何も思っていないというのが理想的になります。

「忘れられた」とショックを受けるかもしれませんが、別れたいと思われているマイナスの記憶なんて忘れられた方がいいに決まってるじゃないですか。

 

冷却期間を設けるのもそのためにあります。

マイナスのイメージを持たれていたら何をしてもマイナスにしかなりません。

 

ですが、気持ちをリセットしてもらうことができていれば、アプローチをしれも意外と普通に対応してくれたりしますからね。

 

ただし、もし別れ際にしつこくすがってしまって嫌われてしまっているのであれば、冷却期間は最低でも1年以上設けた方がいいでしょう。

やはり、嫌われてしまっている分、印象をリセットしてもらうまで時間がかかってしまうからですね。

 

別れて半年が経ち、いよいよ連絡をしていくのですが、下記の2つの条件だけは必ず確認しておきましょう。

 

  • 最後の連絡から半年以上が経過しているか
  • 冷却期間の間に自分を磨いて魅力的な男になれているか

 

まず、そもそも冷却期間の意味を知っておきましょう。

冷却期間とは先ほども話した通り、あなたの印象をリセットしてもらうことです。

ですからその期間は、最後の連絡を取ってからと思っていてください。

 

そのため、連絡を取るのであれば、別れてから半年ではなく、最後に連絡を取ってから半年と考えた方がいいでしょう。

完全に忘れてもらうことが目的であるため、SNSの更新も半年以上は控えるべきなんですよね。

 

そして、もう1つの条件。

半年以上の冷却期間を設けるわけですが、そこでぼーっとしていては復縁できるわけがありません。

 

元カノと復縁する上で、何よりも重要なことは元カノに別れたことを後悔させることなんですよね。

そう、あなたが冷却期間の間に自分を磨いて、魅力的な男になり「別れるんじゃなかった」と元カノに思わせるのです。

 

人間には手放したものが価値のあるものだとわかると、後悔して取り戻したくなる本能があるので、それを利用するのです。

実際、考えたらわかると思うのですが、何も変わっていない男と復縁したい女性なんていませんからね。

 

それにもしあなたが魅力的な男であれば、そもそも別れることはなかったはず。

結局、シンプルな話で、魅力的な男になれば、元カノは別れたことを後悔して、復縁を考えてくれるのです。

 

新しい彼氏ができていたとしても、ね。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

別れて半年以上の元カノに連絡する場合はどうすればいい?

 

先ほどお伝えした条件を2つとも満たしているのであれば、元カノに連絡する資格があるでしょう。

もし、今、元カノに新しい彼氏ができていると知って、動揺するのであれば、連絡しないでください。

 

どんなことがあっても動揺しない、受け入れる、冷たい反応を取られても大丈夫。

それほどまでに自信と余裕を持った人が復縁できるので、自分は大丈夫なのかどうか見つめてみてください。

 

もし大丈夫なのであれば、いよいよ連絡です。

別れて半年以上が経つ元カノに連絡する場合は、できるだけ自然な内容を心がけましょう。

 

関連記事:別れて3ヶ月の元カノの心理とは?冷却期間3ヶ月で元カノと復縁できるケースとは?

 

特におすすめなのは誕生日で、最も自然なタイミングで連絡を送ることができます。

誕生日おめでとうと軽い連絡を入れて、相手の反応がよければ、そのまま会話を続けてみてください。

 

元カノに新しい彼氏がいないなど、タイミングがよければ会話は続きますし、会うことだってできます。

魅力的な男になれているかは連絡1つとっても出るものですし、女性は感づきますからね。

 

そして、もし元カノの反応が悪ければそのまま連絡を続けるのはおすすめできません。

一度、連絡をやめて再度3ヶ月程度時間を置いて、アプローチするといいでしょう。

 

元カノとのアプローチで何よりも大事なのは、重たい印象やあからさまな好意を感じさせないこと。

復縁したいオーラを出していては、元カノに経過されますから、軽い感じで連絡してみるという気持ちでアプローチしてみてください。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

別れて1年の元カノがまだ好きで復縁したい!冷却期間1年後の連絡方法!

 

別れて半年ぶりの元カノへの連絡術!連絡なし・返事なしでも諦めるな

 

別れて半年の間、元カノから連絡がくるかもしれないとどこかで期待していませんでしたか?

僕は内心そう思って冷却期間を過ごしていました(笑)

 

でも、そんなに都合の良い甘いことなんてありませでした。

だからといって諦め切れるかといったら、半年しても諦めることなんてできなかったので、思い切って元カノに連絡したのです。

 

その中で、元カノとの連絡方法のコツがある思ったので、ここでお伝えしていきたいと思います。

 

①復縁したいことを悟らせない

初めはLINEで連絡をすると思いますが、あなたからの突然のLINEに元カノは驚くはずです。

 

半年もたっていればマイナスな印象が薄れ、あなたを拒絶する可能性も低いと思いますが、それでも警戒心を持つはず。

「えっ何?何のよう?」と。

 

もちろんあなたへの未練がある場合な歓迎されると思いますが、それを期待すると失敗してしまいます。

ここは、警戒されることは仕方ないことだと覚悟しておきましょう。

 

では、その警戒心をなくすためには、どうすればいいのかというと、絶対に復縁したいという本音を悟らせないことです

 

たとえば、あなたが重い感じの文章や、何か恋愛感情を匂わせるようなLINEを送ってしまわないようにしましょう。

LINEとはいえ、明るく気軽さを感じるようにするのです。

 

前述しましたが、元カノの誕生日のお祝いを装っていたり、元カノにしか聞けないような話題を軽く振ってみたり。

LINEではなく、SNSからの方が警戒されない場合もあります。

あらかじめ「いいね」やコメントをしておいて、元カノへの接近をゆる〜くしておくこともおすすめです。

 

②連絡の頻度は元カノのペースに合わせる

元カノと連絡が取れるようになったら、その連絡が途絶えないようにしたいですよね。

 

だからといって必死に返信をしたり、あなたから何度も連絡をしてしまったら、元カノはあなたの行動に重さを感じてしまいます。

 

そうならないようにするには、連絡の頻度を元カノに合わせること。

返信する間隔や日数の頻度、文章の長さや言葉の温度感など。

 

元カノが既読スルーをしても返信の催促は絶対にしてはダメですし、既読スルーをされたとしても焦らないことが大切です。

 

元カノが既読スルーをしても返信があるのなら、今はそれでOKと捉えてみましょう。

あなたからも時々は、既読スルーから返信までの間隔をあけてみても良いと思います。

 

元カノは、あなたから重たくない行動をされることで、かえってあなたのことが気になるかもしれませんよ。

「あんまり私に関心がないのかな」と。

 

そう思わせた状態に一旦しておき、そこから距離を詰める方が元カノの心に隙間があるので上手くいきやすいのです。

まだ元カノを関係を築き上げる途中なので、元カノの気持ちに重くならないように心がけてみてください。

 

③少しずつステップアップしていく

LINEでのやりとりがスムーズになってきたら、電話へと進めてみましょう。

電話は相手の声が聞こえるので、距離が一気に縮まりますよね。

 

元カノの声のトーンや笑い声などを聞きながら、元カノを楽しませる時間を作っていくのです。

そして元カノと良い感じの時間が過ごせたら、会おう!とご飯にでも誘ってみましょう。

夜に2人で会うことに警戒をされそうなら、まずは昼間のランチやお茶から。

 

100回のLINEよりも1回の電話、そして電話よりも1回でもリアルで会うことで、元カノとの距離は確実に近くなるはずです。

 

もちろん一番大切なのは、元カノに警戒心を持たせないこと。

ですが、そればかり意識していると気を使いすぎてしまい、つまらない会話になってしまうこともあります。

 

ですので、元カノが楽しそうかどうかをしっかり感じながら、あなた自身も楽しむことを意識してみると良いですよ。

 

元カノと一緒に時間を過ごすことをあなたが楽しめば、元カノにも影響があるはず。

あなたといる時に元カノが居心地の良さを感じさせれば、復縁は近づいていきます。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

別れて半年しても忘れられない!元カノとの復縁はもう一度関係を築くしかない

 

別れて半年の冷却期間をおくことは、復縁には必要な時間です。

しかし、復縁をしたいと思っている男性の中には、「冷却期間が過ぎれば元カノと復縁ができる」と勘違いされている方も少なくありません。

 

ですが、冷却期間をおいただけでは復縁はできません。

先にお伝えしました通り、冷却期間に自分磨きをしなければ、元カノの気持ちはマイナスからプラスになりませんから。

 

実は、もう一つ大事なことがあります。

それは、元カノと新たな関係を構築しようと前向きに意識すること。

 

冷却期間と自分磨きをしっかり行い復縁の準備ができたとき、復縁にだけ執着してしまうと、元カノと壊れた過去を取り戻すことを考えてしまいます。

 

ですが、過去は絶対に取り戻すことはできませんよね。

それは恋愛も同じであり、あなたがどれだけ頑張っても元カノと別れなかった関係には戻れません。

 

だったらもう、元カノと新しい2人の関係を築いていくしかないのです。

あなたの気持ちもリセットし、目の前にいるあなたが一緒にいたいと思った女性を大切にしてください。

 

惚れた女を幸せにするのは、男の使命ですよね。

今度こそ元カノをあなたが幸せにしてあげてください。

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

まとめ

 

元カノとの復縁では冷却期間を設ける方が復縁できる可能性が大きくなるため、別れて半年以上経っているのは復縁にとってはいいこと。

別れた時のマイナスの印象を忘れてもらうのが何よりも重要であるため、冷却期間が必要。

 

ただ、アプローチをする時には最後の連絡から半年以上経過しているか、自分を磨いて魅力的な男になれているか、が非常に重要になる。

また、連絡をする際は決して好意を感じさせず、軽く自然なアプローチを徹底すること。

 

 

      

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です