倦怠期で別れた元カノと復縁する方法!マンネリで冷めた元カノの気持ちを取り戻すには?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

長く付き合い続けていると倦怠期は自然とやってくるもので、それが原因で彼女と別れてしまうことは少なくありません。

 

マンネリが原因だと、元カノの気持ちも冷めているので、復縁するのは難しいんじゃないかと不安になってしまうものですよね。

長く付き合っていたからこそ胸にぽっかり穴が開いてしまい、何もやる気が起きなくなってしまうこともあるでしょう。

 

それでも元カノを忘れることができない。

なんとか復縁できないかと思って連絡をしてみても、冷たい返信しか返ってこない。

 

別れた後に会うことができて、復縁を切り出しても返事はやっぱりNO。

冷たい彼女の態度をみると、もう復縁できないんじゃないかと不安になってしまうものですよね。

 

果たして、倦怠期のマンネリが原因で冷めた元カノと復縁することはできるのでしょうか?

結論から言うと、十分可能です。

 

元カノとの復縁自体が簡単なものではありませんが、正しい方法でアプローチをしていけば、元カノの気持ちを取り戻すことはできるのです。

それに、倦怠期ということは短い付き合いではないので、「情」もあって再会しやすいですからね。

 

一度別れたものの、結局、腐れ縁で復縁して元カノと結婚した人も少なくありませんので、まだまだ諦める必要はありませんよ。

ということで今回は、倦怠期、マンネリで冷めた彼女と復縁する方法をお話していきます。

 

倦怠期やマンネリは元カノが別れを決めた間接的な原因かもしれない…!

 

倦怠期やマンネリはカップルが別れる原因になりがちですが、1つ知っておいて欲しいことがあります。

それは、倦怠期は元カノが別れを決断した「間接的な理由」かもしれないということです。

 

長く付き合っていると、恋人が家族のようにしか見えなくなることは少なくありません。

ですが、長く付き合っていると別れるのもめんどくさいもので、その倦怠期が原因で別れを決断する女性は意外と少ないのです。

 

つまり、倦怠期が別れを考えるきっかけにはなったけど、真の原因は他にあるかもしれないということですね。

これは意外とよくある話です。

 

例えば、真の原因として以下のようなものが考えられます。

 

・倦怠期で女性として見られていないことを不満に思っており、そんな時に、魅力的な男性に女性扱いをされた。

→その結果、もっとドキドキしたい、女性扱いされたいと思うようになって別れを決断。

 

・倦怠期そのものはOKなのだが、あなたが結婚を全く考えていないことに不満を持っていた。

→年齢のこともあるし、結婚のことを考えると、別の相手を探した方がいいと思って別れを決断。

 

・他の男性が熱烈にアプローチしてきて、どんどんその男性のことが気になってしまった。

→自分の気持ちには嘘をつけず、あとは別れれば付き合える状態になっていたので、別れを決断。

 

・長い間付き合っていたけど、男性の年収や仕事の状況を考えると、結婚には心もとない。

→女性は計算をする生き物だから、情はあって、好きだけど結婚となると違うと思って別れを決断。

 

いかがでしょうか?

一言で倦怠期やマンネリと言っても、実はただのきっかけに過ぎず、他に理由があることは少なくないのです。

 

ですから、倦怠期が原因で別れたといっても、ひとまとめにすることなく、何が原因だったのかをしっかり考えましょう。

女性は考えに考えて別れを決断しますので、別れた原因が改善できていなければ復縁してくれません。

 

今まで復縁できている男性は、皆、別れた原因と向き合って、それを改善してきたから復縁できたのです。

ですから、元カノを追いかける前に、別れた原因としっかり向き合いましょう。

 

逆に、女性は別れた男性が付き合っていた時よりもはるかにいい男になっていたら、別れたことを後悔して、復縁を意識し始めますからね。

別れた原因の改善と、付き合っていた時よりもいい男になる。

 

これは絶対です。

そう、別れたことを後悔させられるくらいいい男になってやればいいんですよね。

 

そうすれば、「あれ、なんかすごい変わった、どうしたんだろう?」とあなたに興味を持ってくれますから。

そして、「別れるんじゃなかった」と思い始めて、結果、復縁を意識し始めるのです。

 

そもそも元カノの気持ちが冷めてしまったのは、元カノをドキドキさせ続けられなかった自分の責任なんですよね。

だから、責任を持って振り向かせてやればいいのです。

 

バカな男になって、いい男になって、元カノを見返してやればいいのです。

 

元カノに気になる人ができたのは、自分に魅力が足りなかったから。

だから、その男性以上にいい男になってやればいいんですよね。

 

元カノに別れてすぐに新しい彼氏ができてしまった。

そんな時も、その彼氏よりもいい男になって、相談役のポジションで「やっぱりあなたがいい」と思わせてやればいいのです。

 

結婚相手としてふさわしくないと思われてしまった。

自分のことが情けなるかもしれませんが、落ち込んでいる暇なんてありません。

 

「結婚したい」

「結婚するならあなたしかいない」と思われるような男になってやるのです。

 

ですから、倦怠期が原因だったとしても、真の原因があるのではないかと考えるようにしてください。

そして、それを改善すること。

 

その上で、付き合っていた時以上にいい男になって、元カノを後悔させてやるのです。

気持ちを冷めさせてしまったのは自分の原因なのだから、あなた自身の行動を持ってもう一度惚れさせてやるんですよ。

 

元カノと復縁できた人は皆、別れた原因を改善して、魅力的になって振り向かせていますからね。

今、お話したことは超重要です。

 

それに、長い期間付き合っていたのであれば、元カノにも「情」があるので、比較的会いやすいんですよね。

ですから、会った時に自信と余裕に溢れた姿を見せて、驚かせてやりましょう。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

 

以上が、倦怠期の元カノと復縁する上で、絶対に知っておきたいことになります。

それでは、具体的にどのような流れでマンネリの元カノと復縁するのかお話していきますので、参考にしてみてください。

 

倦怠期・マンネリで別れた元カノと復縁する方法とは?

まずは潔く別れを受け入れよう

 

倦怠期やマンネリが原因で元カノから、「気持ちが冷めてしまったから別れよう」と言われてしまった。

そんな時、あなたならどうしますか?

 

もし彼女との復縁を考えているのなら、潔く別れを受け入れるのがベストです。

というのも、別れ際がきれいであればあるほど、彼女は最後のあなたの記憶がきれいに残るからですね。

 

この時、すがってしまったりしつこく迫ったりしてしまうと、どうしてもマイナスの印象を与えることになってしまいます。

すると、そのマイナスの印象をリセットするために冷却期間が必要になってしまう。

 

結果、復縁に要する時間が長くなってしまうので、できるだけ綺麗に別れることを心がけてみてください。

 

別れた後は一定期間冷却期間を持とう

 

倦怠期が原因で元カノと別れたら、それ以上会ったり連絡をしてはいけません。

たまに別れてからもズルズルと連絡を続ける男性がいるのですが、そうではなく、冷却期間を設けましょう。

 

綺麗に別れられたのなら3~6ヶ月ほど。

すがってしまったり、マイナスの印象を与えた場合は、1年ほど期間を置きましょう。

 

長く付き合ったからこそ、連絡をしないことで思い出してくれることもありますからね。

女性は追いかければ追いかけるほど逃げたくなるもので、追いかけてこないと気になる生き物なのです。

 

倦怠期で別れたものの、長い間付き合っていると思い出も多くあるでしょう。

その思い出を彼女が思い出したり考えることで、あなたに抱いていたマイナスイメージなど払拭してもらえるのです。

 

復縁するためには必ず必要な期間ですから、彼女と会いたい、話したい感情をぐっとこらえましょう。

特に、倦怠期で別れた場合は、ちゃんと別れた原因を改善して、付き合っていた時よりもいい男にならなければなりませんからね。

 

冷却期間にどれだけいい男になれるのか、これが超大事ですよ。

 

彼女にドキドキさせられる自分になろう

 

マンネリ、倦怠期になる原因は女性が男性にときめかなくなることが最大の原因と言われています。

毎日変わらない日常、毎日変わらない会話、毎回似たようなデート。

 

これでは女性も何もときめかなくなってしまいますよね。

長く付き合うからこそ、長く好きでいてもらうためにはそれなりの努力が必要なのです。

 

では、彼女をときめかせるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、単純で男として魅力的であり続ける努力をすればいいのです。

 

というのも、結局、恋愛は子孫繁栄の活動だからなんですよね。

女性が男性を好きになるのは、男性の遺伝子を残したいと思うから好きになります。

 

ですから、常に女性からみていい男になり、本能的に魅力的だと感じさせられる男になりましょう。

具体的には、仕事を一生懸命頑張る、ポジティブ、自分の好きなことに熱中しているなどですね。

 

その他にも、交友関係が広い、経済的に豊かである、おしゃれ、筋肉があるなどがあげられるでしょう。

特に、仕事に一生懸命頑張っていたり、目標に向かって一生懸命な男性は魅力的だと思われやすいですよ。

 

女性からみていい男になる。

「自分にはもったいない男だ」と女性に思われるような男になってしまえばいいのです。

 

【※おすすめ厳選記事はこちら】

本気で元カノと復縁したいのであれば絶対に読んでおきたい厳選10記事!

 

彼女に別れたことを後悔させよう

 

ずっとお話しているように、大事なことは彼女に別れたことを後悔させられることですね。

女性が復縁を考えるのは、元カレが付き合っていた頃よりもはるかにいい男に変わったときです。

 

魅力的に変わった姿を見て、「別れなければよかった」と後悔すると、また付き合いたいと思うんですよね。

そうなるためには、自分磨きが必要不可欠。

 

冷却期間の間、自分磨きを必死に続けましょう。

先ほどお話したように、外見だけでなく、仕事もがんばらなくてはいけません。

 

長い付き合いということは、あなた自身もいい年齢ですよね。

そうなると次に復縁するときは女性は結婚も視野に入れているのです。

 

結婚=経済力と考える現実的な女性には、仕事を頑張っている姿を見せるのが一番なんですよね。

この冷却期間を利用して仕事・プライベート共に充実させましょう。

 

冷却期間後に再会して彼女との関係を再構築しよう

 

しっかりと冷却期間を置き、自分磨きをしたあとは、彼女と再度コンタクトをとりましょう。

突然連絡しては彼女も警戒してしまうので、誕生日やイベントの際に連絡をとったり、共通のお友達に食事の席を設けてもらうこと。

 

あくまでも自然を装い、まずは未練があることを悟られないように友達として接してみてください。

魅力的になったあなたの姿を見せてやるのです。

 

「あれ?なんか変わった?」と思わせて別れたことを後悔させる。

すると、彼女の気持ちはあなたの方に向きますので、自然と連絡を取れるようになるし、いつでも会えるようになるでしょう。

 

冷却期間で付き合っていた時以上の男になって、最初の再会で強烈なインパクトを与えるのです。

 

その後は徐々に距離を縮め、復縁したい気持ちを伝えましょう。

元カノに復縁を切り出すのは、彼女からの脈ありサインが出てからで、確実に進めてください。

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

倦怠期やマンネリになっても、長い付き合いの中の思い出はたくさん残っているもので、ひょんなことがきっかけで復縁できることは多いのです。

 

ただし、別れた原因の改善と付き合っていた時よりもいい男になっておくことが超重要ですよ。

冷却期間をしっかり置き、思い出を懐かしんでもらっている間にあなた自身が魅力的に変身をしましょう。

 

倦怠期やマンネリを感じさせない、女性からみて魅力的な男になってやるのです。

 

 

 

      

   

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です