元カノに連絡してしまった!冷却期間中に連絡してしまったら復縁はもう無理なの?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「冷却期間に連絡してはいけないとわかっていたのに、我慢できずに元カノに連絡してしまった。復縁はもう無理なのかな…。」

 

元カノとの復縁はどうしても感情的になるものです。

我慢できずに冷却期間中に彼女に連絡してしまったという男性は少なくありません。

 

冷却期間中の彼女への連絡は確かにタブーですが、その後正しい対処をすることができれば、連絡をしたことが復縁の妨げにならないこともあります。

 

また、その連絡に対する元カノの反応によっても復縁の可能性は大きく変わるものですからね。

したがって今回は、冷却期間中に連絡してしまった場合の復縁と対処法についてお話していきたいと思います。

 

じっくり読んでみてください。

なお、私自身も別れた直後に元カノに何度も連絡をしてすがってしまい嫌われてしまいました。

 

ただ、それでも元カノと復縁できましたので、決して諦めずに前を向いていきましょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいなら別れた後に一切連絡しないのが効果的なのか?

 

冷却期間中に連絡してしまったら元カノとの復縁はもう無理?

 

冷却期間とは、本来は彼女との関わりを一切絶つ期間のことを言いますね。

好きな感情がまだ残っているあなたからすれば、これは辛い期間に当たります。

しかし、この期間をしっかりと設けることで、お互いに感情を落ち着かせることができるのです。

 

特に、彼女のあなたに対するマイナスイメージが強い場合には、そのイメージをリセットできるのが大きなメリット。

そのため、結果的に印象の悪い別れ方をしている場合は冷却期間が効果を発揮します。

彼女に再アプローチして、復縁の可能性をあげることができるわけです。

 

しかし、冷却期間は最初にお伝えした通り、復縁したいあなたにとっては辛い時期ですよね。

連絡がしたくてたまらず、我慢できずに連絡してしまったというケースも少なくありません。

 

それでは、やはり冷却期間の効果が薄れてしまいます。

してしまったものは仕方がないですが、元カノのあなたへのマイナスイメージが強い場合は、その行動はマイナスに働きやすく、復縁が多少遠のいてしまうことも可能性もあるでしょう。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

 

また、冷却期間中に連絡をしてしまったとしても、すぐに正しく対処できれば、復縁できる可能性を下げずに済むこともあります。

そのパターン別の対処法についてもお話していきます。

 

冷却期間中に元カノに連絡してしまった場合の対処法は?

LINEを無視された場合

彼女からの返信がない場合には、やはりまだあなたに対するマイナスイメージが強く、関わりたくないと思われている可能性が高いでしょう。

気になって連絡したのに、返事がないと余計に悶々としてしまう気持ちも分かります。

 

ですが、返事がないのであれば、それが彼女の答えだと受け止め、間違っても返事の催促をしないようにしましょう。

返事の催促をすることで、再び彼女のあなたに対するマイナスイメージを増幅させてしまいますからね。

 

また、既に催促をしてしまったという男性もいるかと思います。

その場合、それ以上何か送ったところで、彼女にとっては負担にしかなりませんので、深追いはやめて、再び一から、かつ長めに冷却期間を置きましょう。

 

元カノから連絡が返ってきた場合

勢いで連絡を送ってしまい、思いの外彼女からの反応が良く、返事をもらえたということもあるでしょう。

そうするとやはり嬉しく、「もう復縁できるかな?」なんて甘く考えてしまいそうになるものですが、それは少し待ちましょう。

 

というのも、もしかすると、たまたま彼女の気分が良いタイミングで送っただけなのかもしれません。

気分良く返事を返してくれたという場合も。

 

それはそれでラッキーなのですが、やはり復縁となるとその流れでOKしてもらうことは難しいでしょう。

 

もう少し慎重になるべきです。

彼女にマイナスイメージを植え付けてしまわないために、適度なタイミングで早々に切り上げるのが吉でしょう。

 

そうして再び冷却期間を設け、次はしっかりと準備を整えてから連絡を始めるのです。

関連記事:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!

 

彼女の方からも連絡が来るようになった場合

思いのほか好感触で、LINEを自分から切り上げた後でも、彼女の方から度々連絡が来る場合もあります。

その場合には、無理をして冷却期間を継続する必要はありません。

 

その関係を維持しつつ、自分磨きをきちんと行って、その立場を生かして自分の魅力を伝え、新たにこちらの魅力に気付かせるのです。

 

そうして、あちらから脈ありサインが見られるようになったタイミングでこちらの気持ちを打ち明け、復縁を図りましょう。

脈ありサインが見えないまま告白するのはギャンブルですから、必ず確認することを頭に入れておきましょう。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

元カノに連絡してしまったとしても挽回できる!復縁に繋げる方法

 

元カノに連絡してしまったことで不安になっているとしたら、あなたは元カノから良い反応がもらえなかったのではないでしょうか。

 

復縁には冷却期間が必要ということは、あなたも十分にわかっていたはず。

それでも元カノに連絡をしてしまい、期待していたような返事がなかったとしたら、もうダメかもと思ってしまいますよね。

 

しかし、そんなの当然のことぐらいに思って前を向いてください。

そもそも、別れた元カノが自分に良い印象を持っていないのは仕方のないこと、と思って開き直ってしまえばいいのです。

 

これは大袈裟に言っているのではなく、復縁したい男性なら誰でもぶち当たる壁。

しかし、その壁の一枚ぐらいで復縁を諦めるなら、もう諦めた方がいいでしょう。

 

諦めきれないと思ったのなら、ここからの復縁方法について読み進めてみてください。

復縁には焦りは禁物。

とはいえ、焦って失敗したとしても、またチャレンジすればいいだけですよ。

 

①さらに冷却期間をおけば大丈夫

元カノに連絡をした時に良い反応ではなかったことは、タイミングが悪かったと思いましょう。

 

まだ元カノの気持ちがリセットされていないと思って、もっと冷却期間を設ければいいだけのこと。

ただ、元カノへの連絡をキッパリとやめて、一切連絡をしないようにしましょう。

 

この時に元カノからの返事がそっけないといって、元カノのご機嫌をとるような返信を何回もしては絶対にダメですよ。

 

そんな女々しい行動は女性は嫌がりますから。

そのまま何事もなかったように、冷却期間をとって元カノの日常生活からあなたの存在を消しましょう。

 

②次に連絡をする時までに自分に自信をつけておく

そこからの冷却期間には、もちろん自分磨きに徹底的に取り組むしかありません。

 

あなたが元カノに連絡をした時に、元カノに媚びるような連絡をしていたとしたら、それはあなたの自信のなさが出てしまったのかもしれません。

 

女性は、自信のない男性が声をかけてくるとき、その雰囲気や空気感で弱腰になっている男心を察知します。

つまりそれは「元カノ>あなた」の状態になってしまっているということ。

 

そんな男性には女性の心は動くはずがありません。

 

自分磨きは、どんなことでも小さな達成を重ねていくことで、自分に自信が持てるようになりますよね。

男は自信があることで心に余裕ができ、魅力的な男性として女性の前でも堂々と振る舞えることができます。

 

元カノが持っているあなたのマイナスなイメージをプラスにするには、やはり自分磨きしかなく、自分を成長させることが復縁への近道なのです。

 

③再コンタクトは自然な口実で!連絡後は元カノと新たな関係を築く

冷却期間を経て自分磨きによって自信がついたら、元カノへ再度コンタクトを取りましょう。

 

その時に意識して欲しいのは、できるだけ自然な口実で連絡をして、復縁をしたいことを元カノに気づかせないこと。

どれだけ冷却期間がたっていても、元彼からの連絡は女性にとっては警戒するものです。

「何?なんの用?」と思われるのは当然のことですよね。

 

その警戒心を少しでも和らげるためには、自然な口実で連絡し、その雰囲気が重くなく明るくサラッとした内容にすることなのです。

 

たとえば、元カノの誕生日のお祝いや、元カノにしか聞けないような話題など。

または、共通の友人がいれば複数人での飲み会を企画してもらったり、連絡する前にSNSでいいねやコメントをしてみたりしましょう。

 

自分磨きをしたあなたの姿をあらかじめSNSで投稿しておくと、元カノも成長したあなたの姿に興味を持ってくれるかもしれません。

元カノに復縁をしたいことを感じさせず、和やかに楽しく話せるように演出することをおすすめします。

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

別れた後一切連絡しないと女性は気になる?元カノに連絡したい時こそ我慢しよう!

 

別れた後に一切連絡をしないと、女性はどう思うのでしょうか。

何度もお伝えしてしまいますが、冷却期間を置くことで元カノの気持ちは少しずつリセットされ変わってきます。

 

人の気持ちは時間が経てば変わるように、恋愛において別れた元彼への気持ちも同じこと。

たとえ元彼に対して嫌悪感を持っていたとしても、永遠にネガティブな気持ちを継続するなんてできないですから。

 

時間が経って、元カノがあなたと付き合った日々を思い出すこともあるはずですが、当然あなたのことも思い出しますよね。

 

その時に、あなたが別れた後に一切連絡をしていないとしたら、もっと気になるはずです。

「そういえば今頃どうしてるんだろう」と。

 

ただこれは、きちんと冷却期間をとっていたからそう思えるのです。

元カノがあなたに対してマイナスな気持ちの時に、あなたが自分の周りにいないことで自然と嫌悪感が薄らいでいったから。

 

元彼のことを思い出して、懐かしいと思えるようになるのは自然なことなのです。

それぐらい復縁には冷却期間が必要と思っていてください。

 

ただ先ほどもお伝えしましたが、連絡をしてしまって元カノの反応が悪かったのなら、また冷却期間を取り直せばいいだけのこと。

今はタイミングではなかったのだと、ポジティブにとらえましょう。

 

元カノと復縁をするには、元カノの気持ちを尊重することが大切ですが、同時にあなたが強く復縁を望むことも大切なのです。

気持ちで負けないように、「絶対に復縁する!」と前向きに向かっていってください!

まとめ

 

冷却期間中に連絡をしてしまうのは、冷却期間を置く理由を考えると、好ましくないのは明白。

ですが、それで復縁が多少難しくなってしまうことはあっても、絶対に復縁はもう無理ということはありませんので安心して下さい。

 

  • 連絡をして無視された場合:再度冷却期間を継続
  • 返事が返って来た場合:早めに話題を切り上げ、再び冷却期間を継続
  • 彼女の方から連絡が来る様になった場合:冷却期間は不要。自分磨きは継続し、その関係を継続して良さを伝えていく

 

自分のパターンに合った対処法を取り、上手く復縁に繋げましょう。

 

 

      

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です