元カノに連絡してしまった!冷却期間中に連絡してしまったら復縁はもう無理なの?

 

「冷却期間に連絡してはいけないとわかっていたのに、我慢できずに元カノに連絡してしまった。復縁はもう無理なのかな…。」

元カノとの復縁はどうしても感情的になるもので、我慢できずに冷却期間中に彼女に連絡してしまったという男性は少なくありません。

 

冷却期間中の彼女への連絡は確かにタブーですが、その後正しい対処をすることができれば、連絡をしたことが復縁の妨げにならないこともあります。

また、その連絡に対する元カノの反応によっても復縁の可能性は大きく変わるものですからね。

 

したがって今回は、冷却期間中に連絡してしまった場合の復縁と対処法についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

なお、私自身も別れた直後に元カノに何度も連絡をしてすがってしまい嫌われてしまいました。

 

ただ、それでも元カノと復縁できましたので、決して諦めずに前を向いていきましょう。

 

冷却期間中に連絡してしまったら元カノとの復縁はもう無理?

 

冷却期間とは、本来は彼女との関わりを一切絶つ期間のことを言いますね。

好きな感情がまだ残っているあなたからすれば辛い期間に当たりますが、この期間をしっかりと設けることでお互いに感情を落ち着かせることができます。

 

特に、彼女のあなたに対するマイナスイメージが強い場合には、そのイメージをリセットできるのが大きなメリット。

そのため、結果的に、印象の悪い別れ方をしている場合は冷却期間が効果を発揮して、彼女に再アプローチして復縁の可能性をあげることができるわけです。

 

しかし、冷却期間は最初にお伝えした通り、復縁したいあなたにとっては辛い時期ですよね。

連絡がしたくてたまらず、我慢できずに連絡してしまったというケースも少なくありません。

 

それでは、やはり冷却期間の効果が薄れてしまいます。

してしまったものは仕方がないですが、元カノのあなたへのマイナスイメージが強い場合は、その行動はマイナスに働きやすく、復縁が多少遠のいてしまうことも可能性もあるでしょう。

 

ただ、冷却期間中に連絡してしまったからといって、復縁がもう無理だとは限りません。

私も元カノにしつこくすがって完全に嫌われてしまったところから復縁できましたので、全然諦める必要はないんですよね。

 

元カノとの復縁も仕事や勉強、スポーツと同じでうまくいった人の方法から学ぶのが重要ですから、私自身の復縁成功体験談をメールマガジンで無料プレゼントしていす。

もちろん、登録は無料で、体験談からもかなり多くのヒントが得られるかと思いますので、下記より受け取ってじっくり学んでみてください。

 

【男ならバカになれ!公式メールマガジン】クリックして復縁体験談を受け取る!

 

私が復縁した時も、数多くの復縁体験談に目を通して、ヒントをもらってきましたので、あなたの復縁にもかなり役立つはずですよ。

 

また、冷却期間中に連絡をしてしまったとしても、すぐに正しく対処できれば、復縁できる可能性を下げずに済むこともありますので、パターン別の対処法についてもお話していきます。

冷却期間中に元カノに連絡してしまった場合の対処法は?

LINEを無視された場合

彼女からの返信がない場合には、やはりまだあなたに対するマイナスイメージが強く、関わりたくないと思われている可能性が高いでしょう。

気になって連絡したのに、返事がないと余計に悶々としてしまう気持ちも分かります。

 

ですが、返事がないのであれば、それが彼女の答えだと受け止め、間違っても返事の催促をしないようにしましょう。

返事の催促をすることで、再び彼女のあなたに対するマイナスイメージを増幅させてしまいますからね。

 

また、既に催促をしてしまったという男性もいるかと思います。

その場合、それ以上何か送ったところで、彼女にとっては負担にしかなりませんので、深追いはやめて、再び一から、かつ長めに冷却期間を置きましょう。

元カノから連絡が返ってきた場合

勢いで連絡を送ってしまい、思いの外彼女からの反応が良く、返事をもらえたということもあるでしょう。

そうするとやはり嬉しく、「もう復縁できるかな?」なんて甘く考えてしまいそうになるものですが、それは少し待ちましょう。

 

というのも、もしかすると、たまたま彼女の気分が良いタイミングで送っただけで、気分良く返事を返してくれたという場合もあるかもしれません。

それはそれでラッキーなのですが、やはり復縁となるとその流れでOKしてもらうことは難しいでしょう。

 

もう少し慎重になるべきです。

彼女にマイナスイメージを植え付けてしまわないために、適度なタイミングで早々に切り上げるのが吉でしょう。

 

そうして再び冷却期間を設け、次はしっかりと準備を整えてから連絡を始めるのです。

関連記事:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!

彼女の方からも連絡が来るようになった場合

思いの他好感触で、LINEを自分から切り上げた後でも、彼女の方から度々連絡が来る場合には、無理をして冷却期間を継続する必要はありません。

その関係を維持しつつ、自分磨きをきちんと行って、その立場を生かして自分の魅力を伝え、新たにこちらの魅力に気付かせるのです。

 

そうして、あちらから脈ありサインが見られるようになったタイミングでこちらの気持ちを打ち明け、復縁を図りましょう。

脈ありサインが見えないまま告白するのはギャンブルですから、必ず確認することを頭に入れておきましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

冷却期間中に連絡をしてしまうのは、冷却期間を置く理由を考えると、好ましくないのは明白。

ですが、それで復縁が多少難しくなってしまうことはあっても、絶対に復縁はもう無理ということはありませんので安心して下さい。

 

  • 連絡をして無視された場合:再度冷却期間を継続
  • 返事が返って来た場合:早めに話題を切り上げ、再び冷却期間を継続
  • 彼女の方から連絡が来る様になった場合:冷却期間は不要。自分磨きは継続し、その関係を継続して良さを伝えていく

 

自分のパターンに合った対処法を取り、上手く復縁に繋げましょう。

 

関連記事:元カノと復縁できる可能性チェック!脈なしパターン診断!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です