元カノと復縁するための冷却期間はどのくらいが効果的?目安の期間は?

 

「元カノと復縁するためには冷却期間が必要というのは聞いたことがあるけど、一体どのくらい必要なんだろうか。」

早く復縁したいというのは皆が思うことですから、できるだけ早く冷却期間を終えて、元カノにコンタクトを取りたいと思うものですよね。

 

しかし、焦りは禁物。

焦って感情的に元カノにアプローチをしたところで、うまくいったケースはほとんどありません。

 

もしあなたが本気で元カノと復縁したいのであれば、必ず冷却期間を設けることをおすすめします。

実際、僕自身も冷却期間を設けたことで復縁できましたし、何より多くの人が冷却期間を設けたことで復縁を果たしているんですね。

 

したがって、今回は元カノと復縁するためには冷却期間をどのくらい取れば効果的なのか、目安の期間をご紹介していきます。

冷却期間には復縁を成功させる上で非常の大きな意味がありますからね、じっくり読んでみてください。

 

元カノと復縁するためには冷却期間はどのくらいが効果的?目安は?

 

元カノと復縁するためにはどのくらいの冷却期間が効果的なのか?

それはズバリ、元カノのあなたに対する印象によって変わってきます。

 

当たり前ですよね、もし元カノがあなたのことを嫌っていれば長い期間の冷却期間を設けた方がいいですし、好意を感じるのであれば、そこまで長い時間は必要ありません。

結局、復縁と言っても恋愛であり、大事なのは元カノの気持ちですから。

 

冷却期間の目安をいうと、元カノに嫌われていないケースでは、基本的に3ヶ月〜半年が好ましいと言えるでしょう。

すがってしまって嫌われてしまっている場合や、元カノに好きな人や新しい彼氏ができた場合は、半年〜1年の期間を設けることをおすすめします。

 

なお、冷却期間とは別れてからの期間ではなく、「最後の接触」からの期間ですからご注意を。

というのも、冷却期間を設ける意味とは、元カノにあなたのマイナスの印象を忘れてもらうためなんですね。

 

元カノがあなたとの別れを決意したということは、基本的に「今のあなたとは付き合えない」というマイナスの印象を持っています。

さらに、もしあなたが元カノにすがってしまった、女々しい姿を見せてしまったという場合は、さらにマイナスのイメージを持っていることでしょう。

 

このマイナスの印象を元カノが持っている限り、アプローチをしてもうまくいく可能性は低いわけです。

そりゃあそうですよね、嫌な人に何をされても嫌なのと同じことですから。

 

ただ、人間の記憶とはよくできているもので、半年程度で悪いマイナスの記憶というのは薄れていく仕組みになっています。

つまり、今元カノに嫌われていたとしても、半年以上の冷却期間を設けることで、再びアプローチのスタートラインに立つことができるということ。

 

ですから、元カノとの復縁の可能性を高めたいのであれば、決して焦ることなく冷却期間を設けましょう。

嫌われている人は半年〜1年、嫌われているわけではないなら3ヶ月程度が効果的。

 

冷却期間後のアプローチはまず連絡を送ることからのスタートですが、ここでいきなり復縁を申し込むのは言語道断。

冷却期間後の最初の連絡はできるだけ自然なもので、警戒されないように、好意を感じさせないものにしてください。

 

例えば、理想的なのは元カノの誕生日や元カノにしかお願いできないような内容、元カノに忘れ物を返す用事のLINEなど。

そうすることで自然とコンタクトを取ることができ、その流れで近況報告などできるというわけですね。

 

具体的には元カノと復縁したい場合の連絡方法!LINEの内容や頻度はどうすべき?で冷却期間後に送るべきLINEについてお話していますので、じっくり読んでおいてください。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの成功パターンを利用したことで音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

早く復縁したいがゆえに皆さんの頭は冷却期間後の連絡に向いているかもしれませんが、ここで一旦リセットを。

なぜなら、それよりも重要なことを話さなければならないから。

 

というのも、結局、冷却期間を設けて元カノと再会したところで、あなたが別れたままの状態であったら復縁できないんですよね。

それはそうですよね、「付き合えない」と思って別れて、何も変わっていなければ、復縁なんてできるわけがありません。

 

そう、大事なのは、冷却期間に自分を徹底的に磨いて、元カノに別れたことを後悔させることなのです。

もしあなたが元カノと復縁したいのであれば、元カノに「別れるんじゃなかった」と思わせるしかありません。

 

そう、元カノとの復縁を成功へ導くカギとなるのは、冷却期間と自分磨きなのです。

自分磨きをすることによって、別れた当時よりも、いや、付き合っていた時よりも圧倒的に魅力的な男になる。

 

すると、元カノの中には「あれ、いい男になってる…別れるんじゃなかったかも。」という心理が働くわけです。

自分が手放したものが実はとても価値のあるものだった場合、人間は激しく後悔し、それを取り戻そうとする性質を持っている。

 

そう、このゲインロス効果を利用するわけです。

あなたが別れた時よりも、付き合っていた時よりもはるかに魅力的になっていれば、元カノはあなたを取り戻そうとします。

 

あなたが復縁したいと追いかけるのではなく、元カノがあなたを追いかけるようになるのです。

そうなればもうあとは楽ですよ。

 

LINEで連絡をしても返ってくるし、ご飯もデートもOKになります。

あなたが元カノが惚れるような魅力的な男になっていれば、あとは「うんうん」と理解を示すように話を聞いてあげればOKなのです。

 

そう、冷却期間を設けて自分を磨き、ゲインロス効果を圧倒的に利用する。

これが元カノとの復縁で最も可能性が高いパターンなんですよね。

 

なお、ゲインロス効果で元カノを惚れ直させる方法は元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!でさらに詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

もしあなたが元カノを惚れさせて復縁したいのであれば、下を向いて落ち込んでいる暇なんてないですよ。

元カノが別れたことを後悔するような男になるべく、バカになって徹底的に自分を磨いてやりましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノと復縁したいのであれば、間違いなく冷却期間を設けた方がいい。

嫌われているのであれば、最低でも半年間〜1年間、嫌われているわけではないなら、3ヶ月程度が好ましい。

 

冷却期間を設けて、マイナスの印象がなくなった元カノと復縁するためには、別れたことを後悔させるほど魅力的な男になっておくことが重要。

そう、女々しく下を向いている暇なんてなく、元カノを惚れ直させるために自分を徹底的に磨きましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です