別れた彼女とよりを戻したい!元カノと復縁したいなら冷却期間は必須?

 

「別れた彼女とよりを戻したい、彼女しかいないからなんとしてでも復縁したい。」

僕自身も元カノに振られた時、同じように元カノと復縁したいと強く思っていましたので、気持ちは痛いほどわかります。

 

「他にも女性は星の数ほどいるよ」とか「元カノは諦めた方がいいよ」と言われるかもしれませんが、それができたら苦労はしませんよね。

ただ、どうしても元カノのことが諦めきれないのであれば、開き直って、元カノとの復縁を目指すべきでしょう。

 

僕自身も諦めることなく元カノとの復縁を目指して行動していたから復縁できましたから、諦める必要はないですよ。

男ならバカになって元カノを取り戻してやりましょう。

 

では、どうすれば別れた彼女とよりを戻すことができるのでしょうか?

 

別れた彼女とよりを戻す方法!元カノとの復縁では冷却期間がカギを握る!

 

もしあなたが元カノに別れを告げられてしまった側なのであれば、カギを握るのは冷却期間です。

冷却期間は言うまでもなく、元カノと一切接触をしない期間で直接会うことも、連絡を取ることも、SNSを更新することも避ける期間のことですね。

 

なぜ冷却期間がカギを握るのか?

元カノのあなたに対するマイナスの印象をリセットしてもらうことと、今のあなたを変えることで復縁の道を拓くことができるから。

 

考えてみて欲しいのですが、元カノからすれば、「今のあなたとは付き合えない」と思うから別れを決断したわけじゃないですか。

つまり、元カノの中でのあなたの評価は「彼氏失格」ということ。

 

そのように思われているのに、「復縁したい」と何度も連絡をしたり、しつこくすがってしまっては、復縁できるわけがありませんよね。

特に、別れ際では元カノの中にあなたに対するマイナスの印象がぬぐいきれていないため、復縁するのは困難なのです。

 

だから、冷却期間を設けるというわけですね。

人間は半年〜1年の期間でマイナスの印象をリセットしてくれる機能がありますので、冷却期間を設けることで、復縁のアプローチが格段にしやすくなります。

 

冷却期間を設けずにしつこく連絡をしてしまうと、どうしても嫌われてしまいますが、冷却期間を設ければ嫌われるということはまずありません。

連絡を取らないことでむしろ、相手の方が「あれ?元気にしてるのかな?」と思ってくれることもあるほどなのです。

 

元カノのマイナスの印象をリセットさせて再アプローチしやすくする、これが冷却期間を設ける意味ですね。

さらに、元カノと復縁するためにカギを握るのは、元カノを後悔させることです。

 

そう、冷却期間後にアプローチをして「別れるんじゃなかった」と元カノに思わせることが何よりも重要になります。

ここで効果を発揮するのが、手放したものが価値のあるものだとわかった時に、猛烈に取り戻したいという衝動に駆られる人間の性質 (ゲインロス効果)ですね。

 

そう、冷却期間に自分を磨いて魅力的な男になって、元カノに別れたことを後悔させることができれば、猛烈にあなたと復縁したいと思ってくれるのです。

こう思わせてしまうことができれば、あとは簡単ですよ。

 

元カノはあなたに対して興味を持ってくれていますので、連絡をしても好感触な返信が返ってくるし、ご飯に誘っても普通にOKをもらうことができる。

元カノの気持ちを動かすことができているから復縁が圧倒的に楽になるんですよね。

 

復縁に失敗するほとんどの男性は自分の気持ちばかりを伝えようとしますが、そうじゃないんです。

元カノを後悔させて、元カノの気持ちを動かすのが重要なんですよね。

 

その意味でも冷却期間で元カノの気持ちをリセットして、徹底的に自分を磨き、元カノを後悔させるというのが最も可能性の高い復縁の方法になります。

そのために必要なことは言わなくてもわかりますよね。

 

元カノのことばかり考えるんじゃなくて、冷却期間に徹底的に自分を磨くのです。

別れた彼女が「また付き合いたい」と思えるような男性になるために。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

ここで考えてみて欲しいのですが、果たして今のあなたは元カノが付き合いたいと思えるような魅力的な男性でしょうか?

もしそうだったとすれば、彼女は別れる決断をしなかったはずですよね。

 

どこかで彼女に甘えてしまったり、依存してしまったり、傷つけてしまった、自分に自信がなかった、そういうあなたの姿を見せて元カノは別れを決断したのではないでしょうか?

そう、いつまでも落ち込んでいる暇はないんです。

 

落ち込んでいたり、下を向いている男性と復縁したいと思う男性なんていないわけですから。

元カノが復縁したいのは、自分に自信があって前向きに毎日を生きている魅力的な男性です。

 

だからこそ、冷却期間を試練だと思って徹底的に自分を磨きましょう。

どんな自分磨きをすればいいのかわからないという方は元カノと復縁したいなら復縁したいと思わせる器の大きな男になれ!で自分磨きについて詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

なお、彼女と同じ学校、同じ職場で冷却期間を取れないという方もいるでしょう。

その場合は、接触は最低限にして、避けるでもアプローチするでもなくその他同様の人と同じように接してください。

 

接触するときは用事がある時だけで、あとはあなたが徹底的に仕事、勉強、部活を頑張ってかっこいい男になるのです。

女性は何かに一生懸命頑張っている男性が大好きですからね、そういう姿を見せるといいでしょう。

 

もちろん、アピールしようとすると逆効果なので要注意。

周りの人にも優しくして周りの評判を高めていくことで、元カノもあなたに興味を持つようになりますよ。

 

別れた彼女と同じ環境に身を置く場合は、冷却期間が取れないので振りに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、頑張っているところをみてもらえるというのはプラスですよ。

 

別れた彼女も後悔させてしまえば復縁できる。

男なら落ち込んでいないでバカになって、元カノを惚れ直させてしまいましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

なぜ元カノはよりを戻してくれないのか?どうすれば復縁を決意してくれるのか?

 

元カノとの復縁では冷却期間と自分磨き・男磨きがカギを握るということをお話させていただきましたが、続いては元カノの心理から復縁について考えてみましょう。

一生懸命気持ちを伝えているのに、全然元カノの気持ちは変わらないし、考え直してくれない。

 

あれだけ好きでいてくれたから、熱意を伝えればわかってくれるだろうと思っていたのに、反応はドンドン冷たくなるばかり。

なぜ元カノに思いを伝えても、復縁してくれないのでしょうか?

 

結論から言えば、女性心理が大いに関係しています。

というのも、女性は男性との別れを決断する際に、よくよく考えてから別れを決断するため、どうしても意思が固くなってしまうからなんですね。

 

それに女性は別れを決めるまでに悩みに悩むことから、決断して別れを告げた時点では、すでに吹っ切れており、気持ちが冷めていることが多いのです。

「あれだけ好きでいてくれていたのに」と思うかもしれませんが、それはあくまで過去の話。

 

辛いかもしれませんが、男性側の振る舞いや言動、魅力、生き方をみて気持ちが冷めて別れを決断したということを受け入れましょう。

つまり、別れを告げてきた時点では元カノは気持ちが吹っ切れているわけです。

 

そんな女性に熱い気持ちを伝えたらどうでしょうか?

・・・振り向いてくれるわけがないんですよね。

 

それどころか、女性の心理からすれば、「悩みに悩んで決断をしたのに、なんでわかってくれないの」という気持ちになってしまうのです。(元カノの意思に反していることをしているから当たり前です)

そして、しつこくすがっていたり、復縁を求めてしまうと、「めんどくさい」、「しつこい」になってしまいます。

 

実際、しつこくすがったり、女々しい姿を見せる、復縁を何度も迫るというのは、魅力的な男とは正反対に位置していますし、女性の本能はそういう男性を求めていないんですよね。

それゆえ、すがればすがるほど男としての価値・魅力が下がって、「別れてよかった」と思われてしまうのです。

 

これこそが、気持ちを伝えても、復縁してくれない元カノ側の心理になります。

別れ際ほど、別れに対する意思が強かったり、マイナスイメージを持っていたりするので、復縁を迫ってもうまくいきません。

 

それゆえ、先ほどもお話したように、冷却期間でマイナスイメージを浄化させて、再アプローチできるようにしていくことが重要なんですよね。

では、今度は逆、どうすれば元カノは復縁を決意してくれるのでしょうか?

 

実をいうと、これもシンプルで女性が別れた男性との復縁を決意する瞬間というのは、下記の条件を満たした時です。

 

  • 男性側が別れた原因を改善している
  • 男性が付き合っていた時よりも魅力的になっている(変化で元カノの興味を引けている)
  • しっかり関係が構築されて「この人だったらもう大丈夫」と思われた時

 

この3つの要素を満たした時に初めて、元カノはあなたとの復縁を決意するわけですから、何も変わっていない状態だと復縁できないことはもうわかったのではないでしょうか?

そもそも、女性は結婚や妊娠に時間的な期限があり、復縁した後にまた別れることになって時間を無駄にすることを本能的に嫌います。

 

ですから、基本的に復縁に対して消極的で、「この人だったら大丈夫」と思うようになるまで、決意できないんですよね。

このことから考えても、別れた原因が改善できていない、付き合っていた時よりも魅力的になっていないのでは、復縁の「ふ」の字すら元カノには浮かばないわけです。

 

これで、別れた直後の元カノにすがって復縁を求めても、復縁してくれない理由がわかったのではないでしょうか?

要するに、言葉とかはいいから、態度・行動、変わった姿、魅力で示してみろということですね。

 

別れた原因を改善して、付き合っていた時よりもはるかに魅力的な男になり、元カノに変化を感じさせるから興味を持ってもらえます。

興味を持ってもらえるから、連絡しても好感触な返信がきますし、会うことだってできるんですよね。

 

ですので、いかに冷却期間を設けて、器の大きい男になることが重要なのかわかったのではないでしょうか?

そして、大事なのは最後の要素ですね。

「この人だったらもう大丈夫」と思われて初めて元カノと復縁できる

 

復縁に失敗する男性ほど、カッコつけたいのか、早く復縁したいのか、すぐに告白をしたがります。

でも、実は、早く復縁したくて感情的になって動いている時点で、冷静ではなく、元カノではなく自分中心なので、うまくいくわけがないんですよね。

 

というのも、女性の恋愛感情は徐々に盛り上がっていくもので、別れた時点で彼女の気持ちはそこまで高くないと考えるのが妥当です。

にも関わらず、いきなり告白して「じゃあ、復縁しましょう!」となるかと言われれば、ならないんですよね。

 

それに、先ほどもお話したように、女性は時間コストの都合上、復縁に対して消極的であるため、男性の価値をしっかり見定めるまで決断できないのです。

そりゃあそうです、また別れることになって時間を無駄にしてしまうことほどリスクはありませんから。

 

ですので、冷却期間後に元カノに再会できたとしても、決して焦ることなく、ゆっくり元カノとの関係を構築していくことがポイントと言えるでしょう。

具体的に言えば、とにかく元カノの話をゆっくり聞いて共感していくこと。

 

女性は自分の話を聞いてくれる人に好意を持ちますし、「この人はわかってくれてる」と思う生き物なんですよね。(共感脳ですから)

そして、「わかってくれてる」と思うから、「この人だったら大丈夫かも」と思うようになるのです。

 

ですから、元カノとよりを戻したいのであれば、元カノが復縁したいと思うまで待つことが重要であり、それまではゆっくり話を聞きましょう。

大丈夫です、魅力的な男になって変化を感じさせ、興味を持たせることができれば、焦らなくても復縁できますから。

 

一番やってはならないのが、彼女の気持ちが追いついていないのに早まって告白することですよね。

結局、熱い気持ちを伝えれば復縁できるというのは大きな間違いで、元カノの気持ちが追いつくまでしっかり待ってあげて、話を聞き、理解者となることが一番なのです。

 

実際、話を聞いてあげて、彼女が決意できるまで待つことは、男としても余裕がある行動ですし、価値を感じさせることができますから。

追いかければ追いかけるほど離れていく、迫ることなくゆっくり話を聞くから復縁できるということですね。

 

元カノからしても、復縁を求めてこない姿勢に居心地のよさを感じるでしょうし、もっと一緒にいたいと思ってくれるはずです。

気持ちを伝えるのではなく、理解に徹する、これが元カノと復縁するカギと言えるでしょう。

 

元カノから復縁に対して前向きなサインが出たり、脈ありサインが出て初めて告白するということを覚えておいてください。

まとめ

 

別れた彼女とよりを戻すためには、半年間〜1年間の冷却期間がカギを握る。

冷却期間では別れた元カノのマイナスの感情をリセットしてもらう、あなたが魅力的になって元カノを惚れ直させる男になるという意味で重要。

 

元カノに「別れるんじゃなかった」と思わせることができれば、猛烈にあなたを取り戻したくなるので復縁の可能性が一気に上がる。

男なら落ち込んでいないで、バカになって元カノを惚れ直させるべく努力すべき。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です