別れて1年の元カノがまだ好きで復縁したい!冷却期間1年後の連絡方法!

 

「別れて1年が経ったけど、元カノのことがまだ好きでなんとしてでも復縁したい。」

元カノと別れて1年が経ってもまだ諦めることができないと言うのであれば、もちろん、元カノとの復縁を目指すべきですね。

 

実際、別れて1年が経過して冷却期間をしっかり設けることができているのであれば、元カノのあなたに対するマイナスの印象もリセットされている可能性は高いでしょう。

ただ、1年ぶりの連絡となると、どのように連絡をすればいいのかわからないと言うのも正直なところ。

 

最初から好意を見せて連絡をしたところで警戒されてしまいますから、できるだけ自然とアプローチをするのが得策です。

では、別れて1年が経過した後の元カノへはどのように連絡してアプローチをしていけばいいのでしょうか?

 

別れて1年の元カノがまだ好きで復縁したい!復縁に向けた2つの準備とは?

 

別れて1年後の元カノに連絡をして、復縁を目指していくわけですが、連絡をする前に抑えるべき点が2つあります。

その2つとは以下の通り。

 

  • あなた自身が男として魅力的になれているか?
  • 元カノの近況はどうなっているのか?

 

まず1つ目は、そもそもあなた自身が男として魅力的な男になることができているかということ。

というのも、基本的に元カノとの復縁は元カノに「別れるんじゃなかった」と後悔させることが何よりも重要だからですね。

 

そもそも考えてみて欲しいのですは、元カノからすれば、何も変わっていない男ともう一度付き合いたいなんて思うわけがありませんよね。

元カノが復縁したいと思う瞬間と言うのは、あなたが付き合っていた時よりもはるかに魅力的な男になっていた時なのです。

 

だからこそ、元カノとの復縁においては冷却期間でいかに男を磨いて、魅力的な男になれているかが重要になります。

つまり、いくら時間が経過していたとしても、あなた何も変わっていなければ復縁はできないということ。

 

そのため、元カノに連絡をする前に、今一度あなた自身が元カノが惚れ直したいと思うほどの男になれているのかを見つめ直してみてください。

参考:元カノと復縁したいなら復縁したいと思わせる器の大きな男になれ!

 

そして、2つ目は元カノの近況です。

完全に音信不通になってしまっている場合は、連絡をしてみる他ありませんが、SNSで繋がっていたり、共通の知人がいるのであれば、まずは元カノにバレないように近況を伺いましょう。

 

というのも、元カノとの復縁に置いても、結局はタイミングが重要になるからですね。

連絡しようと思ったタイミングで元カノにラブラブな彼氏がいたりしたら、タイミング的にはよくはありませんよね。

 

逆に、何かに悩んでいるようなツイートや元気がなさそうというタイミングを狙えば、元カノもあなたを相談相手として食事をOKしてくれるかもしれません。

復縁と言えども、結局は恋愛ですから、「元カノの気持ち」が何よりも重要になります。

 

したがって、SNSや共通の知人を経由して、元カノはどういう状況なのか事前にリサーチをしておくといいでしょう。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

別れて1年!冷却期間後の元カノと復縁するための連絡方法とは?

 

冷却期間にしっかりと自分を磨いて、付き合っていた時とは比べものにならないほど魅力的な男になれており、元カノの近況も今が攻め時だとわかったら、いよいよアプローチをしていきます。

ただし、むやみに「元気?」とアプローチするのは絶対にNG。

 

できるだけ自然にアプローチをするのがベストであり、もし共通の知人がいるのであれば、まじは複数人での飲み会をセッティングしてもらうといいでしょう。

その理由はシンプルで、複数人で会う方が元カノからしても警戒することなく会えるからですね。

 

もし、共通の知人がいない場合、できるだけ自然に連絡をするのが鉄則です。

具体的に言えば、元カノにしか頼むことができない用事であったり、元カノの誕生日におめでとうのLINEを送る、忘れ物を返すなどですね。

 

やはり好意を感じさせるようなLINEを送ってしまうと、どうしても警戒されてしまうので、内容はできるだけシンプルに。

一通り最初のやりとりが終わってから、お互いに近況報告をするとスムーズにやりとりを行うことができるでしょう。

 

もし事前にリサーチをしておいて、元カノが何かに悩んでいたり、元気がない時には、あなたを頼ってくることも少なくありません。

もし弱っているような返信がきた場合は、話を聞いてあげる姿勢を見せて、ご飯に誘ってみるといいでしょう。

 

また、元カノとSNSで繋がっているのであれば、連絡をする前にタネを巻いておくこともおすすめします。

どういうことかというと、冷却期間を終えてから、自慢にならないようにSNSで充実しているアピールを送るというものですね。

 

何かを一生懸命頑張っている、何かで大きな結果を出した、楽しい毎日を送っていることをできるだけ自慢にならないように時間をあけて更新しておくのです。

具体的には、3週間に1度くらいの頻度で更新をしておけば、自慢にはなりにくいでしょう。

 

このように、SNSを使って間接的に元カノにアピールをすることで、元カノからすれば「どうしたんだろう?」と興味を持つようになるわけです。

全く興味がない状況と興味を持っている状況では、どちらの方が好意的な返信が返ってくるのかは言うまでもありませんよね。

 

だからこそ、SNSで繋がっているのであれば、冷却期間後に連絡をする前の仕掛けを用意しておくのです。

音信不通のケースでは、先ほどもお話したように、連絡をしてみるしかありません。

 

連絡をしてみて反応がいまいちであれば、再度2、3ヶ月の冷却期間を置いて、もう一度連絡をしてみる。

元カノが新しい彼氏と付き合っていたとしても、結婚する可能性の方が圧倒的に低いわけですから、定期的に連絡を入れればチャンスはいつかやってきます。

 

そのチャンスをつかむことができるように、音信不通の場合は、定期的に連絡を入れてみるといいでしょう。

なお、冷却期間後の連絡でうまくアプローチに成功し、会うことができるようになった後の対応は下記の記事をご覧ください。

 

参考:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

元カノを惚れ直させるために重要なことを余すことなくお話していますから。

 

別れて1年後のアプローチということでうまくいくのか不安になるかもしれません。

しかし、もともと別れてしまっていたわけですから、失敗しても失うものはないわけです。

 

せっかく好きになった女性なのですから思いきりアプローチしてみることをおすすめしますよ。

男ならバカになれ!元カノを惚れ直させてしまいましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

別れて1年の元カノと復縁したいのであれば、いかに自然にアプローチをすることができるかどうかがポイント。

また、冷却期間中に元カノを惚れ直させることができるほどの魅力的な男になれているか、元カノの近況をリサーチすることが大事。

 

それができているのであれば、誕生日や元カノにしか聞けないこと、忘れ物の連絡などで自然に連絡を取ると良い。

その際も、SNSを更新しておき、元カノを興味付けさせておくとよい。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です