お互い泣きながら別れた場合は復縁できる?元カノと復縁の可能性がある別れ方とは?

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノから別れを切り出していたのに、泣いていたのはどうしてなんだろう。復縁したいけど、元カノもそう思ってくれていないかな。」

 

別れ際に別れを切り出したはずの元カノも泣いてくれて、「付き合えてよかったよ」なんて言葉をかけられたらついつい復縁できるんじゃ、と期待してしまいますよね。

確かに、お互い泣きながら別れた場合、元カノのあなたに対する評価はそこまで悪くないと考えていいでしょう。

 

ただ、だからといって、別れてすぐに元カノに復縁を申し出てもいいのかと言えば、それは話は別。

そもそも、それで復縁OKしてもらえたら別れるわけがありませんし、女性は長期間、考えに考えて別れを決意しますので、なかなかその決意を覆すことは難しいでしょう。

 

ただ、別れ方によって復縁のしやすさがあるのは事実です。

ということで今回は、元カノとの復縁において復縁しやすいケースや復縁の可能性が低い場合の対処法やポイントを徹底解剖していきます。

 

また、人によっては元カノにすがって嫌われてしまった方もいるでしょう。

しかし、私自身もすがって嫌われてしまったところから復縁できましたので、決して諦める必要はありませんよ。

 

ついつい不安になったり、ネガティブに考えてしまうと思いますが、下を向いていても復縁はできません。

しっかり前を向いて、「絶対に元カノと復縁してやるんだ!」という強い気持ちで復縁を目指していきましょう。

 

元カノとの復縁の可能性が高い別れ方はこの3つ!

お互い泣きながら別れた

冒頭でもお話したように、お互いに泣きながら別れてしまったケースは、比較的復縁できる可能性が高めと言っていいでしょう。

というのも、あなたとの恋愛は泣くに値するものだったということだからですね。

 

また、人によっては嫌われてしまったわけではなく、環境や海外転勤など自分たち以外に原因がある場合もあるでしょう。

このように、好意がなくなったことが別れの原因でないのなら、復縁できる可能性は高めと言えます。

 

ただ、だからと言って、いきなり復縁の申し出をするのは絶対にNG。

泣きながら別れたと言っても、別れたというのが紛れもない事実ですから、「元カノはまだ俺のことを好きでいるはずだ」という期待はやめましょう。

 

実際、もし元カノがまだあなたのことを好きなのであれば、そもそも別れることなんてなかったはずですからね。

ということで元カノにすがるのはNGで、まず連絡をしてみて、元カノの反応を伺ってみましょう。

 

その結果、元カノの反応がよくなければ、通常の復縁と同じように、冷却期間を設けて、しっかり自分磨きをして再アプローチを図っていきましょう。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

男性から彼女を一歩的に振った

あなたの方から女性を振り、女性が納得していない別れ方だったのであれば、復縁の可能性は低くないと言えるでしょう。

元カノがまだあなたのことを想っている限り、復縁の可能性はあると考えていいですよね。

 

しかし、女性は男性に比べると気持ちの切り替えが早いことで知られています。

女性が吹っ切れて、「突然振られて悲しい」から「突然振られて腹が立った」という気持ちの変化が起こる前に行動することが必須と言えるでしょう。

 

関連記事:自分から振ったのに元カノが忘れられない!後悔しているなら復縁を目指そう!

些細なことがきっかけの喧嘩別れ

喧嘩別れをすると、お互いの印象が良くないまま別れるので、復縁の可能性は低いと思われがちですよね。

しかし、喧嘩の原因がささいなことであれば、復縁の可能性は意外と低くありません。

 

別れ話をしているとき、どうしてもお互い興奮状態にあるので冷静な判断ができず、別れた後に後悔してしまう人は少なくないのです。

特に喧嘩別れは突発的な意思決定であることから、考えて考えて決断するわけではありません。

 

普通、元カノから別れを切り出されてしまうケースでは、長い期間、別れについて考えていて、その結果決断するため、その意思がひっくり返ることは少ないんですよね。

もちろん、「喧嘩別れ=すぐに復縁できるわけではない」ので、元カノの気持ちをよく見ながら、タイミングをみて謝罪を試みてください。

元カノとの復縁の可能性が低いときはどうすればいい?

 

先ほどご紹介したように、元カノとの復縁の可能性が高い別れ方はいくつか存在します。

先ほどのケースに当てはまったという人もいれば、当てはまらなくて落ち込んでいる人もいることでしょう。

 

では、女性から振られてしまった場合や、深刻な原因があって別れた場合は、復縁することはできないのでしょうか。

可能性としては、決して高いとは言えませんが、ゼロではありません。

 

もちろん「別れ方」が復縁に大きく関わっていることは確かですが、今後のあなたの行動次第で復縁できる可能性が上がっていくのも事実です。

実際、私自身も絶望的な状態から元カノと復縁することができましたし、かなり難しい状態から復縁に成功した人を数多く見てきましたからね。

 

ですから、諦めなければ可能性はあるわけで、その可能性を大きくあげるもあなた次第なんですよね。

 

私も絶望的な状況からの復縁でしたので、はっきり言えることは、復縁したいのか、したくないのか、です。

ですから、復縁の可能性が低いと判断したのなら、それはそれで前を向いて長期戦になることを覚悟して挑戦すればいいじゃないですか。

 

【※おすすめ記事はコチラ↓】

元カノと復縁したいならコレしかない!復縁経験者が語るヨリを戻す秘訣とは?

 

復縁を目指すうえで押さえるべきポイント!

 

復縁をするとなれば、冷却期間を設けて距離を置くという手法を用いることが王道中の王道です。

しかし、先ほど「復縁の可能性が高い別れ方」をしている場合、この冷却期間が必要でないことも少なくありません。

 

というのも、冷却期間の目的が、お互いが冷静になることや、自分磨きをしてアピールすることにあるからですね。

先ほどの3つのパターンは、女性の気持ちが大きく変わらないうちに動く必要があるので、冷却期間を設けることは逆効果になってしまうことが考えられます。

 

あなたと元カノの別れ方がどのパターンに該当するかをしっかり見極めてから、復縁のためのアクションを起こしましょう。

そのためにも、復縁を願うなら、別れの原因を追究することがポイントとなります。

 

別れ方が別れの原因に直結していることも多いので、原因を探ることは難しいことではないはずです。

ですから、その問題をしっかり解消した上で、連絡を取ってみて元カノの反応をみていきましょう。

 

もし反応がよければ、復縁に向けて徐々に距離を縮めていけばいいですし、逆に、反応が悪ければ、冷却期間を設けてください。

元カノとの復縁ではついつい感情的になってしまい自分中心になりがちですが、「元カノの気持ち」を第一に行動していくといいでしょう。

 

まとめ

 

元カノとの復縁の可能性は、別れ方によって左右されることが多く、最後にどんな印象を抱かせているがが重要。

もちろん、可能性が高いケースでも復縁できないことがあれば、可能性が低いケースでも復縁できることがありますので、決して諦める必要はありません。

 

むしろ、どんなケースだとしても「絶対に俺が元カノを幸せにしてやるんだ!」という強い気持ちを持つことが何よりも重要と言えるでしょう。

元カノのことが大好きでどうしても復縁したいと思うのであれば、バカになって思い切り復縁を目指してみてください。

 

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

 

 

なお、僕自身が復縁した体験談も包み隠さず公開していますので、ぜひあなたの復縁活動の参考にしてみてください。

【全4話】音信不通からでも復縁できた体験談を包み隠さず公開します。

 

 

 

      

   

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です