別れた直後の彼女にLINEを送るのはNG?元カノと復縁したいなら冷却期間を!

 

「元カノに連絡をしてもそっけない返信しか返ってこない。別れてすぐにLINEを送るのは逆効果なのかな?復縁するにはどうすればいいんだろう。」

 

大好きな女性に別れを告げられ、ついつい感情的になってしまい、元カノに連絡をしてしまうことがあるでしょう。

ただ、もし彼女の方から別れを切り出してきたのであれば、むやみやたらにアプローチをするのは逆効果になることがほとんどです。

 

特に女性は男性との別れを長い期間考えに考えて決断することから、別れた直後にLINEを送ったところで反応が薄いことが少なくありません。

また、仕事やスポーツ、勉強などと同じように、復縁にも復縁の王道のやり方というものが存在します。

 

ですから、感情に任せてアプローチをするのではなく、戦略的に最も復縁しやすい方法を採用して元カノとの復縁を果たしてやりましょう。

ということで今回は、別れて間もない彼女にLINEを送るべきでない理由や復縁に欠かせない「冷却期間」についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

別れてすぐに元カノに連絡するのはNG!その理由とは?

 

女性と別れてすぐは、失恋の傷が癒えないため、つい彼女に連絡をとりたくなってしまう男性は少なくありません。

別れてすぐは、まだ別れ話の余韻や興奮が残っている可能性が極めて高く、お互いに冷静に話をすることはできないでしょう。

 

また、あなたが元カノから振られた場合は、元カノにとってあなたからの連絡は気持ちの良いものではありません。

それがどんな他愛のない話題であっても、女性はあなたの「未練」を敏感に感じ取ってしまうでしょう。

 

そうなると、どうしても元カノに警戒されてしまい、復縁の見込みは下がっていく傾向にあります。

女性が抱いているあなたへのマイナスイメージを払拭するためにも、別れてすぐの連絡は控えるべきでしょう。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

復縁するための「冷却期間」の効果を知る!

 

復縁には欠かせないと言われるのが「冷却期間」ですよね。

冷却期間という言葉からイメージできるかとは思いますが、これは、あえて連絡を絶ち距離を置くことで、お互いの気持ちや関係を一度落ち着ける期間のことを指します。

 

復縁のカギとも言える冷却期間がもたらす効果として期待できるのは以下の4つです。

お互いが冷静になれる

先ほどもお話した通り、別れた直後というのは、まだお互いに興奮状態にあることがほとんど。

一見落ち着いたように思えても、連絡を取り合ったりすることで、また再燃して元カノに強いマイナスの印象を与えてしまうことだって少なくありません。

 

そこで連絡を絶つことで、「別れ」そのものをあなた自身と元カノのお互いがもっと冷静に受け止めることが必要なのです。

振った側も振られた側も、一旦離れることで客観的に現状を整理することができるでしょう。

抱かれているマイナスのイメージを和らげる

もしも別れの原因があなたにあるとしたら、女性がまだ嫌な気持ちを抱いている段階で連絡をしても、マイナスにしかなりません。

それが怒りや嫌悪などであれば、なおさら落ち着けるための時間が必要です。

 

「あの時は許せなかったけど、今となっては大したことじゃなかったな」と感じた経験はありませんか?

負の感情は時間をかければその分だけ自然と和らいでいくもので、実際に、人間には時間が経つことでマイナスの記憶をリセットしてくれる性質を持っています。

 

復縁においても、そういった気持ちの変化は大切です。

マイナスの印象を強く持たれていればいるほど、長い冷却期間が必要であり、この期間があるからこそ、再アプローチが可能になりますよ。

自分磨きで元カノを惚れ直させる準備ができる

 

復縁するためには、女性に「変わったね」と思わせることが必要不可欠であることは言うまでもありません。

振られた当時のままで、女性が嫌だと感じた部分をそのまま復縁を迫っても、もちろんYESの返事はもらえないでしょう。

 

冷却期間は、言い換えれば変身の期間でもあります。

内面にしろ、外見にしろ、その時間を使って、今よりも魅力的になることで、女性の気持ちを再び引き付けるきっかけを作り出すことができるでしょう。

再び会う時の「懐かしさ」を演出する

ある程度の冷却期間を経て、再び顔を合わせる機会を作ることができたとき、お互いになつかしさを感じるでしょう。

実はこのなつかしさは、復縁においてはとても重要なのです。

 

付き合っていた期間が長ければ長いほど、この懐かしさは大きな効果をもたらします。

頻繁に連絡をとっていれば決して感じることのできないこの感情を味方につけることで、復縁を叶いやすいものにすることができます。

 

しばらく連絡を絶つというだけで、こんなにも復縁のための効果があるのです。

好きな人と距離を置くことは、苦痛を感じるという人も多いかもしれませんが、冷却期間が持つ力は絶大であることを知っておきましょう。

元カノと復縁するためにとるべき冷却期間はどれくらい?

 

ここまでは、冷却期間が持つ驚くべき効果についてお伝えしてきましたが、読んできたあなたは一つの疑問を持ったのではないでしょうか。

それが、冷却期間の長さで、実際、どの程度の期間、元カノと距離を置けば復縁することができるのでしょうか?

 

それは、女性との別れ方や別れの原因によって少し差が出てきますが、一般的には、最低でも半年以上はあけるべきだと言われています。

「長すぎる!」と思った人もいるかもしれません。

 

しかし、冷却期間は長ければ長いほど、ふたりの関係をリセットすることができます。

一度距離を置くと決めたなら、思い切って長い期間をあけるようにしましょう。

 

なお、この冷却期間中は、趣味や仕事など恋愛以外のことに没頭するように努めてみてください。

元カノのことばかり考えて思いつめてしまうと、冷却期間がとても苦しいものにしかなりませんし、依存や執着から抜けきることができず、復縁にプラスに働きませんからね。

 

この時間を楽しめるかどうかで、元カノと次に再会したときに与える印象がとても違ってきます。

ただただ時間が過ぎるのを待つのではなく、熱中できるものを見つけたり、自分磨きに励んだり、自分なりにひとりの時間を楽しみましょう。

 

まとめ

 

復縁に欠かせないと言われる「冷却期間」ですが、今回はその効果についてじっくりとお伝えしました。

好きな女性と距離を置くことは苦しいことではありますが、少しの我慢が復縁の可能性をぐっと高めてくれます。

 

自分磨きなど、できることを見つけて、元カノへの新たなアピールのために頑張りましょう!

元カノとの復縁はいかにマイナスの印象を冷却期間でリセットさせて、自分磨きで成長した姿を見せられるかにかかっていますからね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です