復縁したい元カノに連絡したいけどちょっと待って!振られた側は待つべき?

 

「元カノと復縁したい、連絡したいけど、振られた側から連絡するのはやめた方がいいのかな。」

元カノに連絡しないことには復縁はできないわけですが、間違ってアプローチしてさらに嫌われてしまうのは避けたいところ。

 

でも、やっぱり連絡したい。

果たして、元カノに振られた側で連絡したいと思った時には連絡をしていいものなのでしょうか?

 

それとも、振られた側は連絡をせずに待つに徹する方がいいのでしょうか?

実際、振られてからのあなたの対応次第で元カノと復縁できる可能性は大きく変わりますので、じっくり読んで取るべき行動をとってみてください。

 

まずは元カノとの復縁において超重要なことをお話した上で、実際の連絡方法についてもお話していきますので、最後までお見逃しなく。

 

元カノに連絡したい!復縁したいなら振られた側は待つべき?

 

元カノに振られた側で連絡したいと思った時、連絡をしていいものか?それとも連絡をせずに待つべきなのか?

結論からいうと、連絡せずに待つ方が復縁の可能性が高くなるでしょう。

 

よくあるケースが元カノに振られてしまって感情的になり、何度も何度もしつこく連絡をとったり、復縁して欲しいとすがってしまうこと。

元カノからすれば「別れたい」と思って別れたはずなのに、「復縁して欲しい」とすがられたり、連絡をされても嬉しいものではありません。

 

最初こそ連絡を返してくれたり、優しく対応してくれていたのに、連絡を繰り返していくとドンドン冷たくなってしまいます。

そりゃあそうですよね、誰だって望んでいないことをされても嬉しくないですから。

 

元カノに振られたということは、元カノは悩みに悩んだ結果、「今のあなたとは付き合えない」という決断を下したわけです。

だからこそ、あなたはしつこく連絡をしたり、すがるのではなく、別れたことの感謝をして、しばらく連絡をしないのが一番いい選択になります。

 

実際、元カノとの復縁で重要なのは別れ方で、いかにいい印象を持たれるかが大きなポイント。

それゆえ、しつこくすがるのがNGで、何もせずにグッとこらえて待つことが大事なんですよね。

 

連絡をしないでじっと待つだけで、元カノの中では、「いい彼氏だったな」と思ってくれるようになります。

それにあなたが連絡をしないことで、元カノの中には「元気にしてるのかな?」という感情が生まれてきて、元カノの方から連絡をしてくることもあるのです。

 

また、別れ際に感謝を告げてプラスの印象を残しておけば、いざ時間を空けて連絡をする時にも、自然にコンタクトを取ることができるのも大きな魅力。

連絡を取らない期間、いわゆる冷却期間明けに自然とアプローチを取りやすくする意味でも、連絡をしない方が賢明と言えるでしょう。

 

何度も言いますが、別れたということは「今のあなたとは付き合えない」という決断をしたということですから。

そんな気持ちを持っている元カノに無理にアプローチをしたところで、うまくいかないのは知れていますので、じっと堪えましょう。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

元カノに振られたのなら振ったことを後悔させよう!

 

元カノに振られてしまった場合、連絡をしたい気持ちを抑えて待ちに徹することが何よりも重要です。

そうすれば、時間が経った時に元カノから連絡をしてくる可能性もありますし、冷却期間を置いたあとにアプローチをするとすんなり連絡を取ることもできます。

 

ただし、何もせずにぼーっと冷却期間を過ごすのは絶対にNG。

そもそも元カノに振られたということは、「今のあなた=彼氏失格」ということですからね。

 

連絡をせずに待っている時こそ重要で、振られてしまった原因を分析して反省すると共に、改善に努めましょう。

当たり前ですよね、何も変わっていない男と復縁したい女性なんているはずもありませんから。

 

それに、女性は子孫繁栄のために優秀な遺伝子を残したいという本能がありますので、復縁したいのであれば、付き合っていた時以上に魅力的な男になっておく必要があります。

そして、「別れるんじゃなかった」と元カノを後悔させるのです。

 

実際に、人間は手離したものが価値のあるものだとわかった時に、強烈に取り戻したくなるというゲインロス効果が存在します。

そう、あなたが付き合っていた時以上に魅力的な男になっていれば、元カノはあなたを猛烈に取り戻したくなるわけです。

 

猛烈に。

だからこそ、あなたがすべきことは元カノに連絡をすることではなく、元カノに別れたことを後悔させることなんですよね。

 

今はじっと我慢して魅力的な男になるべく、徹底的に男を磨いてチャンスを伺いましょう。

そして、連絡がきた時、冷却期間を終えて連絡する時に、「別れるんじゃなかった」と思わせてやってください。

 

そうすれば、元カノもあなたとの復縁を頭に浮かべるため、スムーズに復縁に繋げることができますよ。

連絡しても好意的な返信が返ってくるし、ご飯に誘ってもOKがもらえる、むしろ、相手の方から連絡をしてくることだってあるほどです。

 

振られてしまったのには、自分に原因があるわけですから、まずはそこを直して自分を磨く。

元カノが「別れるんじゃなかった」と思うような最高にかっこいいバカな男になってやりましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

別れた彼氏との復縁を考える女性の心理を知ろう!

 

元カノと復縁したいのであれば、そもそも女性がどんな時に別れた男性と復縁したいのかを知ることが重要になります。

当たり前ですよね、「いくらこちらが復縁を求めても元カノが復縁したいと思わなければ復縁は実現しない」のですから。

 

この事実を知らず、「熱意を伝えれば元カノは戻ってきてくれるはず」、「元カノはまだ自分のことを好きでいてくれているはず」と思って復縁を迫ったり、すがる人がいるのですがそれはNGなんですね。

だからこそ、今回の記事でも自分からすぐに連絡するのではなく、待つことが大事と話しているわけですが。

 

そもそも女性はじっくり考えた上で、別れる決断を下しますので、別れを決めた段階ではすでに冷めていることが多く、すがっても復縁できる可能性はほとんどありません。

ですから、冷却期間後に復縁の可能性を高める意味で、感謝を告げていい印象を持たせた上で別れるのが一番なんですね。

 

その上で、女性がどんな時に男性との復縁を考え始めるのかを知っておきましょう。

女性が別れた男性との復縁を考える瞬間、それは、別れた男性が付き合っていた時よりもはるかに魅力的になっていた時です。

 

それに加えて、別れた原因も改善しており、復縁、復縁と迫ってくることなく、余裕のある態度で話を聞いてくれた時なんですね。

そう、熱い思いを伝えられたら復縁しようと思うのではなく、別れたことを後悔して「この人とだったら復縁しても大丈夫だ」と思って始めて復縁できるのです。

 

ですから、あなたが元カノと復縁するためにすべきことは、元カノに連絡することではありません。

第一に冷却期間を設けて別れた原因を改善すること、第二に自分を磨き元カノを後悔させれる男になること、第三に元カノの理解者になることです。

 

第一、第二に関しては先ほどお話した通りですので、第三について取り上げていきます。

元カノと復縁するには復縁を迫るよりも話を聞くことが重要!

 

先ほどもお話したように、女性は「この人なら復縁しても大丈夫かも、本当に変わってくれたんだ」と思った時に復縁することができます。

つまり、あなたは元カノに対してそう思わせなければなりません。

 

そこで重要になるのは、自分磨きの変化はもちろんなのですが、元カノの話を聞いて理解者になることが必要不可欠です。

最初にはっきりとお伝えしておきますが、一方的に自分の復縁したい気持ちを伝えても、復縁することはできません。

 

なぜなら、元カノはその気になっていないからですね。

それに女性の恋愛感情は徐々に盛り上がっていきますので、いきなり告白されたり、すがってこられても、「じゃあ復縁!」とはならないのです。

 

元カノに連絡をして、会うことができるようになったとしても、決して焦ることなく、元カノの話を聞くことに徹していくことが何よりも重要になります。

というのも、女性は自分の話を聞いてくれる人に対して好感を抱くからですね。

 

自分磨きをして魅力的な男になったあなたが、復縁を迫ることなく元カノの話を余裕のある態度で「ウンウン」とゆっくり聞く。

元カノからすれば、「復縁を迫ってくるんじゃないか」と警戒しているでしょうから、あなたのこの態度には元カノも拍子抜けするはずです。

 

ゆっくりと元カノの話を聞いて モテる男のように余裕のある態度を見せて、「変わった!」、「別れるんじゃなかったかも」と思わせることができます。

そうなれば、いつでも連絡を取れるようになりますし、いつでも会うことができるようになりますので、焦る必要なんて一切なくなるんですよね。

 

そう、元カノが復縁したいと思うようになるまで、ゆっくりと関係を構築していけばいいのです。

そもそも女性は妊娠できる期限があり、復縁して同じように別れて時間を無駄にすることを嫌いますので、基本的に復縁に対して慎重なんですよね。

 

だからこそ、元カノに変化を感じさせて興味を持たせ、あとは焦らずにゆっくりと関係を構築していく方がいいということになります。

元カノとの復縁に失敗する人ほど、早く復縁したいがあまり、すぐに気持ちを伝えてしまうのですが、それはNG。

 

とにかく元カノの話を聞いて、理解者となることで、関係を構築していきましょう。

そして、復縁を切り出すタイミングは元カノから復縁に対して脈ありサインが出た時で、確実に復縁できると感じた時ということを頭に入れておいてください。

冷却期間後のアプローチ!どのような連絡を元カノに送ればいいのか?

 

さて、ここまでは元カノとの復縁において超重要なお話をしていきましたが、もちろん、冷却期間後のアプローチもご紹介いたします。

基本的には冷却期間中は自分磨きをしながら「待ち」で、元カノから連絡が来なければ自分から連絡を取らなければなりません。

 

その時に、どのような連絡を元カノに送ればいいのでしょうか?

もちろん、大前提として、冷却期間を最低でも3ヶ月、嫌われているのであれば、半年設けており、別れた原因も改善済み、自分磨きで魅力的な男になっていることをお約束してください。

 

冷却期間後に元カノにアプローチしていく際に重要なのは、どれだけ警戒されずに自然に連絡できるか、です。

そのため、最もおすすめのアプローチ方法は共通の友達がいれば、その友達に協力してもらい、飲み会などをセッティングしてもらうこと。

 

複数人での飲み会であれば、元カノも復縁を迫って来ないだろうと警戒が薄まるからですね。

また、共通の友達を交えていることで、気まずさも薄れますし、友達を交えて会話をしやすいというのも大きなメリット。

 

共通の友達がいるのであれば、ぜひ協力してもらって複数人での再会から連絡を取り始めて、直接会うようにしていくといいでしょう。

また、共通の友達はいないけど、SNSなどで繋がっている場合は、SNSで興味付けしていって、コンタクトを取ることをおすすめします。

 

具体的に言えば、冷却期間後から2、3週間に1回程度の頻度で嫌味にならないが充実している投稿をしていきましょう。

何かで結果を出した、頑張っている様子、プライベートが充実している様子など、イキイキしている投稿をして、元カノの興味を引いていくのです。

 

その上で、元カノの投稿にたまに「いいね!」をつけるなどして、接触を図っていきます。

元カノに「いいね!」をして相手からも「いいね!」が返ってくるようであれば、軽い内容でコメントをするのもいいでしょう。

 

SNSでメッセージを送るのは重たいですが、軽い内容で爽やかにコメントするぐらいであれば、許容範囲であることが少なくありません。

事前にSNSで興味付けをすることによって、相手の興味を引きつけることができていれば、反応もよくなりますよ。

 

SNSでのやりとりもいい感じだと思えば、気軽に連絡をしてもいいでしょうし、誕生日など自然に連絡できる機会を狙って連絡するのもいいでしょう。

このように、SNSで繋がっているのであれば、それをきっかけにアプローチしていくことができますよ。

 

ただ、もし共通の友達もおらず、SNSも繋がっていないのであれば、直接連絡する他ありません。

それでもいかに自然に連絡するのかが重要であり、連絡をする時には、元カノの誕生日や元カノにしか聞けない用事、忘れ物や事務連絡を通じて連絡してみるといいでしょう。

 

そして、その時の反応が好感触であれば、そのままLINEを続けてご飯に誘っていきます。

もちろん、そっけない態度を取られる可能性もありますので、その際には無理にアプローチするのではなく、もう一度距離を置いてアプローチし直すといいでしょう。

 

実際、元カノにも元カノの恋愛事情があり、タイミングも関係がありますので、タイミングによっては好感触の返信が返ってきて復縁に繋がることは少なくないのです。

いずれにしても決して焦らない、すがらないことを絶対条件に、最悪の事態を想定してアプローチしていくべきでしょう。

まとめ

 

元カノに振られてしまったら、連絡をしたいかもしれないが、グッとこらえて待ちに徹するべし。

というのも、すがったり、何度も連絡してしまうと元カノに嫌われてしまいかねないからで、できるだけ待ってマイナスの印象を抱かせない方がいいから。

 

実際、振られてしまったということは、「今のあなた=彼氏失格」ということであることから、別れた原因を改善したり、自分を磨く必要がある。

男を磨き魅力的な男になり、元カノに別れたことを後悔させることができれば、復縁の可能性は大きく引き上がる。

 

女性が別れた男性との復縁を決意するのは、男性が付き合っていた時よりもはるかに魅力的になっていた時ですからね。

その上で、一方的に熱意を伝えるのではなく、元カノの話を聞いて共感して、じっくりと関係を構築していくのが最善策。

 

元カノの理解者となり、「ああ、この人とだったら復縁しても大丈夫だ」と思われて初めて復縁できるわけで、決して焦ったり、独りよがりになってはならない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です