振られた彼女と復縁したい!元カノとやり直したいなら後悔させてやれ!

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「大好きな彼女に振られてしまった。なんとかして振られた元カノとやり直したいんだけど、どうすればいいんだろう。」

振られた彼女と復縁したいと思って連絡を取ってみたものの、反応が冷たく、復縁できる気がしない。

 

付き合っていた時、あんなに自分のことを好きでいてくれていたはずなのに、別れた後はどんどん冷たくなっていくと、どうしても焦ってしまいますよね。

 

中には「もう復縁できないんじゃないか」とネガティブになっている方もいるのではないでしょうか。

ただし、結論からいえば、彼女に振られてしまったとしても、復縁することはできます。

 

実際、私自身も元カノに振られて、しつこくすがってしまって音信不通になったこともあります。

ですが、最終的には復縁できました。

 

もちろん、辛いから元カノとの復縁を諦めるというのは一つの選択でもあります。

それでも、元カノのことが本気で好きで絶対に諦めきれないと思うのであれば、絶対に復縁を目指すべきでしょう。

 

だってねえ、せっかく好きになったわけですから諦め切れるわけないじゃないですか。

好きなら好きでいいんです、男ならバカになって元カノを惚れ直させて取り戻してしまいましょう。

 

では、どのようにして振られた元カノと復縁するのか?

 

振られた彼女とやり直すためには、女々しくすがったり、やり直して欲しいと懇願するのではありません!

元カノに別れたことを後悔させてやるのです。

 

振られた彼女と復縁したい!元カノとやり直したいなら後悔させてやれ!

 

振られた彼女と復縁したい、そう思って元カノに連絡をすると思います。

しかし、反応がそっけなかったり、返信が遅かったりと素っ気ないことが多いでしょう。

 

あんなに好きでいてくれたのに、ここまで冷たいとどうしても動揺してしまいますよね。

ただ、ここで冷たい反応をされるからと言って、決して焦ってはなりません。

 

焦って元カノを追いかけてしまうようなことをしてしまうと、元カノの気持ちはどんどん離れていきますので、一度冷静になりましょう。

 

そう、冷静になって考えてみてください。

女性は別れるまでずっと考えて考えて、決意が固まった時に男性に別れを切り出すのが普通なのです。

 

そのため、その決意は固いんですよね。

ですから、一度別れを決断すると、別れた直後は決意が固く覆らないことがほとんどなのです。

 

そして、普通に考えて欲しいのですが、元カノは「あなたとはもう付き合えない」と思って別れを決断したわけじゃないですか。

 

その元カノに対して、追いかけたり、しつこくすがってしまうと、どうしても嫌がられてしまうのが普通なんですよね。

 

「そんなことはない、元カノに熱意を伝えればわかってくれる」と思うかもしれませんね。

しかし、もしそうであれば、そもそも別れてないはずなのです。

 

実際に、元カノとの復縁でしつこくすがったり、追いかけることで復縁できたというケースはほとんどありませんから。

冒頭でもお話したように、振られた彼女とやり直すために重要なのは、元カノを後悔させることなんですよね。

 

そう、元カノを追いかけて復縁するのではなく、元カノに別れたことを後悔させて気持ちをこちらに向けるのです。

 

というのも、普通に考えたらわかると思うのですが、復縁だって恋愛ですから、大事なのは「元カノの気持ち」なんですよね。

ですから、元カノと復縁したいのであればまずは元カノの気持ちを考えましょう。

 

元カノに「別れるんじゃなかった」という気持ちにさせることが何よりも重要なのです。

 

そう、元カノの気持ちが最優先である以上、自分の感情を優先して元カノにすがったり、しつこくしてうまくいくことはないんですよね。

 

関連記事:振られた元カノから連絡がきた!連絡の内容から読み解く復縁の可能性と復縁方法!

 

元カノと復縁したいのであれば、元カノに別れたことを後悔させる。

そのためにすべきことは基本的に以下の通りです。

 

  • 冷却期間を設ける(できれば半年以上)
  • 徹底的に男を磨く
  • 元カノに変化を感じさせて興味を引く
  • 徐々に仲を深めていき復縁する

 

振られた元カノと復縁したい場合、先ほどもお話したように、元カノの気持ちは固くなってしまっているんですよね。

ですので、冷却期間を設けて、元カノのあなたに対するマイナスの印象をリセットしてもらうことが何よりも重要になります。

 

一般的には、3ヶ月〜半年程度。

できれば半年、もしあなたが嫌われてしまっているのであれば、最低でも1年の冷却期間を設けた方がいいでしょう。

 

この時に新しい彼氏ができるかも、忘れられるかもと思って不安になってしまうかもしれません。

でも、だからと言ってアプローチをしてもうまくいくことはないんですよね。

 

嫌な人に何をされてもいやと感じるように、マイナスの印象を持たれてしまっている以上、何をしてもマイナスになってしまうのです。

 

ですから、まずは印象をリセットしてもらうことが重要で、そのためにも冷却期間を設けることをおすすめいたします。

 

そして、この冷却期間のうちに徹底的に男を磨いておきましょう。

というのも、彼女があなたと別れることを決意したということは、「あなたとはもう付き合えない」と判断されたということですよね。

 

このように、彼氏失格の烙印を押されてしまうのは、依存してしまった結果なのです。

彼女中心になってしまった、感情的になって傷つけてしまったなど原因があるわけじゃないですか。

 

ですので、まずそれを変えなければ、そもそも話にならないわけです。

 

そう、元カノと復縁したいのであれば、彼氏失格の烙印を吹きとばさなければならないのです。

そういう意味でも、少なくとも付き合っていた時以上に魅力的な男になる必要があります。

 

男を磨いて、付き合っていた時以上に魅力的なあなたを見せて、元カノに変化を感じさせるんです。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

 

魅力的になったあなたを見れば、元カノは「あれ?どうしたんだろう?」とあなたに興味を示すようになります。

 

そうなったらチャンスですね。

そのまま仲を深めていけば、自然と復縁の流れになるはずです。

 

復縁で大事なのは、しっかりと冷却期間を設けてマイナスの印象をリセットして、自分を磨いておくことです。

これをしなければ、いつまでたっても彼氏失格のままですから復縁できる可能性はほとんどないんですよね。

 

また、女性は本能的に魅力的な男を求めるため、あなたが魅力的な男になれば、「別れるんじゃなかった」と後悔してくれます。

 

そして、人間には手放したものが価値のあるものだとわかると、猛烈に取り戻したくなる性質があります。

なので、あなたのことを追いかけてくるようになるんですね。

 

この性質をうまく利用すれば、復縁に近づけることができるでしょう。

このように、元カノと復縁するためには、女々しくすがっては絶対にダメです。

 

まず自分を見つめ直して魅力的な男になり元カノを後悔させる方がいいでしょう。

元カノのことが好きで忘れられないならそれでいいんです。

 

本当に好きなら、バカな男になって、魅力的な男になって、もう一度惚れ直させてやりましょう!

 

元カノを後悔させる奥の手は、振ったことを後悔させる言葉を残すこと!

 

元カノを後悔させるためには、冷却期間を設けて自分磨きに励むことが絶対に必要です。

ただ、冷却期間に入る前に元カノにあることをすることで、後悔する可能性を大きくすることができます。

 

それが、謝罪と感謝を伝えること。

 

元カノがあなたを振ったのなら、あなたは傷ついたのは自分だと思い、なぜ謝罪を?と思っているかもしれません。

しかし、まさにその感覚こそが元カノを後悔させることができる奥の手なのです。

 

謝罪と言ってもかしこまった内容でもなく、もちろん土下座をするわけでもなく、むしろ長文の堅苦しい謝罪はしない方がいい。

大事なのは、振られたあなたから謝罪と感謝を言われることで、元カノに誠意を感じて欲しいのです。

 

振られたのは自分が悪かったから、元カノの気持ちを理解してあげられなかったからだと、元カノよりも一歩土俵を降りることが大切。

 

そして、その言葉はシンプルだけど心がこもったものがいいですね。

「たくさん傷つけてごめん」

「〇〇の気持ちを分かってあげられなくてごめん」

 

そして、謝罪と一緒に感謝の言葉も伝えると、なお良いですよ。

「今までありがとう」

「別れることになったけど、〇〇と付き合えて良かったと思ってる」

 

ただ、こんな風にあなたが心を込めて伝えたとしても、元カノは受け入れてくれないかもしれません。

いえ、それが当然なのです。

 

別れて直後の頃は、あなたが何を言っても元カノにはマイナスな印象にしか受け止められないのです。

だから元カノから冷たい態度を取られたとしても、仕方ないことなのだと思っていた方があなたも気が楽ですよ。

 

誠意を込めたからといって期待をしない方がいい。

しかし、その誠意はきちんと報われる時がきます。

 

冷却期間を経て元カノの気持ちが落ち着いてきた時、あなたへのマイナスな印象は薄れているはず。

人の気持ちは、ずっと怒りや憎しみを持ち続けることはできませんから。

 

そんな時に思い出すのは、あなたが謝罪をしてくれ、感謝の言葉を伝えてくれたことなのです。

「そういえば、謝ってくれたな」

「私から振ったのに、あんな風に言われるなんて思わなかたった」

「今思えば、すごく良い彼氏だったのかも」

 

と元カノが思ったとき、あなたに冷たい態度をしてしまったことを後悔することもあるはず。

誠意をみせてくれた相手を邪険にするのは、人としてカッコ悪いですからね。

 

それに、振った彼女に対して謝り、ありがとうと感謝を伝える男は、女性からみたら男らしくカッコいいのです。

 

冷却期間は、元カノの気持ちをリセットする期間です。

マイナスからゼロにリセットして復縁に向かうことができる期間ですが、この時に少しでもプラスに思わせておきたいじゃないですか。

 

あなたが逃げずに元カノと向き合ったことが、のちに良い結果を生み出すことも。

元カノに、いずれあなたを振ったことを後悔させるきっかけになることも、あるかもしれませんね。

 

関連記事:振られた彼女と復縁したい!元カノとやり直したいなら後悔させてやれ!

 

元カノを後悔させる!最高の男友達になった時が元カノが後悔するとき!

 

元カノを後悔させるには、あなたを手放したことを強く感じさせればいいのです。

もちろんそれは、自分磨きをして魅力的な良い男になること。

 

実は、そこにプラスアルファして、もっとあなたと別れたことを後悔させることもできるのです。

それは、あなたが元カノにとって、良き理解者であり、良き相談相手になること。

そう、最高の男友達になることです。

 

男友達というと、恋愛相手に見られず、復縁から遠ざかってしまうように感じるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

 

復縁をするのに絶対に必要なのは、あなたへの信頼回復と安心感をもたせること。

「もう一度この人を信じてみよう」と思わせることなのです。

 

付き合う前の初めての恋愛関係の時は、信頼を得ることはそんなに難しいものではありません。

それ以上に、ドキドキやときめきを感じられれば「好き!」という気持ちで突っ走れたはず。

 

しかし、一度別れた相手にはそんな簡単にはいかず、不安と猜疑心がぐるぐると頭の中を駆け回るのです。

「また付き合ってもきっと上手くいかない」

「また同じことを繰り返してしまう」

 

と、ついネガティブな思考になるのが女性心理の特徴。

だったらまずは友達として距離を縮め、しっかりと信頼を回復させた方がいいと思いませんか?

 

初めは恋愛相手として思われないとしても、それはあなた次第で元カノの気持ちを変えることはできますよ。

 

元カノが悩んでいたら、誰よりも話を聞いてあげて寄り添ってあげたり。

復縁なんて重たいことは感じさせず、一緒にいる時間をとことん楽しませてあげたり。

 

また、他の人には気づかない元カノのちょっとした落ち込みも、元彼のあなたなら気づいてあげることができますよね。

そんな時に声をかけてあげることが、あなたの役目なのです。

 

元カノは、男友達として元彼のあなたに接していたから、自分の気持ちになかなか気づかないかもしれません。

しかし、あなたの存在の大きさを気づいたとき、元カノの気持ちは動き出す可能性は十分にあります。

 

「こんなに頼れる人だなんて思わなかった」なんて思わせたら最高です。

 

元カノは、「別れるんじゃなかったかも」と、少しずつあなたと別れたことを後悔するかもしれませんよ。

その後悔が大きくなればなるほど、復縁を考え始めることになるのです。

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

まとめ

 

彼女に振られた場合、彼女の中で考えて考えて出した結論であるため、どうしてもその決意をひっくり返すのは難しい。

「あなたとはもう付き合えない」と思って別れを告げたわけだから、追いかけるのではなく後悔させることが重要。

 

冷却期間をしっかり設けて、その間に徹底的に自分を磨いて、元カノを後悔させる。

そうすれば、元カノに「別れるんじゃなかった」と思ってもらうことができ、結果として元カノに追いかけてもらうことができる。

 

 

      

   

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です