元カノに復縁を断られたら諦めるべきなのか?冷却期間をおけば復縁できる?

 

「元カノに復縁をお願いしてみたけど、断られたし、『無理』と言われてしまった…もう復縁はできないのかな。」

確かに、元カノに復縁をお願いして断られてしまうと、誰でもショックを受けてしまいますよね。

 

しかし、結論から言えば、諦める必要は全くありません。

元カノに復縁を断られたとしても、冷却期間を置いて、正しいアプローチをしていけば、全く問題なく復縁することはできます。

 

実際に、僕も別れてから元カノに復縁をお願いしましたが、盛大に断れた挙句、嫌われた経験があるんですね。

それでも、元カノとヨリを戻すことができましたので、あなたも大丈夫です。

 

では、元カノに復縁を断られてしまった場合、これからどういう行動を取れば復縁できるのだろうか?

 

元カノに復縁を断られたら諦めるべき?冷却期間をおけば復縁可能か?

 

まず、意外な真実かもしれませんが、実をいうと、元カノに復縁を断られるというのはよくある話なのです。

というのも、普通に考えたらわかると思うのですが、元カノの立場に立ってみると、「もう付き合えない」と思ったから別れたわけですよね。

 

しかも、女性はバケツのように不満を貯めて貯めて、考えに考え、悩みに悩んだ結果、やっとのことで別れを切り出す生き物。

そこまで悩んだ決意をすぐに撤回する女性なんてそういないですよね。

 

そう、だから、元カノに復縁を断られてしまうというのは、実をいうと、いたって自然なこと。

それ以上に、もしあなたが復縁したいのであれば、元カノが今のあなたに「彼氏失格の烙印を押した」という事実を受け入れなければなりません。

 

そう、今のままじゃダメなんです。

元カノとの復縁が成功するパターンは、決まって「あれ、別れるんじゃなかったかも」と元カノに思わせることで可能になります。

 

そう、元カノとの復縁で重要なのは別れたことを元カノに後悔させること。

人間は手放したものに価値があるとわかると、取り戻したくなるから、その性質を利用するわけですね。

 

復縁を断られたのであれば、それ以上マイナスの印象を与えないように、冷却期間を設けて決して焦らない。

そして、その冷却期間で徹底的に自分を磨くのです。

 

元カノが別れたことを後悔するような、魅力的な男になるために。

また、しつこくすがってしまって嫌われてしまった、という方もいるでしょうが、大丈夫です。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

結局、女性は本能的に価値の高い男性、魅力的な男性を求めていますので、嫌われていたとしても、後悔をさせることができてしまえば、復縁できます。

それは僕自身もそうでしたし、その他にも多くの男性が復縁できていますので。

 

なお、一度復縁をお願いして断られてしまった場合や嫌われている場合は、最低でも冷却期間を半年以上は設けた方がいいでしょう。

理由はシンプルで、冷却期間を設けていないと、元カノがあなたのことを警戒してしまい、会うことさえできないから。

 

ただ、冷却期間を設けることで、元カノはあなたのマイナスの印象を時間の経過と共に忘れていくため、冷却期間を設けることでいくらでもチャンスは生まれるんですね。

人間の記憶は半年を目安に悪い記憶を消すようにできていますから。

 

冷却期間を設ける時に注意すべきことは、絶対に何も接触しないこと。

会うことはもちろん、一切連絡をしない、SNSも更新しない、とにかく音沙汰を見せないのです。

 

そうすれば、元カノの方も「あれ?どうしたんだろう?」と思ってくれることもあるんですよね。

そう、女性は追いかければ追いかけるほど離れるのですが、パッと止めると、こちらに興味を持ってくれるようになることもあります。

 

だからこそ、「半年間で元カノを惚れ直させる圧倒的に器の大きい男になる!」という思いで、バカなくらい徹底的に自分を磨きましょう。

これが元カノとの復縁において、最も可能性が高いパターンですから。

 

そして、冷却期間が終了したら、さりげなく自然な感じで元カノに連絡をします。

そう、警戒されないように誕生日LINEや元カノにしか聞けない内容などのLINEを送るのが好ましいでしょう。

 

冷却期間が終了した後の元カノへのアプローチ方法は元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?で詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

何度も言いますが、元カノとの復縁は断られて当たり前なのです。

悩みに悩んで決めた元カノの決意をひっくり返すためには、口だけではなく、行動で示す必要があります。

 

それが自分磨きであり、冷却期間後にアッと驚かせるのが何よりも重要なんですね。

そう、元カノと別れたからといって、落ち込んでいる場合じゃないし、下を向いている場合じゃないんです。

 

そんな下向きなあなたをみて、元カノは「やっぱり復縁したい」と思ってくれるでしょうか?

思わないですよね。

 

そう、元カノと復縁したいのであれば、元カノがヨリを戻したいと思うような魅力的な男になる必要があるんです。

だからこそ、男ならバカになって徹底的に自分を磨き、後悔させてやりましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

元カノに復縁を断られたとしても諦めない人が最後には勝つ!

 

先ほどもお話したように、元カノに復縁をお願いして断られてしまうということは少なくありません。(というかほとんどです)

というのも、そもそも女性が復縁を考える瞬間というのは、別れた男性が付き合っていた時よりもはるかに魅力的になっていた時だからですね。

 

もちろん、別れの原因がしっかりと改善できていることは当たり前の話。

このように、男性が別れてから魅力的な男になった姿をみて、「別れるんじゃなかったかも」、「今の彼となら大丈夫」と思えて初めて復縁できるんですよね。

 

それに女性は妊娠できる期限があることから、別れを決意した男性とすぐに復縁して、また別れてと時間を無駄にすることをものすごく嫌います。(本能的に)

ですから、元カノが復縁に対して消極的であり、復縁を断ってくることは、実をいうと、いたって自然なことなんですよね。

 

復縁に失敗する男性ほど「熱い気持ちを伝えれば彼女は戻ってきてくれるはず」、「まだ俺のことを好きでいてくれているはず」と大いなる勘違いをしています。

そもそも、それで復縁できていれば、元カノだって別れを決意しませんから。

 

実際、復縁を申し込んで断られてしまったわけで、復縁をすがっても、熱い気持ちを伝えてもうまくいかないということはわかったでしょう。

そもそもなぜ復縁を断られてしまうかというと、「あなたが復縁したい」わけで、「彼女の気持ち」は復縁に向いていないからです。

 

そう、彼女は復縁したいと思っていないんですよ。

それに対して、「復縁して欲しい」と伝えたところで、うまくいかないのが普通なんですよね。

 

元カノと復縁する上で、現状を理解することは非常に重要なので、あえて厳しい言葉でお伝えさせていただきましたが、これが真実で、これを理解できていないと復縁はできません。

そもそも復縁も恋愛であり、恋愛は相手の気持ちがあって初めて成り立つものですからね。

 

つまり、元カノと復縁したいのであれば、一方的に気持ちを伝えたり、復縁をせがむのではなく、元カノに復縁したいと思わせることが重要なのです。(※これ超重要)

そう、あなたが変わることによって元カノの気持ちを変えていくわけですね。

 

付き合っていた時のあなたの態度、生き方をみて元カノは別れを決意したわけですから、復縁もそれと同じで、あなた自身が態度、生き方を変えて、元カノの気持ちを復縁に向ける必要があります。

そして、それを実現させることができるのが、冷却期間と自分磨きなんですよね。

 

どうでしょうか、これでどれだけ冷却期間と自分磨きが大事なのかわかったのではないでしょうか?

別れた直後、元カノのあなたに対する気持ちはマイナスイメージが強いため、冷却期間を置いて感情をリセットすることが重要になります。

 

その上で、あなたと別れたことを後悔させて、「今のあなたなら大丈夫かも」と思わせるためにも、冷却期間でしっかりと自分を磨くことが重要になるわけですね。

実際、有名な復縁エピソードに中日ドラゴンズの又吉選手の話があります。

 

彼は大学時代にプロ野球に行くか社会人になるか迷っていたそうなのですが、その時に付き合っていた彼女に「あなたと一緒に歩む将来が見えない」と言われて振られてしまうんですね。

もちろん、落ち込んだ又吉選手、復縁しようと連絡をしてもスルーされてしまう。

 

悔しい、元カノを見返してやりたいと思って一念発起して、野球にのめり込んでなんとプロ野球選手になってしまったんですね。(当時は社会人になるのが濃厚だった)

そして、球団に入団会見をした時、なんと、当時振られた元カノから連絡がきたのです。

 

それだけではありません。

過去に付き合った元カノ全員から連絡がきたようで、まさに女性は本能的に魅力的な男を求めることを象徴するエピソードとなりました。

 

まあ、結局、そういうことなんですよね。

付き合っていることに満足して女性中心の生活になって自分を磨かない男だったから振られたわけで、逆に、自分を磨いて魅力的な男になれば、元カノから求められるわけです。

 

幸いなことに、女性は本能的に魅力的な男を求めますから、我々がバカな魅力的な男になれば、いくらでもチャンスはあるわけですよ。

元カノがいないことに落ち込んだり、女々しくすがる暇があれば、元カノが復縁したいと思うような男になる、これが一番なんですよね。

 

実際、ここまで数多くの復縁志望者を見てきましたが、元カノのことばかり考えている依存的な男性ほど復縁できず、自分を磨いて元カノを惚れ直させると頑張った男性ほど復縁できていますから。

これが真実なんですよ。

 

早く復縁したい気持ちもわかりますし、焦るかもしれないのですが、そもそも元カノの気持ちを振り向かせられない以上、復縁はできないわけですよ。

ですから、遠回りに見えようとも、「絶対に復縁できる」と信じて、冷却期間で自分を磨きまくるのが一番なのです。

 

そのため、基本的に元カノとの復縁は長期戦ですよ。

今の元カノの態度を見て復縁できないかもと思うかもしれませんが、それは別れてすぐなので当たり前じゃないですか。

 

結局、どれだけ自分を磨いて魅力的な男になり、元カノをアッと言わせられるかに尽きます。

短期的な視野ばかりで今しか見えずに落ち込むのではなく、長期的な視野を持って、元カノを振り向かせるために今を頑張る人に復縁の女神は微笑むのです。

 

ですから、元カノに復縁を断られたとしても、諦めない人が最後には勝つようになっているんですね。(もちろん、100%ではない)

実際、時間が経てば、あなたの気持ちにも余裕が生まれますし、その余裕が元カノを惹きつけますからね。

 

諦めずにバカな男になって元カノを惚れ直させてやりましょう。

元カノとの復縁では熱意よりも余裕のある共感が重要!

 

「元カノと早く復縁したい」と思うがあまり、元カノに気持ちを伝えたり、復縁を求めてしまう男性がいるのですが、それはNGです。

先ほどもお話したように、女性は妊娠できる期限があるため、別れた原因が改善されており、付き合っていた時以上に魅力的な男性になっていないと復縁に踏み切れないからですね。

 

それに、元カノとの復縁に失敗する人ほど、元カノに思いを伝えればいいという大いなる勘違いをしています。

別れた直後でマイナスイメージを持っている女性に熱い思いを伝えたところで、もっと嫌われてしまうのが現実でしょう。(実際、それで元カノに嫌われる、避けられる男性は少なくない)

 

そのため、元カノに熱い思いを伝えるのはNGで、あなたが復縁するためにすべきことは、余裕のある態度で元カノの話を聞いて共感することだと覚えておいてください。

一方的に思いを伝えるのではありません、元カノの話を聞くんです。

 

意外かもしれませんが、これが元カノとの復縁で最も効果のある戦略で、話を聞いて距離を縮めることに成功した男性はほとんど復縁できています。

なぜならば、そもそも女性は自分の話を聞いてくれる人が好きだからですね。

 

それに、元カノからすれば復縁を迫られるんじゃ…と警戒しているわけで、それなのに、復縁を迫ることなく、余裕のある態度で話を聞いてくれたとなると、興味を持たざるを得ないのでしょう。

実際、話を聞くことで男としての余裕を感じさせることができますからね。

 

元カノに一方的に復縁を切り出すのは自分勝手と見なされますが、元カノの話をゆっくり聞いて、共感すれば「私のことをわかってくれてる」と思うようになります。

これこそがまさに、元カノの気持ちを変えるという行動そのものなんですよね。

 

元カノの話を余裕のある態度で聞いて距離を縮めていくという地味な積み重ねでこそ、元カノは初めて「変わったかも、今なら復縁できるかも」と思ってくれるようになるわけです。

何も戦略を持たずに復縁を切り出すのは愚の骨頂で、元カノが復縁したいと思えるような男になることを目指し、共感で関係性を構築していきましょう。

まとめ

 

元カノに復縁を断られたとしても、全く問題なく、復縁することは可能。

そもそも女性は考えに考えて決断するため、復縁を断られるのは当たり前のこと。

 

もしあなたが元カノと復縁したいのであれば、しっかり冷却期間を設けて元カノに「別れるんじゃなかった」と後悔させる必要がある。

だからこそ、下を向いている暇はない。

 

元カノを後悔させるべく、冷却期間に徹底的に男を磨きましょう。

そもそも女性が別れた男性と復縁したいと思う瞬間は、その男性が付き合っていた時よりもはるかに魅力的な男になっており、「今なら復縁してもいいかも」と思った時ですからね。

 

一方的に思いを伝えれば復縁できるほど甘いものではなく、戦略的に元カノに復縁したいと思わせることが復縁のキモなのです。

熱い気持ちを伝えたり、すがったりするのではなく、余裕のある態度で元カノの話を聞いて、理解者になることこそが、復縁のカギとなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です