復縁したい元カノにご飯や会うのを断られたらどうすべき?断られない誘い方!

 

ヒロシ
下を向くな、前を向け。

元カノが復縁したくなるようなデカい男になって振り向かせてやろう。

 

こんにちは、『男ならバカになれ』のヒロシです!

 

「元カノをご飯に誘ったのに、会うのを断られてしまった。復縁はもう無理なのかな?」

勇気を出して元カノをご飯に誘ったのに、断られてしまうと、どうしてもショックでネガティブになってしまいますよね。

 

ただ、元カノからすればあなたとはすでに別れてしまっている関係ですので、実を言うと、断られてしまうのはいたって自然なことなのです。

そして、ご飯や会うのを断られたとしても復縁できるというのも紛れもない事実になります。

 

実際に、私自身も完全に嫌われてしまって、会うのを拒絶された状態から復縁できましたからね。

では、ご飯や会うのを断られてしまった状態から復縁するためにはどうすればいいのでしょうか?また、断られない誘い方をするにはどうすればいいのでしょうか?

 

復縁したい元カノにご飯や会うのを断られたらどうすべき?

 

元カノと復縁するためにはLINEだけではなく、ご飯や遊びに誘わなければなりません。

ですから、元カノを誘うというのは避けては通れない道になるわけですが、別れてすぐに誘ってしまうと断れてしまう可能性が非常に高いでしょう。

 

というのも、別れた直後はどうしても、あなたに対するマイナスのイメージが残っていることから、誘っても元カノが乗り気ではないことが多いんですね。

ですから、別れた直後にご飯や遊びに誘うのは基本的にNG。

 

ただ、元カノから連絡がきたり、元カノからご飯や遊びに誘ってくる場合は、脈ありの可能性が高いので、遊びに行って話をフンフン聞いて理解を示してあげてみてください。

それ以外のケースでは、別れた直後に誘うのではなく、冷却期間をしっかり設けた上で誘うようにしましょう。

 

もしあなたが元カノに完全に嫌われてしまっているのであれば、最低でも1年の冷却期間を設けることをおすすめいたします。

嫌われていない、普通にLINEをすることもできるし、相手も普通に接してくれるのであれば、半年間の冷却期間を設けてみてください。

 

冷却期間とは、マイナスの印象をリセットしてもらうために設けるもので、連絡やSNSの更新など一切の接触を避けるもの。

冷却期間を設けることで「忘れられたらどうしよう」とか「新しい彼氏ができたらどうしよう」と思う方もいるでしょう。

 

しかし、結論から言えば、別れを決断したということは少なくともあなたにマイナスの印象を持っているということであり、それをリセットしなければ復縁できないのです。

また、新しい彼氏ができたとしても、その彼氏より魅力的な男になって取り戻してしまえばいいだけの話なんですよね。

 

いずれにしても、元カノと復縁する可能性を最大まで高めたいのであれば、冷却期間を設けるのが一番ですよ。

 

【※本気で復縁したい方はこちら】

現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気”の元カノ復縁講座

 

 

ただ、冷却期間を設けた上で、元カノを誘ったんだけど断られてしまったという方もいるでしょう。

その場合は、もう一度、3ヶ月〜半年の冷却期間を設けて、下記の方法で誘ってみてください。

元カノに断られない上手な誘い方とは?復縁するためにすべきこと!

 

元カノを誘いたいんだけど、男なら誰しも、断られずに上手に誘って、復縁まで繋げたいと思うものですよね。

結論から言えば、100%うまくいく誘い方なんてものは存在しません。

 

ただ、OKがもらえる可能性の高い誘い方というものは存在します。

それは、先ほどもお話した通り、まず冷却期間を設けて元カノの印象をリセットしておくことが第一条件。

 

そして、冷却期間の間に徹底的に自分を磨いて、元カノが復縁したいと思えるような男性になっておくことが第二。

その上で、元カノを誘う前にすべきことがあります。

 

それは、元カノに興味を持たせること。

普通に考えてみて欲しいのですが、誰だって興味のない人とご飯なんていきたいと思いませんよね。

 

ですから、元カノに断られないようにするためには、できるだけ元カノの興味のフックを引いておくことが何よりも重要なのです。

元カノの興味のフックを引くためには、共通の知人がいれば、共通の知人からあなたが魅力的になったというプラスの情報を流してもらいましょう。

 

その流れで、共通の知人とあなたと元カノでご飯に行くセッティングをしてもらうのもいいですね。

 

もしくは、あなたが元カノを誘う時にも、2人きりで会うのではなく、共通の知人と一緒にご飯に行こうと言う誘い方をしてみるといいでしょう。

そのほうが元カノからすれば、警戒心も薄まりますので、誘いに応じてくれやすくなります。

 

また、もし共通の知人がいない場合は、SNSを利用します。

冷却期間中には一切SNSを利用していなかったわけですが、冷却期間後に、何か大きな結果を出したような更新をして興味を引くわけですね

 

別れた男性の日々が充実していたら、元カノからすれば気になるものですから。

こうして事前にSNSで興味のフックを引いておけば、いざ元カノに連絡する時に、元カノが興味を持ってくれていますから、誘いに応じてくれやすくなるのです。

 

ただ、いきなり一度にやってしまうとやらしいので、SNSの更新は2週間に1度程度にしておいて、更新して1ヶ月後くらいに誘うようにしてみてください。

 

ただ、SNSも繋がっていない、共通の知人もいない、という方もいるでしょう。

その場合は、興味のフックを持たせるのがなかなか難しいため、どうしても直接連絡をするしかありません。

 

その場合は、できるだけ自然な内容で連絡をすること。

誕生日や何か元カノに聞かなければならない用事などで連絡をして、自然な形でコンタクトをとってやりとりをしてみてください。

 

もしやりとりを続けて好感触なのであれば、そのままご飯に誘ってみるといいでしょう。

反応が薄かったり、冷たければ、誘っても断られる可能性が高いため、もう一度、冷却期間を設けてみてください。

 

単純に、元カノのタイミングが悪くて反応が悪いということもありますからね。

何度か連絡をして元カノのタイミングが合えば、自然とご飯にいくことができるでしょう。

 

【※おすすめ厳選記事はこちら】

本気で元カノと復縁したいのであれば絶対に読んでおきたい厳選10記事!

 

まとめ

 

元カノをご飯や遊びに誘っても、断られてしまうのは、別れているのだからいたって自然なこと。

もしご飯に誘ってOKをもらいたいのであれば、しっかり冷却期間を設けて、印象をリセットしてもらった上で誘うのが一番。

 

あなたと元カノとの間に共通の知人がいれば、いい情報を流してもらったり、一緒にご飯に行くなどするとベター。

SNSで繋がっているのであれば、SNSで充実したところを見せて興味のフックを引くといい。

 

 

ヒロシ
↓元カノを惚れ直させる
“最強の武器”を限定解禁しました!

 

 

なお、僕自身が復縁した体験談も包み隠さず公開していますので、ぜひあなたの復縁活動の参考にしてみてください。

【全4話】音信不通からでも復縁できた体験談を包み隠さず公開します。

 

 

 

      

   

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です