元カノと本気で復縁したい!別れてすぐ復縁を迫るのがNGな理由とは?

 

「元カノとどうしても復縁したいけど、連絡してもそっけなくされてしまうし、どうすればいいかわからない。」

元カノのことが好きであればあるほど、連絡したい、早く復縁したいと思うものですよね。

 

少し前までは愛し合っていたのだから、少し粘れば彼女の気持ちを動かせ、復縁してくれるかもしれないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、はっきり言いますが、その考えは危険です。

 

というのも、女性は考えに考えて別れを決断するため、あなたが想像している以上に決意は固いものだからですね。

実際、私自身もこの考えを持って、別れてすぐに元カノにすがったのですが、嫌われてしまっただけでうまくいきませんでした。

 

結論、あなたのことを好きで、一緒にいたいと思っていたのは彼女にとってはもう過去の話ですので、むやみやたらに復縁を迫ることはおすすめしません。

元カノが復縁したいと思う瞬間とは、復縁を迫られた時ではなく、あなたと別れたことを後悔した時なんですよね。

 

ですので、元カノの気持ちがあなたに向いていないのに、以前と同じ態度で接したり、まだ好きでいてくれているはずだと決めつけて復縁を迫るのは非常に危険なのです。

あなたには本気で元カノを取り戻して欲しいので、今回は改めて別れた後に元カノに復縁を迫るのがNGである理由を徹底解剖していきます。

 

なお、すでに元カノにすがってしまってマイナスの印象を与えてしまったという方もいるでしょう。

ですが、私自身も嫌われたところから元カノを惚れ直させることができましたので、大丈夫です。

 

これからの行動を変えて、元カノに別れたことを後悔させるような男になり、惚れ直させてやりましょう。

 

別れてすぐに元カノに復縁を迫るのがNGな理由!

気持ちが冷めている時のアプローチは彼女にとって負担にしかならないため

あなたと別れたということは、今、彼女の気持ちは冷めていたり、場合によっては嫌われてしまっている可能性が少なくありません。

普通に考えてみて欲しいのですが、興味のない相手からの復縁アプローチをされるというのは、やはり気持ちのいいものではありませんよね。

 

心が揺らぐということも、中にはありますが、ほとんどの場合、冷めた相手から別れてすぐにアプローチされていい印象を与えることはできないでしょう。

別れた後は、自分の心を落ち着けたいという思いがあったり、気まずくなることも嫌だし、会うこと自体がストレスになることがあるため、別れた相手とはしばらく距離を置きたいと思うもの。

 

彼女の感情がそんな中にある時に、いくら復縁したいとアプローチをしても、聞き入れてもらえない可能性の方が高いのは言うまでもありません。

また、あまりにもしつこい場合には、もう関わりたくないと嫌われてしまったり、より距離を置かれることも。

 

私自身もしつこくすがってしまい、元カノに嫌われてしまいましたからね。

このようなリスクを考えると、やはり別れてすぐに復縁を迫るのはやめておいた方が無難と言えるでしょう。

 

 

今、元カノに素っ気なかったり、冷たい態度を取られてしまうと、「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできるわけありませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だから。

ということは、つまり、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるということなんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実になります。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

彼女の別れたいという意思を、別れた後すぐに覆すのは難しいため

女性が別れを決断するのには勇気がいるもの。

なぜなら、女性は結婚や妊娠適齢期と呼ばれる期間もあり、年を重ねるに連れて需要が少なくなってしまうという事実があるからですね。

 

ですので、少なからず「この男性を本当に逃しても良いのか?」という部分をしっかりと見極めた上で決断するわけです。

その上で別れという道を選んだのですから、彼女にとってあなたは過去の男性であって、もう恋愛対象には見られていない可能性が少なくありません。

 

もちろん、彼女からすれば時間を掛けて決断を下すのですから、その意思をすぐに覆すはずもないんですよね。

また、女性は恋愛に比較的前向きで、過去の恋愛もさほど引きずらない傾向にあります。

 

やはり、本能的に早く次の男性を見つけようという意思が働くのでしょう。

このように、彼女から別れを切り出されたのであれば、すぐにそれを覆すのは難しいことが言えるでしょう。

 

だからと言って、復縁できないかと言うとそうではありません。

別れてすぐはあなたに対してマイナスの印象を持っているわけですが、冷却期間を設けることでその感情をリセットすることができます。

 

ですので、冷却期間を設けて、元カノの感情をリセットしてもらうことが第一。

さらに、その冷却期間のうちにあなた自身は男を徹底的に磨いて、元カノに「別れるんじゃなかったかも」と思わせれるようにしましょう。

 

私自身がすがって嫌われてしまったところから、元カノと復縁できたのも、結局これなんですよね。

付き合っていた時以上に魅力的な男になって、元カノを後悔させることができたから、復縁できたわけです。

 

ですので、今は辛い、しんどい、苦しいかもしれませんが、「絶対に振り向かせるぞ」という強い気持ちを持って男を磨いておきましょう。

関連記事:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

あなたが変わってこそ復縁の確率が上がるため

先ほど、女性は別れるまでに色々と考え抜いた上で決断を出しているということをお伝えしました。

ということは、付き合っている間にも、元カノはあなたの言動を観察しており、別れの原因が改善される見込みはないと思われてしまったために最終的に別れという道を選んだわけですね。

 

それゆえ、元カノと復縁するためには、彼女のその思い込みをこちらが覆す必要があるのです。

もちろん、人は短期間でガラッと変わることができないため、別れてすぐにあなたがその原因を改善して、彼女の信頼を取り戻すことができる可能性は少ないでしょう。

 

また、元カノからしても別れたあとはあなたに対してマイナスのイメージを強く持っていますからね。

つまり、元カノの気持ちを落ち着かせるためにも、あなた自身が別れた原因を改善して魅力的な男になるためにも、冷却期間が必要になるわけです。

 

結局のところ、復縁を迫るのにも、正しい順序があります。

すぐに復縁を迫るよりも、自分磨きをしてしっかりと準備を整えてからの方が断然上手くいく確率は高まりますので、賢くアプローチしていきましょう。

 

何度もお話するように、私自身も別れた原因を改善して、男を磨いたからこそ、元カノを取り戻すことができたのです。

このことからも、結論、元カノに「別れるんじゃなかったかも」と思わせることこそが、復縁の道を拓くことになるんですよね。

 

元カノに別れたことを後悔させることができれば、彼女の気持ちはあなたに向き始めます。

その結果として、元カノに連絡しても好感触な返信が返ってくる、ご飯に誘ってもOKがもらえる、むしろ相手から連絡がくるということもあるわけです。

 

これこそがまさに、「元カノの反応をガラッと変える強者の復縁戦略」でもあります。

結局のところ、復縁も恋愛であり、女性は本能的に魅力的な男を求めるわけですから、器のデカい、いい男になってしまえばいいんですよね。

 

そう、もうね、元カノのことが本気で好きなのであれば、バカな男になって、元カノを後悔させてやればいいんですよ。

男ならバカになって、元カノを惚れ直させてやりましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノに復縁をすぐに迫るのがNGな理由は以下の通り。

 

  • 気持ちが冷めている時のアプローチは彼女にとって負担にしかならないため
  • 彼女の別れたいという意思を、すぐに覆すのは難しいため
  • あなたが変わってこそ復縁の確率が上がるため

 

復縁には、タイミングが重要であり、少なくとも、彼女に振られてすぐに復縁を迫るのはNG。

今は復縁に迫っても良い時期か?しっかりと検討してから復縁に挑みましょう。

 

また、元カノとの復縁の可能性が最も高いのは、元カノにあなたと別れたことを後悔させた時です。

ですので、「別れるんじゃなかったかも」と思わせることができるような、器のデカいバカな男になってやりましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です