元カノと復縁して結婚したい!ヨリを戻してプロポーズを成功させる流れ!

 

「結婚まで考えた元カノのことが忘れらない。なんとか元カノと復縁して結婚したいんだけど、どうすればいいんだろう。」

結婚まで考えていたわけですから、どうしても元カノと別れてしまった自分に後悔してしまうものですよね。

 

考えれば考えるほど元カノしかいない、と思う気持ちもものすごくよくわかります。

実際に、私自身も過去に元カノに振られてしまい、同じように「元カノ 復縁」と検索しては抜け殻のような日々を送っていましたから。

 

当初はしつこくすがってしまって嫌われてしまい、音信不通にまでなってしまいました。

それでも、決して諦めることなく、「絶対に復縁してやる」と信じて止まなかったからこそ、元カノと復縁できたんですよね。

 

だからこそ、あなたも結婚を考えたほどの女性なのであれば、やはり復縁に向けて動きだすべきでしょう。

それにあなたが結婚まで考えるということは、元カノにとっても付き合っていた時、あなたという存在は大切な存在だったのではないでしょうか?

 

いい付き合いができたのであれば、元カノもそう思ってくれているはずですから、復縁できる可能性も自然と高くなるものです。

あと、大事なのは、あなたが復縁したいか、したくないのか、たったそれだけでしょう。

 

もしあなたが元カノと復縁したいのであれば、それに向かって真っ直ぐ突き進み、元カノを惚れなおさせてやりましょう。

もちろん、元カノが完全に冷めていたり、冷たい態度を取られる場合、マイナスな気持ちになるかもしれません。

 

しかし、私も音信不通になってしまったところから復縁できましたので、あなたも大丈夫ですよ。

元カノを見返して、惚れ直させてやればいいんです。

 

ということで、今回は元カノと結婚するために、ヨリを戻してプロポーズするまでの流れをお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

冷却期間を設定して、元カノと復縁とする準備をしよう

 

復縁において、冷却期間はやはり非常に重要な役割を果たしています。

あなたも検索をして様々な復縁サイトを見ると思うのですが、ほとんどサイトに冷却期間が大事と書かれていますよね。

 

ということは、それほど冷却期間は復縁においてなくてはならないものだということです。

もちろん、早く復縁したい気持ちはわかるのですが、復縁において重要なのは元カノの気持ちですから、元カノの気持ちがあなたに向いていない間はアプローチをしても逆効果になってしまいます。

 

その反面、冷却期間を設けることによって、あなただけでなく元カノも冷静になることができるのが大きなメリット。

そして、あなたがその時間を自分磨きなどに有効に使うことで、より自分の価値を高め、復縁の可能性を高めることが可能になります。

 

冷却期間と言っても短いものでは1ヶ月程度から、長いと数年単位のものまであり、まずは自分に適した冷却期間を見極めることが重要ですね。

もし相手から連絡がくるなどマイナスの印象を持たれていないのであれば、1ヶ月〜3ヶ月程度、一般的な冷却期間は半年。

 

嫌われている、しつこくすがってしまったなどであれば、1年程度の期間を設ける方が好ましいでしょう。

結婚やプロポーズを見据えた復縁であれば、なおさらこの冷却期間を正しく、有効に使うべきです。

 

そもそも、元カノに振られてしまったのであれば、何かしら原因があるはず。

そして、女性には妊娠できるリミットがありますので、原因が直っていない男性とヨリを戻そうだなんて思うことはありません。

 

だからこそ、別れの原因の改善をするのは冷却期間にすべきことの基本中の基本なんですよね。

また、復縁するだけでなく、結婚対象としても見てもらうためには、あなたにどれだけ異性としての魅力があるか?将来一緒にいて幸せになれそうか?といったところも気づかせる必要があります。

 

そのためにはあなた自身が男を磨くことは必須中の必須。

結婚を意識しているのであれば、彼女に結婚相手として申し分無い、安心出来る相手だと思わせることが出来るように、居心地の良い空間作りであったり、経済的な面もきちんと磨いておく必要があるでしょう。

 

やはり、プロポーズが本気であることを示すには言葉だけでは足りない部分があります。

それに別れた女性の心を振り向かせるには言葉よりも行動の方がはるかに信頼に足るんですよね。

 

お金の準備が出来ていたり、仕事の立場環境であったり、自分の身の周りの環境を整えていてこそ、プロポーズの本気度も伝わるもの。

そういった準備はまた、すぐに出来るものでもないので、冷却期間を利用してしっかりと準備に励みましょう。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、このように男を磨いて、自分を変えていったから復縁できたのです。

そう、「別れるんじゃなかった」と元カノに思わせてしまえばいいだけの話なんですよね。

 

今、あなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話であり、元カノの気持ちをあなたに向けてしまえばいいからです。

 

ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

冷めた元カノの気持ちをあなたに向けることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るようになります。

 

ただ、「冷めた元カノの気持ちを自分に向けるにはどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

男を磨いたら少しずつ元カノにアプローチを始めよう

 

しっかりと準備が整ったら、いよいよ彼女へのアプローチを開始しましょう。

とはいえ、すぐに復縁を迫りプロポーズをするのでは元カノもびっくりして心の準備ができていませんよね。

 

まずは、こちらが彼女のために変わる努力をした、成長したということを示すための場を整えることが重要。

そして、あなたが変わったところを見せて、彼女の気持ちをあなたに向けて、徐々に信頼関係を構築していくのがベターでしょう。

 

男性の中には、復縁をすっ飛ばして、いきなりプロポーズをしたがる男性もいるのですが、それはNG。

というのも、女性の恋愛感情は徐々に盛り上がっていくものですから、いきなりプロポーズではなくまずは復縁からなんですよね。

 

再会→変化を見せて仲良くなっていく→復縁→プロポーズ→結婚、という流れが女性の気持ちに沿った流れですので、自分の気持ち一辺倒で突き進まないように気をつけましょう。

ですから、まずは友人として彼女に警戒されずに接することが出来る間柄になることが第一ですね。

 

まずは、気さくに連絡をする、自然に再会を果たすなどして接点を持ち、少しずつまた彼女の心が開けるようにこちらから気さくに接してあげると良いでしょう。

そうして場を整えた上で、こちらの変化を焦らず少しずつ示していきましょう。

 

なお、自然に元カノに連絡をする方法に関しては、下記の記事で詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

関連記事:元カノと復縁したい場合の連絡方法!LINEの内容や頻度はどうすべき?

彼女の反応を見てから復縁!その後にプロポーズのタイミングを考えよう

 

アプローチをして変化を感じさせることができ、彼女との心の距離が戻って来たなら、そろそろ復縁へとステップを進めて良い頃でしょう。

こちらも抜かりなく、雰囲気の良い場所、良い時を狙って、こちらの誠意が少しでも多く伝わる工夫をしてみてください。

 

とはいえ、復縁できるかどうかは、結局、それまでの関係性で決まりますからね。

しっかりと元カノの脈ありサインを感じ取れるようになったら告白するということを徹底してみてください。

 

彼女の気持ちが脈ありだと確信できた、その上で彼女にどう告白するか?もきちんと考えておきましょう。

結婚を考えていると、つい告白の時にも結婚を前提にと言いたくなりますが、先ほどもお話したようにまずは復縁してから。

 

なぜなら、女性の皆が皆結婚願望が強いとは限らず、場合によってはその言葉があることで交際に対して重いと思われてしまう可能性もあるからですね。

とりあえずは結婚の意思はもう少し胸に秘めておき、復縁した後に、徐々にこちらに対して結婚対象だと意識してもらえるようにアピールを続けていくことをおすすめします。

 

ただ、女性も結婚の年齢のことを気にしているかと思いますので、「結婚を前提に」という言葉を使って復縁の告白をするのはアリでしょう。

あなたが魅力的で、結婚対象として申し分無く、かつ彼女を一途に思う男性になれていたなら、女性として心が少しも動かないなんてことはないはずですよ。

 

いずれにしてもちゃんと冷却期間を設けて、元カノの心をグッと掴むような男になれているかどうかがポイントと言えるでしょう。

男なら元カノを追いすがるんじゃなくて、別れるんじゃなかったと後悔するような器のデカい男になって惚れさせてしまえばいいのです。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

ヨリを戻してプロポーズを成功させるまでの流れは下記の通りで、基本的には、復縁してからプロポーズと言う流れをお忘れなく。

 

  • 適切な冷却期間を設定して、復縁の準備を
  • 少しずつアプローチを始める
  • 彼女の反応を見てから復縁!その後にプロポーズのタイミングを考える

 

今は復縁できるかどうか不安かもしれませんが、本気で元カノのことが好きなのであれば、惚れ直させてやるしかないわけです。

やってやりましょう、男ならバカになれ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です