元カノに復縁の告白をして失敗したけど大丈夫?失敗からの逆転方法とは?

 

「元カノに復縁の告白をしたけど失敗してしまった。なんとかここから逆転で復縁できないのかな…。」

元カノとの復縁は中々思った通りにいかないもの。

 

しっかり冷却期間を設けて、元カノに連絡をしてアプローチをしても失敗してしまうと、やっぱりショックですよね。

これだけ頑張っても無理だったのだから、復縁は諦めようとすんなり受け入れられれば良いのですが、諦めきれない方も多いかと思います。

 

ただ、結論から言ってしまうと、復縁に挑むのは、1度だけという決まりはありません。

2度、3度と申し込むことで、元カノを逆転で振り向かせることができる可能性だってあるのも事実なのです。

 

もちろん、元カノの気持ちを考えずに一方的に独りよがりなアプローチをしてはNG。

今一度、なぜ元カノは復縁をOKしてくれなかったのか、どうすれば元カノをアッと言わしめることができるのか、を考えてみましょう。

 

その上で、元カノの気持ちに寄り添って距離を縮めていくことで、失敗からの逆転で復縁できるかもしれませんからね。

ということで、今回は元カノとの復縁で失敗からの逆転方法をお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

元カノとの復縁に失敗したけど大丈夫?逆転で復縁はできるのか?

元カノとの復縁に失敗してしまった原因について考えよ

元カノとの復縁に挑むまでにも、彼女と別れてしまった原因の追究と改善は行っていたかとは思います。

しかし、2度目、3度目でもの挑戦でも同じく、このステップは復縁を成功させるために欠かすことはできません。

 

特に、1度復縁を迫りダメだったのであれば、スポットを当てる部分がズレてしまっていたり、改善がまだまだ不十分であった可能性も大いにあるでしょう。

もしくは、告白するタイミングが悪かったのかもしれません。

 

復縁を申し込むまでの関係作りが十分にできておらず、焦って告白してしまったという可能性もありますよね。

そのため、復縁の告白に失敗するまでの過程をよく振り返り、「どこがいけなかったのか?」をきちんと見つめ直してみましょう。

 

元カノとの復縁に失敗してしまうと、「やっぱりもう復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが少なくないでしょう。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

気まずくなったのであれば、再度しっかりと冷却期間を設けよう

元カノには、復縁を求めたことで、当然ながら、元カノにはあなたの未練はもう知られてしまっていますよね。

そこでダメだったのですから、元カノの中には、よりあなたに対する警戒心が芽生えていることでしょう。

 

元カノからすれば、復縁に応えられなくて申し訳ないという思われていたり、近寄らない方が良いと思われてしまっている可能性も高いです。

このように、警戒心が強い場合に、無理に関係を保とうと近寄るのは、絶対にNG。

 

そもそも警戒されているということは、元カノの気持ちに反する行為ですからね。

その状態で近づいたところで状況は好転するどころか、むしろ悪化してしまう可能性の方が高いでしょう。

 

ですから、元カノの感情を落ち着けるためにも、ネガティブなイメージをリセットするためにも、改めて冷却期間を設けて、徹底的に自分を磨くようにしてください。

ただ、例外のケースが1つ。

 

それは、彼女の方から告白後も連絡が来たり、笑顔で接してくれるようであれば無理に距離は取る必要はありません。

このケースでは友人として距離を守りつつ、自分磨きをしてタイミングを待つといいでしょう。

 

結局のところ、何度もいうように、「元カノの気持ち」が最も重要ですから、元カノが普通に接してくるのであれば、冷却期間は別に設ける必要はないのです。

再度自分を磨き、タイミングを待とう

 

冷却期間はおよそ半年程度は取ることをおすすめします。

その間は、もちろん、自分磨きに精を出し、振られてしまった原因の改善や男としての価値を高めることに費やしましょう。

 

「自分磨きをしないといけない」という気持ちから、ネガティブになってしまうこともあるかと思います。

しかし、それでは本末転倒で、ネガティブな男性と復縁したいと思う女性はほとんどいないんですよね。

 

時には自分自身を労り、リフレッシュさせて、日常を充実させることも心掛けてみてください。

また、先ほどのように普通に接することができる関係では、自分を磨きつつ、男を感じさせ、元カノに「別れるんじゃなかった」と思わせてやりましょう。

 

距離が近い関係で維持できているのであれば、無理に復縁のアプローチをしなくても、自分磨きをしてタイミングを待っていれば、意外と復縁できるものですからね。

冷却期間後は徐々に元カノと関係修復を図っていこう

復縁に向けてアプローチを始める前には、出来れば、事前に彼女の近況を把握しておくことをおすすめします。

彼女が多忙でなく、好きな人がいない時期を狙って、誕生日など自然な理由で再度連絡をするのがベター。

 

あまりおすすめはできませんが、偶然を装って再会するなり、SNSからメッセージを送るなりして再び繋がりを作ることもできます。

冷却期間を設けても多少は彼女の警戒心があるでしょうから、慌てず少しずつ関係を修復していきましょう。

 

どうしても気まずい様であれば、友人の手を借りて、まずは複数人で食事をしたり、遊びに行くというのもいいですね。

このように、共通の友人とのご飯などで警戒心を解けば、連絡を取り合う関係へ進むことが容易になりますよ。

 

そして再び関係を詰めていき、少しずつ自分の変化を彼女に知ってもらいましょう。

彼女にあなたの変化がきちんと伝わり、興味を持ってもらい、脈ありサインが見られたタイミングでストレートに自分の気持ちを伝えてみてください。

 

女性は復縁の時に「同じ失敗を繰り返さないかな…」と不安になってしまうものです。

ですから、じっくり関係性を構築していき、「もう大丈夫そうだ」と信頼してもらえることがわかった時に復縁を申し込むのが一番なんですよね。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

復縁に失敗してからの逆転は可能であり、そのステップは下記の通り。

 

  • 復縁できなかった原因について考える
  • よりしっかりと冷却期間を設ける
  • 再度自分を磨き、タイミングを待つ
  • 徐々に関係修復を図る

 

復縁は1度で成功するとは限りませんので、諦めずに進んでいけば、彼女を振り向かせられる可能性は十分あります。

1度失敗したことで、彼女の警戒心も強まっているでしょうから、失敗からきちんと学び、より慎重に進めていくのがおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です