【元カノ復縁】別れ際にしつこくすがってしまったけどヨリを戻せる?

 

急に別れを切り出してきたことで動揺してしまい、元カノに別れたくないとしつこくすがってしまった。

でも、元カノが戻ってくることはなく、すがればすがるほどLINEも遅くなり、態度もドンドン冷たくなってしまう。

 

僕自身も過去にすがってしまった経験があるからこそわかるのですが、「元カノはまだ俺のことが好きなんじゃないか」とどこか心の中で期待してしまっている自分がいるんですよね。

ただ、現実はそんなに甘くなく、すがったところで元カノは帰ってこない。

 

別れ際にすがってしまうと、どうしてもやってしまったという印象が強く、復縁できないんじゃないか、と思ってしまいますよね。

果たして、別れ際にしつこくすがってしまった元カノを復縁することはできるのでしょうか?

 

別れ際にしつこくすがってしまった元カノと復縁できるのか?

 

別れ際に元カノにしつこくすがってしまって嫌われてしまった。

嫌われてしまうと、どうしても復縁は難しいんじゃないかと思ってしまうものですが、果たして元カノとの復縁はできるのでしょうか?

 

結論から言えば、別れ際にすがったとしても元カノとの復縁は可能です。

実際、僕自身もすがって音信不通になったところから復縁してしますし、嫌われてしまった状態から復縁した人を数多くみてきました。

 

ただ、もちろん、別れ際にマイナスの印象を残してしまっているため、どうしても時間がかかってしまうことは避けることができません。

これは自分がしてしまったことなので受け入れましょう、もちろん、僕も受け入れました。

 

別れ際にしつこくすがってしまった場合は、例外なく、最低でも半年間は冷却期間を設けた方がいいでしょう。

冷却期間とは最後に連絡をとった時から数えはじめて、一切の接触、連絡SNSの更新などを控える期間のこと。

 

冷却期間をとると元カノに新しい彼氏ができるんじゃないかとか、元カノに忘れられないか不安と感じるかもしれません。

しかし、冷却期間を取らなければ、あなたは元カノにずっと嫌われたままになってしまいます。

 

嫌いな人に何をされても嫌なように、元カノの中にマイナスのイメージが残っているうちは何もしないのがベター。

人間にはありがたいことに、一定の期間が経てば悪い記憶を忘れてしまうという便利な性質があります。

 

それを利用して、冷却期間を半年からできれば1年設けることによって、あなたがすがってしまったマイナスの印象を消すことができるというわけですね。

そして、冷却期間後にアプローチをしていくわけですが、ここで大事なことを1つ。

 

別れてすがってしまった元カノと復縁するためには、冷却期間後にただアプローチすればいいだけではなく、元カノの評価を覆ることが何よりも重要になります。

そう、「別れるじゃなかったかも」と元カノに思わせてしまうのです。

 

これが嫌われた状態、すがってしまった元カノとの復縁における最も可能性の高いアプローチ。

別れるんじゃなかったかもと元カノを後悔させるためには、いうまでもなく、あなた自身が付き合っていた時以上に魅力的な男になる必要があります。

 

そう、冷却期間を設けている時に男を磨いて、元カノが惹かれるような男になるんです。

これをしなければ復縁できない、と断言できるほど重要なことですからね。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの成功パターンを利用したことで音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

そもそも女性は育児や家事をする必要があることから、本能的に強い男性を求めるようにできています。

つまり、冷却期間にあなたが男を磨き魅力的な男になることによって、女性から本能的に求められることができ、元カノを後悔させることができるというわけですね。

 

女性が別れを決める時というのは基本的に悩みに悩んで、やっとのことで別れる決断をします。

そして、別れを決断したということは「今のあなたとは付き合えない」ということでもあるため、そもそも今のあなたが変わらないと復縁はできないということ。

 

このことからも、別れ側にしつこくすがってしまってマイナスの印象を与えたのであれば、冷却期間に元カノに感情をリセットしてもらい、あなたは徹底的に自分を磨かなければならないんです。

確かに、こう聞くと復縁は途方もない道のりに感じるかもしれません。

 

しかし、僕自身や今までもこの方法で多くの人が復縁してきたからこそ、間違いないと断言します。

それに、実際、男を磨くために努力をしている男性なんてほとんどいないんですよね。

 

だから、あなたが冷却期間にしっかりと努力すれば、すぐに他の男性よりも魅力的になることができますし、その分、復縁できる可能性が大きくなります。

それに元カノに新しい彼氏ができたとしても、その彼氏よりも圧倒的に魅力的な男になってしまえばいいだけの話なんですよね。

 

なんども言いますが、女性は本能的に魅力的な男に惹かれます。

だから、元カノと復縁したければそうなってしまえばいいんですよ。

 

元カノのことが好きで好きでたまらない、忘れられないんですよね?

他の女性じゃダメで、元カノしか考えられないんですよね。

 

だったら、もうグダグダ落ち込んでいる暇なんかなくて、元カノを惚れ直させるためにバカになって男を磨くしかないわけです。

そうすれば、復縁できます・・・僕もそうでしたから。

 

結局、限界を決めているのも自分だし、できないと決めているのも自分なんですよね。

もしあなたが本気で元カノと復縁したいのであれば、元カノを幸せにできるバカな男になってやりましょうよ。

 

愛する女性のために、愛する女性を幸せにするために努力をする。

最高にかっこいいじゃないですか、やってやりましょう。

 

ただ、どうやって自分を磨けばいいのかわからない、具体的に男磨きとは何をすればいいのかわからないという方も多いでしょう。

下記の記事で具体的な自分磨きについてまとめましたので、じっくり読んでみてください。

 

参考:元カノと復縁したいなら復縁したいと思わせる器の大きな男になれ!

まとめ

 

別れ際に元カノにしつこくすがってしまった場合は、どうしてもマイナスのイメージを持たれていることから、最低でも冷却期間を半年以上設けるべき。

人間は半年以上の年月でマイナスの記憶をリセットしてくれる性質があるため、それを利用して冷却期間後に再アプローチ。

 

ただし、元カノは今のあなたとは付き合えないから別れを決めたわけだから、元カノと復縁したいのであれば、冷却期間で徹底的に自分を磨き、元カノを惚れさせることができる男になるべき。

そう、落ち込んでいる暇なんてものはない、自分を磨き、本能から求められる男になるのだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です