元カノを傷つけてしまった!謝りたい、復縁したいけどどうすればいい?

 

「元カノに思ってもいないことを言ってしまって傷つけてしまった、なんとかして謝って復縁したいけど無理かなあ。」

ついつい感情的になってしまって元カノを傷つけてしまい別れたとなると、罪悪感と後悔でいっぱいになってしまうもの。

 

元カノに謝ろうにも、元カノはもう自分のことを好きではないだろうし、聞く耳を持たないだろうしどうしたらいいのかわからない。

「あんなこと言うんじゃなかった。」という後悔ばかりが募る毎日。

 

果たして元カノを傷つけてしまい、謝りたい場合は謝ってもいいのでしょうか?

そして、どうすれば傷つけてしまった元カノと復縁することができるのでしょうか?

 

元カノを傷つけてしまった!罪悪感と後悔でいっぱいで謝りたい!

 

あなたが言葉で元カノのことを傷つけたにせよ、浮気をして元カノを傷つけたにせよ、元カノが傷ついていることには変わりありません。

ですから、基本的に元カノはあなたに対してマイナスのイメージを持っているのが普通です。

 

そこにもしあなたが何度も何度もしつこく謝ったり、復縁したいとすがってしまうと、元カノからしてもしつこいと感じてしまうもの。

そのため、しつこくすればするほど、元カノの気持ちはさらに冷めてしまいます。

 

それに、あなた主体で謝ったり、復縁したいとしつこくすがったり、許しを請うというのは「あなたの気持ち」ばかりですよね。

そこに「元カノの気持ち」はありません。

 

そう、結局のところ、復縁と言っても恋愛ですから、復縁したいのであれば、元カノの気持ちが何よりも重要になるのは言うまでもありません。

それを無視して自分の気持ちだけ伝えていては、復縁なんてできるわけがありません。

 

大事なのは、元カノの気持ちを理解した上で、重さを感じさせずに謝ること。

重ければ重いほど、元カノはあなたに対してマイナスの印象を持ちますから、謝るのであればできるだけ軽い方がいいでしょう。

 

そういう意味でも、1枚の手紙で謝るのがおすすめです。

手紙と言うと重く感じるかもしれませんが、1枚にしておけばそこまで重い印象を与えずに済みます。

 

手紙に書く内容はできるだけシンプルに、やってしまったことへの反省と謝罪、そして、付き合ってよかったという感謝の気持ちを述べること。

そして、最後に「今までありがとう」と自分から引くことが何よりも重要になります。

 

「え、今までありがとうなんて言ってしまうと、完全に別れを認めているわけだから復縁できないんじゃ?」と思うかもしれません。

ただ、はっきり言っておきますが、そんなことはありません。

 

むしろ、謝って感謝の言葉を伝えることによって、あなたの別れ際の印象をよく見せることで後々に復縁の可能性を大きく引き上げることができます。

それに元カノからすれば、手紙となると、どうしても重い言葉や復縁をすがる言葉が書いてあると感じ取るでしょう。

 

それが一変、元カノへの感謝、反省、謝罪が書いてあり、別れをすんなり認めるものであれば、元カノからすれば拍子抜けになってしまうわけです。

このように、別れ際の印象をできるだけ良いものに変えることによって、冷却期間後のアプローチへと繋がっていきます。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

傷つけた元カノと復縁したいけどどうすればいい?

 

傷つけてしまった元カノと復縁するためには、先ほどもお話したように、冷却期間を設けるのが基本中の基本。

その理由はシンプルで、元カノを傷つけてしまったのであれば、元カノはあなたに対してマイナスのイメージを持っていることでしょう。

 

だからこそ、手紙で謝り、感謝を伝えてその印象を和らげるのですが、それで復縁できるほど簡単なものではありません。

元カノにあなたのマイナスイメージをなくしてもらうためには、やはり時間が必要。

 

人間は半年〜1年でマイナスの記憶を消し去ってしまうと言われており、この性質を利用しないてはありません。

元カノを傷つけてしまって嫌われてしまっている場合は、最低でも半年、できれば1年間の冷却期間を設けることをおすすめいたします。

 

冷却期間をしっかりと設けることで、別れ際の手紙も相まって、比較的スムーズに連絡・再会できるようになるというわけですね。

逆に、冷却期間を取らないとなると、元カノからは警戒されて、復縁を申し込む以前の段階で拒絶されてしまいます。

 

そして、何よりも元カノが別れた彼氏と復縁したいと思うのは、「別れるんじゃなかった」と後悔した時。

つまり、あなたが元カノと復縁しようと思うのであれば、元カノが別れたことを後悔させる男になっていなければならないのです。

 

したがって、冷却期間にボーッとしている暇なんてありません。

あなたがすべきことは、冷却期間に元カノにマイナスの印象を忘れてもらうと同時に、別れた原因を徹底的に改善して、男を磨くことなのです。

 

そう、元カノが「別れるんじゃなかった」と思うような魅力的な男になるしかないんです。

はっきり言いますが、これが最も可能性が高い復縁方法になります。

 

元カノと復縁したいがゆえに、魔法のような復縁方法を求めているのでしょうが、そんな魔法はありません。

それに、忘れてはならないのが、あなた自身が元カノを傷つけてしまったということ。

 

それゆえ、元カノと復縁したいのであれば、冷却期間もしっかり我慢するのが当たり前であり、元カノがやり直したいと思えるような男になるのも当たり前なのではないでしょうか。

元カノを取り戻したいのであれば、できることを全てするしかないわけです。

 

どうしても諦めきれない女性で、傷つけてしまったことを後悔しているのであれば、立派な男になって元カノを幸せにしてやりましょう。

せっかく好きになった女性なわけですから、できることは全てやって、とことんやってやりましょう。

 

まとめ

 

元カノと復縁する上で大事なのは「彼女の気持ち」であり、しつこくすがったり、女々しく復縁をせがむことではない。

傷つけてしまったのであれば、手紙で反省と謝罪、感謝を軽く伝えてサッと引く方が好印象を与え、復縁に繋がりやすい。

 

元カノはあなたに対してマイナスの印象を持っているわけだから、冷却期間を設けて、あなたのマイナスの印象をなくすのが一番。

それと合わせて、元カノが別れたことを後悔するような男になれば復縁への道が拓く。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です