冷却期間にLINEしてしまったけど元カノと復縁できる?失敗をカバーする方法!

 

「元カノと復縁するためには冷却期間を置くべきと言われているけど、LINEを送ってしまった。案の定、冷たい反応だし、もう復縁はできないのかな。」

元カノとの復縁では、ついつい感情的になってしまい、冷却期間中に連絡をしてしまったということもあるでしょう。

 

ただ、結論から言えば、多少の失敗であれば、その後の対応で挽回が可能な場合がほとんどです。

ですので、下を剥きたい気持ちもよくわかりますが、下を向いているあなたをみて、元カノはヨリを戻したいと思うことはないでしょう。

 

そう、もうね、やってしまったことは仕方がないんですよ。

大事なのは、どうリカバリーをしていくか、これからどう元カノを惚れ直させていくのか、を考えることです。

 

ということで、今回は冷却期間中に元カノにLINEを送ってしまった場合のカバー方法をご紹介していきますので、じっくり読んでみてください。

実際ね、私だって別れてすぐに元カノにすがってしまって、嫌われてしまったんですよ。

 

それでも惚れ直させて、元カノと復縁することができたわけですから、あなたも元カノのことが大好きなのであれば、決して諦めないでください。

「元カノを幸せにするのは俺だ」という強い気持ちを持ってまっすぐ突き進んでいきましょう。

 

冷却期間にLINEしてしまった場合、復縁はできる?

 

冷却期間中は言うまでもなく、自分との戦いですよね。

数ヶ月から数年という長い期間、寂しさや彼女が気になる気持ちを堪えなければいけませんし、復縁の可能性を高めるために、自分磨きも欠かすことができません。

 

「元カノを見返してやるんだ、見とけよ」ととモチベーションを高く持ち、自分を信じて突き進めれば良いのですが、やはり人の心には浮き沈みがあるもの。

仕事で上手くいかなかった時やふと虚しさを覚えたりした時に、気持ちが抑えきれなくなり、衝動的に彼女に連絡してしまったなんてことも少なくありません。

 

ですが、やっぱり冷却期間中に連絡するのはあまりおすすめできるものではないのです。

冷却期間は、自分磨きのためという目的もありますが、最も重要な目的は、彼女の中のあなたに対するネガティブなイメージをなくすためですからね。

 

そのため、冷却期間中に連絡をしてしまうと、彼女の中でリセットされ始めていたあなたへのネガティブなイメージを増幅させてしまう可能性があります。

ですが、やってしまったことは仕方がないことですし、大抵の失敗は、今後のあなたの努力次第でカバーすることができるわけです。

 

ですので、過去ばかりを悔やむのではなく、どう失敗をカバーするのか、と前を向いていくといいでしょう。

 

今、元カノに連絡をしてみて、素っ気ない返信や冷たい態度を取られてしまうと、「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできるわけありませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だから。

ということは、つまり、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるということなんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実になります。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

冷却期間中にLINEを送ってしまった失敗をカバーするには?

切りの良いタイミングで連絡をやめて再び冷却期間を設けよう

復縁に向けてアプローチするにしても、やはりタイミングというものがあり、可能性を高めたいのであればそれを考慮すべきです。

冷却期間を十分に置けていないタイミングでの連絡は、あまり良い時とは言えません。

 

ただし、もし連絡をしてみて、思いのほか好印象であれば話は別。

もし好印象な返信が返ってきた場合は、その後も何通か連絡をしてみて、流れによってはご飯などに誘ってみるといいでしょう。

 

ただ、多くの場合は、元カノからの返信は遅かったり、冷たかったりするものです。

場合によっては元カノからの返事が来ないかもしれませんし、来たとしても、ギクシャクしてしまって会話が続かないということもあるでしょう。

 

連絡が来なかったり、既読スルーをされる場合には、あなたをまだ強く警戒しており、ネガティブなイメージも強く残っているものと考えておいてください。

元カノとの温度差を確かめた上で、冷却期間後のアプローチはまずは間接的にいくべきかどうか?冷却期間をその後どれだけ置くべきか?といった戦略を練り直していきましょう。

 

もし彼女から返事が返って来た際にも、冷たい反応であれば、アプローチはまだ準備が不十分。

気分が盛り上がってしまって連絡を無理に長引かせたところで、好意を感じさせてしまい、再び彼女の中でのネガティブなイメージを増長させてしまうかもしれません。

 

このように、むやみにLINEを続けたとしても、失敗を招く可能性も高いので、切りの良いタイミングでLINEを切ることをおすすめします。

LINEの返信が遅いし、そっけない場合の今後の対処法は下記の記事でもお話していますので、じっくり読んでみてください。

 

関連記事:元カノのLINEの返信が遅いしそっけない!冷たい態度の元カノと復縁できる?

彼女から連絡が来るならば、関係を継続して様子を見よう

ただ、例外として、冷却期間を取らなくとも良い場合があります。

それは、先ほども少し述べたように、一度連絡を切った後にも、定期的に彼女の方から連絡が来るケースですね。

 

この場合は、連絡を無視することで関係の悪化に繋がる可能性もありますし、中には元カノからの未練が隠れている場合もありますので、無理に冷却期間を継続して無視することはありません。

その場合は、まずは彼女の真意を見極めるために、友人として、未練を感じさせずに気さくに接するように努めましょう。

 

このように彼女の気持ちを見極めていき、今後、好意を醸し出していくタイミングを見極めたり、友人として気さくに接することを意識してみてください。

元カノから好感触な返信が来る場合は、ご飯などに誘って、あなたの変化を感じさせるといいでしょう。

 

元カノからのLINEの返信がそっけない、遅いという場合は、先ほどお話したように、冷却期間を置き直してみてください。

まずは、感情的にならないように自分を満たすことから始めましょう。

 

まとめ

 

冷却期間中にLINEをしてしまったとしても、正しい対処法を知っていれば挽回が可能です。

その方法は以下の通り。

 

  • 切りの良いタイミングでやめて再び冷却期間を設ける
  • 彼女から連絡が来るならば、関係を継続して様子を見る

 

彼女の反応を見た上で、今後どう動けば良いか?という対策をきちんと練り、自分の状況に合った方法で冷却期間を設けるなり、友人として接するなどして復縁に繋げていきましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です