元カノと復縁したいなら連絡しない方がいい?別れた後に連絡しない効果とは?

 

元カノと復縁したいのであれば、連絡をせずに冷却期間を設けた方がいい。

そんなことを聞いたことはあるが、元カノに忘れられたくない、元カノに新しい彼氏ができたら嫌だと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、結論からお話をいたしますが、元カノと復縁したいのであれば、間違いなく連絡をしない方がいいでしょう。

というのも、元カノと別れた後に連絡をしない方が、冷却期間後に復縁できる可能性が大きく上がるからですね。

 

僕自身が復縁できた時も元カノに連絡をしなかったですし、復縁成功した人の多くが冷却期間を設けているというのが紛れもない事実です。

では、なぜ別れた後に元カノに連絡をしない方が復縁できる可能性が上がるのでしょうか?

 

元カノと復縁したいなら別れた後に連絡しない方がいい?その効果は?

 

元カノと復縁したいのであれば、ある1つのケースを除いては連絡をしない方が復縁できる可能性が大きくなります。

その例外のケースとは、元カノの方から連絡をしてくる・積極的に話しかけてくる場合。

 

このケースでは、元カノの方があなたと話したい、関わりたいと思っているため、相手の熱量に合わせて連絡を返したり、仲良く話をするといいでしょう。

元カノの気持ちがあなたに向いているため、このケースではあなたから連絡をしても大丈夫なのです。

 

ただし、重要なことは決して復縁を焦らないこと。

元カノがあなたに連絡をしてくるのは、「復縁したもいいかどうか」を見極めていると言っても過言ではありません。

 

ですから、連絡がくるからといって、元カノが決意する前に復縁を迫ってしまうのは絶対にNG。

別れた後も会ってくれる、元カノから連絡がくるケースでは、下記の記事を参考に決して焦ることなくアプローチしていけば復縁することができるでしょう。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

そして、このケース以外では基本的に、元カノに連絡をしない方がいいでしょう。

というのも、元カノからすれば「今のあなたとは付き合えない」と思ったからこそ、別れを決断したからです。

 

つまり、元カノの気持ちはすでにあなたには向いていないということ。

元カノが悩みに悩んで別れを決断したのに、別れた後に、すぐにあなたから連絡がきたら元カノはどう思うでしょうか?

 

最初こそ丁寧に返してくれるかもしれませんが、元カノからすれば、付き合えないと別れを決断した相手です。

しつこく連絡をされると「めんどくさい」と思われてしまい、どんどん冷たい反応になっていく、というのはよくあるケース。

 

また、「復縁する気はないよ」ということを伝える意味でも、冷たく返信してくるというのは少なくないのです。

ですから、復縁したいからといって、しつこく連絡してしまうのはますます嫌われてしまうので絶対にNG。

 

元カノと復縁したいのであれば、最低でも3ヶ月、できれば半年以上の冷却期間を設けるといいでしょう。

もし別れ際にしつこくすがってしまったり、何度もも連絡をして嫌われてしまっているのであれば、最低でも1年以上の冷却期間を設けることをおすすめいたします。

 

確かに、連絡をしない冷却期間を取ることで、元カノに新しい彼氏ができてしまったり、忘れられてしまわないか不安に思う方もいるでしょう。

しかし、考えてみて欲しいのですが、冷却期間を設けずにマイナスの印象を持たれている相手と復縁することができるでしょうか?

 

嫌な相手には何をされても嫌な以上、マイナスの印象を持たれているのであれば、冷却期間を設けた方が復縁の可能性は大きく上がるのです。

あなたのマイナスイメージをリセットしてもらい、冷却期間後にアプローチしやすくする、これは冷却期間の目的なんですよね。

 

忘れられてしまうのが不安とのことですが、マイナスのイメージを持たれているのであれば、忘れられた方がいいんです。

マイナスのイメージを持たれている状態だとアプローチをしてもうまくいきませんから。

 

冷却期間中に新しい彼氏ができてしまうのが不安という声もあるでしょう。

でも、女性の脳は上書き保存ですから、新しい彼氏ができる方があなたの印象をリセットしてもらいやすくなるため、復縁にとっては有利なのです。

 

そして、新しい彼氏ができていたとしても、あなたがその彼氏など相手にならないくらい魅力的な男になってしまえばいいんですよね。

結局、女性は本能的に魅力的な男性を求めるわけですから、その彼氏より魅力的になれば復縁できるんです。

 

超シンプルは話ですよ。

だって、あなたが魅力的な男であれば、元カノは別れを決断しなかったわけじゃないですか。

 

だから、元カノと復縁したいのであれば、元カノに「別れるんじゃなかった」と思わせてしまうことが一番なんですよね。

冷却期間を設けているうちに、元カノを後悔させるかっこいい男になってしまいましょう。

 

参考:元カノと復縁したいなら復縁したいと思わせる器の大きな男になれ!

 

これが冷却期間を設けるべき2つ目の理由ですね。

自分自身を磨いて魅力的な男になって、元カノを後悔させてしまうこと。

 

付き合えないと判断された状態で復縁することなんてできるわけありませんから、まず冷却期間を置いて一旦、印象をリセットしてもらう。

その間に自分を磨いて、魅力的な男になってしまう。

 

そうすることで、冷却期間後に元カノに変化を感じさせて、復縁できる可能性を一気に引き上げることができてしまいますよ。

実際に、ゲインロス効果が働く最も可能性が高い方法ですので、焦って連絡するのをやめて、冷却期間を設けてみてください。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノと復縁したいのであれば、別れた後に連絡をしない方が復縁できる可能性が大きく上がる。

冷却期間を設けることであなたに対するマイナスの印象をリセットしてもらい、冷却期間後にアプローチしやすくする。

 

また、冷却期間後に自分を磨くことで、元カノに別れたことを後悔させてしまえば、復縁できる可能性が大きくなる。

復縁したいのであれば、女々しく落ち込んでいる暇はない。

 

男ならバカになれ!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です