彼女に振られたけど復縁したい!元カノと復縁するまでの期間ときっかけを解説!

 

「彼女に振られてしまったけど、やっぱり好きだし復縁したい。元カノと復縁するまでにどれくらいの期間が必要なんだろう。きっかけは?」

復縁は見えない道を歩くようなもので、先が見えないと、どうしてもモチベーションが下がってしまいますよね。

 

ですが、一度終わった恋をもう一度やり直すわけですから、そんな簡単なわけではないのもわかっているかと思います。

そう、これを乗り越えることができた人だけが元カノを取り戻すことができるんですよね。

 

ただ、元カノとの復縁が叶うまでの期間を目安でも知っておきたいという人も多いのではないでしょうか?

そのため、今回は元カノと復縁するまでの期間と、そのきっかけの作り方についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

元カノと復縁するまでの期間はどのくらいが目安?

 

復縁できた人の話を聞くと、復縁するまでの期間というのはバラつきがあり、本当に人それぞれです。

というのも、それぞれによって別れた原因であったり、その後の2人の関係やそれぞれの現状が違っているからですね。

 

たったの3ヶ月や、それよりも早い時期に復縁できた人もいれば、復縁するために1年以上掛かってしまったという人も少なくありません。

事実、私自身も元カノと復縁するまで、7.8ヶ月かかりましたからね。

 

先が見えないとやはり不安が大きくなってしまうかとは思いますが、大体、復縁までの期間が短くて済むケースと、長期戦を覚悟しなければならないケースを区別することができます。

復縁までの期間が短くて済むことの多い場合は以下の通りですね。

 

  • 喧嘩別れ、勢いで別れた場合
  • 遠距離などすれ違いにより別れた場合
  • 彼女が原因で別れた場合

 

逆に復縁までは長く掛かることが予想される場合は以下の通りです。

  • あなたが浮気した、暴力を振るった等、非が明らかな場合
  • 長年の交際を経てきちんと話し合った末に別れた場合
  • 価値観の違いから振られた場合
  • 別れ際にしつこくすがってしまって別れた場合

 

ただし、どちらの場合も、あなたの誠意をきちんと見せることや、あなたに原因があればしっかりと改善して、以前よりも魅力的になっていることができていなければ、復縁は難しいでしょう。

 

結局、元カノは付き合っていた時よりもはるかに魅力的になったあなたをみて復縁を考え始めるわけですからね。

自分はどちらのパターンに当てはまるか?を理解した上で、しっかりとモチベーションを保ち、元カノとの復縁に向けて行動していきましょう。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

元カノと復縁するためのきっかけの作り方は?

自然な形で元カノに連絡する

恐らく、復縁のためのきっかけの作り方で最もポピュラーなのがメールやLINEでの連絡でしょう。

やはり気軽にできますし、お互いに顔を合わせずに済むため、会うよりもハードルが低いんですよね。

 

そう感じるのは相手も同じはず。

連絡だからこそ気さくに話しやすかったり、返事を返しやすかったりして、実際に会うよりもスムーズに関係修復が図れることも多いのです。

 

特に、用事がある、聞きたいことがあるといった風に連絡をすれば、彼女の警戒心も比較的解きやすいため、復縁のきっかけ作りとしては手軽で効果的でしょう。

ただし、警戒されないためにも誕生日や用事など、必ず理由をつけて自然に連絡することをおすすめします。

友人に協力をお願いする

あなたに対して元カノが警戒心を見せていたり、避けられたり、その後の関係も気まずい場合には、友人に協力をお願いするという方法もアリ。

やはりマイナスの印象を強く残してしまっていると、連絡さえも無視されてしまうなど、中々関係を修復できないことが少なくありません。

 

信頼できる友人の言葉であれば、自分の意思とは異なっても考えてみようと思うこともあるものです。

また、2人では無理だけれど、友人を含む複数人で集まるのであれば行っても良いとなることも意外と多いですからね。

 

中々思うように関係が進められない場合に、サポートしてもらえるというのがこの方法のメリットと言えるでしょう。

 

関連記事:元カノと復縁できる可能性チェック!脈なしパターン診断!

偶然を装って再会する

 

会って元カノの心を再び動かせる自信があるのであれば、偶然を装って会うという方法も良いでしょう。

やはり女性はロマンチックな恋愛がしたいと思っている部分が多かれ少なかれあります。

 

街でかっこよくなった元カレと再会してといった風なドラマチックな出会いにキュンとくる女性も少なくありません。

復縁の準備が万全で、自分磨きも終えて、トークにも自信があるというのであれば、偶然を装って会う作戦で、真っすぐ突き進んでいくのもアリですよ。

 

もちろん、しつこくして悪印象を与えることだけはご注意ください。

SNSを活用する

きっかけ作りにSNSを活用する利点は、間接的に自然に元カノにアピールできるからですね。

例えば、あなたが友人と遊んでいる画像で、特に別れた後の変貌が分かる画像をSNSにアップしたとします。

 

そうするとそれを見た元カノは、あなたの変化に驚き、少なからず興味を示す可能性があるでしょう。

また、直接元カノが見てくれなくとも、彼女の周りの友人らがそれを見てくれると、あなたの変化や成長ついて恐らく元カノに話をしたりして、あなたが魅力的になったという噂が元カノに届きます。

 

そうして、元カノの中の気になる存在になることができれば、その後のアプローチがしやすくなるのです。

結局、復縁の本質はいかに元カノに「別れるんじゃなかった」と思わせれるか、ですから、しっかり自分を磨いて元カノを惚れ直させてやりましょう。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノと復縁するまでの期間は人それぞれなので、自分たちの別れ方や現状等を考慮して、長期戦になりそうかどうかを判断すると良いでしょう。

また、その上でどのようなきっかけ作りが良いのか?も考えてみるのもおすすめ。

 

復縁のためのきっかけの作り方は以下の通り。

  • 連絡する
  • 友人に協力をお願いする
  • 偶然を装って再会する
  • SNSを活用する

 

自分に合った方法で元カノと復縁するためのきっかけを上手に作り、彼女との距離を縮めていきましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です