彼女に振られた場合の復縁までの期間!元カノと復縁するための冷却期間はどのくらい?

 

「彼女に振られたしまってけど、やっぱり好きで諦められない。復縁したいんだけど、どのくらいの冷却期間を設ければいいんだろう。」

 

元カノとの復縁のためには冷却期間が必要だとは聞くけれど、情報が数多くあり、実際のところ、どのくらい冷却期間を設けるべきか分からないという方も多いでしょう。

 

ただ、はっきりと言えることは、どんな別れ方をしたのかによって、設けるべき冷却期間が変わってくるということ。

というのも、別れ方によって、元カノが抱いているあなたに対する印象が変わってくるからですね。

 

普通に考えたらわかると思うのですが、元カノがあなたに対してマイナスのイメージを持っていたら、それをリセットするためにも冷却期間は長めになってしまいます。

一方で、綺麗に別れることができて、「いい彼氏だったな」と思ってもらえて別れることができれば、冷却期間は比較的短めでも大丈夫でしょう。

 

また、元カノとの復縁ではいかに元カノに復縁したいと思わせれるかがカギとなります。

それゆえ、冷却期間でしっかりと自分を磨き、付き合っていた時以上の男になり、「成長したね!別れるんじゃなかったかも…」と元カノに思わせることも重要なポイント。

 

このように、大前提として、元カノの印象とあなたの成長という部分が冷却期間に関係してくるということを頭に叩き込んでおきましょう。

その上で、今回は彼女に振られた場合で、その原因別に適した冷却期間についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

原因別!彼女に振られた場合の冷却期間はどれぐらい?

元カノに好きな人ができて振られた場合

元カノの気持ちが他の男性へ移っている時に復縁を迫っても、やはりうまくいかない可能性の方が高いですよね。

そりゃあそうです、復縁は元カノにも「復縁したいかも」と思ってもらわなければならないわけですから。

 

よって、元カノが他の男性に対して熱を持っているならば、それが冷めるまでは冷却期間を設ける必要があります。

そして、その間にきちんと自分を磨き、元カノを見返すという形を取るのがこのパターンでのポピュラーな復縁法ですね。

 

元カノに好きな人がいると聞くと、すごく不安になったり、焦る気持ちもあるかと思います。

しかし、元カノに好きな人がいようと、それが上手くいくかは分かりませんし。

 

さらに、もし元カノに新しい彼氏ができたとしても、その関係がいつまで続くのか?も分からないですし、別れる可能性の方が大きいものです。

もしかすると、すぐに別れてしまうかもしれませんし、2人の関係に溝ができることだってあるでしょう。

 

そういった時に効果的なアプローチができるように、冷却期間中にしっかりと自分を磨ける男性こそが復縁できるん男性なんですよね。

基本的には、恋愛への熱は3か月程度である程度収まってくるもの。

 

ですので、冷却期間は3か月程度を目安に考えておくと良いでしょう。(もちろん、元カノの気持ち次第でこの期間は変わる)

その間しっかりと自分を磨き、再び、まずは友人として徐々に彼女に接近していくのです。

 

ただ、元カノに好きな人ができた場合でも、その後元カノの方から連絡が来るようであれば、それほどきちんとした冷却期間は必要ありません。

その立場を利用して、彼女の良き理解者になり、かつ自分の魅力を再認識させることができれば、冷却期間をきちんと置かずとも復縁は可能です。

 

元カノとの距離感を考え、自分はどちらに当てはまるか?を確認してから冷却期間を設定するといいですよ。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

すれ違いが原因で振られた場合

遠距離恋愛をしていたり、あなたの仕事が多忙で彼女にあまり構ってあげられなかったということで振られてしまうこともあるでしょう。

このように、すれ違いによって彼女を不安にさせたり、悲しませてしまったことが原因で振られた場合も、長期的な冷却期間は不要です。

 

もちろん、あなたが頭を冷やし反省する時間や、冷静になるための期間は多少必要になります。

その期間にして1週間程度は設けるべきですが、元カノ側の寂しさや不安などのすれ違いが原因で振られた場合には、彼女の中にはまだあなたが好きという気持ちが残っている場合も少なくありません。

 

よって、冷却期間を設けすぎると、その感情がどんどん薄らいでしまうため、早めに話し合いの場を設けて冷静に話し合うべきでしょう。

その際には、彼女を好きな気持ちを伝えることはもちろん、彼女が安心して交際できるように、誠意として改善点もきちんと示すことが大切です。

 

ただし、注意すべきなのは、元カノの行動や態度にしっかり注目して、脈なしそうな態度を取られたらすぐに引くこと。

すれ違いが原因だから誠意を…としつこくすがってしまうと逆効果になってしまいます。

 

女性によっては、長い期間考えに考え抜いて結論を下し、他に気になっている男性もできた状態で別れる女性もいるんですよね。

ですので、まず接近してみて元カノの態度を見てから、あなたも行動を決めてみてください。

あなたが原因で振られた場合

あなたの浮気や、何かをしでかして彼女を怒らせてしまったり、彼女にとって許せないことをしてしまったことで振られることもあるでしょう。

このように、彼女の信頼を失って振られてしまった場合には、きちんとした本格的な冷却期間が必要です。

 

彼女にできた深い傷はすぐに癒えるものではありませんし、あなたに対しては関わりたくないという気持ちが強いはずですからね。

また、別れ際にしつこくすがりすぎてしまって嫌われたケースも同様で、長期間の冷却期間が必要です。

 

このケースのように、あなたに対して負の感情が強い時に復縁を迫っても成功するはずがありません。

冷却期間を置いてあなたに対するマイナスの意識を薄め、冷却期間中に自分を磨いて、彼女が振り向かざるを得ない良い男になるのが第一。

 

そのためにも、やはり半年から1年程度は冷却期間を設けた方が良いでしょう。

そうして再び彼女に近付き、変化と成長を感じさせ、彼女に別れたことを後悔させて初めて復縁が叶うのです。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノに振られた場合で、復縁するために必要な冷却期間は下記の通り。

 

  • 元カノに好きな人ができて振られた場合:3か月程度。彼女から連絡が来る場合には冷却期間は不要
  • すれ違いが原因で振られた場合:1週間程度
  • あなたが原因で振られた場合:半年-1年程度

 

自分のパターンに合った効果的な冷却期間を設定し、上手に復縁へと繋げてみてください。

また、元カノに変化と成長を感じさせることが重要であるため、冷却期間はしっかりと自分を磨き、元カノをあっと言わせることができる男になってやりましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です