復縁したい元カノに告白して失敗した!失敗からの逆転・挽回はできる?

 

「復縁したい元カノに告白したけどダメだった。復縁は一度失敗したら終わりなのかな?逆転とか挽回はできるのかな…。」

元カノと復縁できるかもしれないと思って告白したはいいものの、断られてしまうとどうしても精神的に辛くなってしまいますよね。

 

もう自分の好意を伝えてしまったし、もう復縁はできないんじゃないか、と思ってしまう方もいるでしょう。

では、実際のところ、元カノに告白して失敗したところから逆転で復縁することはできるのでしょうか?

 

結論からいうと、元カノに告白して復縁に失敗したとしても、復縁することは可能です。

何度も何度も諦めずに復縁を信じ続けて復縁できた事例なんていくらでもありますから、一度失敗したからといって諦めてしまうのは非常にもったいないことですよ。

 

ですから、もしあなたが復縁に失敗したけど挽回したい、逆転したい、諦めたくないと思うのであれば、諦める必要はありません。

ということで、今回は復縁に失敗したところからの挽回の方法についてお話していきますので、じっくり読んでみてください。

 

復縁したい元カノに告白して失敗した!失敗しても逆転・挽回はできる!

 

元カノに告白したはいいけど、復縁を断られて失敗してしまった。

そんな状況からでも逆転はできるのですが、逆転・挽回で重要なのは、失敗した後の元カノとの関係性です。

 

実際、告白して振られても、普通に接してくれることもあれば、あなたの好意が元カノに伝わってしまったことで警戒されてしまうケースもあるでしょう。

このように、失敗した後の状況によって、挽回の方法は異なりますので、ケース別で逆転する方法をご紹介していきます。

復縁に失敗したけど気まずくならず変わらず仲がいいケース

まずは、元カノに告白して復縁失敗したけど、変わらず仲良くしてくれるケース。

基本的に復縁の告白をしたということは、振られてからある程度、関係の修復を図って、ご飯やデートに行ける仲になっているかと思います。

 

女性の恋愛感情も徐々に盛り上がっていくものですので、仲を深めていき、告白するのは正しい流れと言えるでしょう。

その流れの中で断られてしまった、けど、元カノとの関係は変わらず、仲が良いまま。

 

このケースでは、元カノはあなたのことを仲のいい友達だとみなしている可能性が高いでしょう。

もしくは、元カノに新しい彼氏候補がいるか、気になる人がいるなど、あなたに気持ちが向いていないとい言えます。

 

元カノとの復縁において、最も重要なのは「元カノの気持ち」ですから、元カノがあなたと仲良くしたいと思っているのであれば、変わらず仲よくしましょう。

変わらずに会ってくれたり、連絡を取り合えるのは間違いなく復縁にプラスですからね。

 

で、このケースでは単純にタイミングが合わなかったか、あなたの魅力不足が原因ですので、挽回方法は男を磨きつつ、「待ち」に徹すること。

一度、告白して失敗したにも関わらず、しつこく告白してしまうと、どうしても嫌われてしまいますので、それはNG。

 

元カノの気持ちを尊重して仲のいい関係性を維持しつつ、男としてみてもらうために男を磨きましょう。

女性が「友達としか見れない」という場合は、基本的に男として見られていないケースがほとんどです。

 

単純に男として見られていないから、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話なんですよね。

ですから、あなたが元カノとの関係性を維持しつつ、男を磨いてどんどん魅力的な男になってしまえば?

 

やっぱり、誰しも別れた男性がどんどんいい男になっていくと気になるものですし、「逃した魚は大きい」と思ってしまうもの。

このように、男を磨いて元カノのことを後悔させてしまえば、あなたに男を感じて、友達から復縁候補にのし上げる事ができてしまうわけです。

 

ですから、復縁に失敗して変わらず友達のまま、普通に接してくれるのであれば、とにかく男を磨いて待ちに徹していれば、いくらでもチャンスはやってきますよ。

ただ、「具体的にどうすればいいのかわからない」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

ということで元カノに告白して復縁失敗したけど、関係がいいままの場合は、とにかく男を磨いて待ちに徹することがキモということです。

復縁に失敗して好意が伝わったことにより、警戒されたり嫌われたケース

 

先ほどのケースとは打って変わって、元カノに告白したことでさらに関係がギクシャクしたというケースもあるでしょう。

元カノの気持ちを考えずに仲良くなる前に告白してしまった場合など、よくこのケースに陥りがちです。

 

何度も言いますが、元カノとの復縁で重要なのは、「元カノの気持ち」ですからね。

元カノの気持ちを考えずに、自分の気持ちを優先して先走ってしまうと、どうしても元カノに警戒されてしまいます。

 

で、警戒されてしまった場合、どうしてもあなたに対してマイナスイメージが残っていますので、そのイメージをリセットしなければなりません。

そう、冷却期間を設けて再アプローチのための準備をするということですね。

 

幸いなことに、人間は時間が経つことでマイナスの記憶をリセットする性質がありますので、冷却期間で時間を設けることによって元カノの気持ちをリセットしてもらいましょう。

期間は基本的に、3ヶ月〜半年がおすすめですが、失敗からの挽回の場合は、半年の期間を設けることをおすすめします。

 

さらに、しつこくして嫌われてしまった、告白でさらに関係が悪化してしまった場合は、なるべく1年という長期スパンの冷却期間を設けてください。

確かに、辛いかもしれませんが、とは言っても、今のままでは復縁はできませんからね。

 

本気で元カノのことが好き、元カノが諦めきれないのであれば、「復縁するために」冷却期間はどうしても必要と言っていいでしょう。

そして、その冷却期間で元カノに気持ちをリセットしてもらうだけでなく、あなた自身も男を磨くのです。

 

結局のところ、女性は別れた男性が別れたままの状態だと復縁したいとは思わないんですよね。

ですから、冷却期間の間に男を磨いて、元カノをアッと言わせるような男になることが最も重要になります。

 

私自身も男を磨いて、元カノに別れたことを後悔させたから復縁できたわけですからね。

また、1つ面白いエピソードをご紹介いたします。

 

中日ドラゴンズに又吉という選手がいるのですが、彼は大学時代に彼女に盛大に振られてしまいます。

理由は将来が見えないとのこと。

 

そこで又吉選手は振られたことをバネに、男を磨きまくり、なんと結果、プロ野球選手にまでなってしまったんですね。

そして、プロ野球選手になった後・・・もうわかりますよね。

 

そう、いくら連絡しても返信がこなかったはずの元カノから連絡がきたのです。

 

しかも、大学生の時の元カノだけでなく、過去の元カノ全員から連絡がきたとのこと。

 

もうね、結局、そういうことなんですよね。

恋愛は子孫繁栄であり、女性は本能的に魅力的な男を求めることから、元カノと復縁したいのであれば、デカい男になってしまえばいいわけですよ。

 

あなたが元カノを追いかけるのではなく、元カノがあなたを追いかけるようにするために。

ですから、復縁したい元カノに告白して失敗したとしても、冷却期間を設けて、またやり直せば問題なく復縁することができます。

 

本気で元カノのことが好きなのであれば、やってやりましょう。

男なら諦めずにバカな男になって、惚れ直させてやればいいんですよ。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

復縁したい元カノに告白して失敗したとしても、まだチャンスはあり、逆転・挽回は可能。

なお、元カノとの復縁で最も重要なのは「元カノの気持ち」であり、失敗した後の関係性に注目して今後の動きを決めるべし。

 

もし関係性が今までと変わりなく仲がいいのであれば、男を磨きながら次のタイミングを「待つ」のが正解。

逆に、告白したことで警戒されてしまったのであれば、一度冷却期間を置いてリセットしてもらうことをおすすめする。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です