【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

 

「大好きな元カノと復縁して、一緒にデートしたり、しょうもないことで笑い合いたい。」

もしあなたが、元カノと本気で復縁したいのであれば、今回のお話は超重要で避けて通ることは絶対にできない。

 

そう、元カノと冷却期間を置くべきかどうかという話である。

結論から言ってしまうと、あなたがもし元カノと本気で復縁したいのであれば、必ず冷却期間を設けるべきです。

 

確かに、一秒でも早く元カノと復縁したいという気持ちもわかります。

ただ、僕も過去に元カノに振られ、焦ってしまい元カノに嫌われてしまった経験があるからこそ、あなたには同じ失敗をして欲しくないのです。

 

では、なぜ元カノと復縁するために冷却期間を設ける必要があるのか?

冷却期間を正しく取ることで復縁の可能性を引き上げることができるからこそ、冷却期間を設ける3つの理由と冷却期間を取れない場合の対処法をじっくり読んで学んでみてください。

 

元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由!

 

もしあなたが元カノと復縁したいのであれば、冷却期間を置いた方が、後々復縁できる可能性が高くなります。

唯一の例外は、元カノから連絡をしてきたり、元カノから好意的に話しかけてくるケース。

 

この場合は、元カノがあなたに対して、マイナスの印象を持っていないため、元カノの熱量に合わせて返信をしてあげて、会話もするといいでしょう。

大事なことは、決して復縁を迫ることなく、好意を見せることなく、ただ理解を示すということ。

 

そう、元カノの話をしっかりと聞いてあげて理解を示すのが大事なのです。

それと並行して自分を磨いて魅力的になっていくことで、このケースでは問題なく復縁することができるでしょう。

 

ただ、それ以外のケース、例えば、元カノにすがってしまってマイナスの印象を持たれてしまっている場合は、冷却期間を設ける必要があります。

どのくらいとればいいかというと、通常は3ヶ月〜半年で、嫌われているなら半年〜1年以上がベター。

 

この冷却期間では会うのはもちろん、連絡を取るのもNG、SNSの更新も控えてください。

というのも、少しでもあなたの姿を元カノに感じさせると、それは元カノの中で思い出すことになり、冷却期間にはならないから。

 

このことを守った上で、冷却期間を設けてみてください。

では、なぜ冷却期間を取らなければならないのか、その理由をみていきましょう。

元カノの気持ちをリセットするため

 

まず、冷却期間と設けるべき最初の理由は元カノの気持ちをリセットするため。

具体的にいうと、あなたと別れたということは何かしらあなたに対してマイナスの印象を持っているわけであり、その印象をリセットしてもらう必要があるわけです。

 

あなたも普通に考えればわかると思うのですが、相手が嫌な人であれば、何をされても嫌ですよね?

それと全く同じ。

 

元カノがあなたに対して、マイナスのイメージを持っている以上、あなたがどんなアプローチを元カノにしようと、それはマイナスにしかならないのです。

そう、これが元カノに復縁をお願いすればするほど、嫌われてしまう理由そのもの。

 

したがって、元カノを惚れ直させるためにも、元カノの中にあるあなたに対するマイナスの印象をリセットしてもらわなければならない。

それが冷却期間なのです。

 

実際、人間の記憶というのは時間が経てば経つほど、薄れていきますので、半年以上冷却期間をとればリセットされる可能性が高いんですね。

だからこそ、それを利用して冷却期間であなたのマイナスイメージをリセットする、そうすれば、復縁を優位に進めることができます。

 

それに、冷却期間をしっかり設けることで大きなチャンスが巡って来ることもある。

ただ、ガツガツ元カノにアプローチをしていたら、元カノからすれば逃げたくなるものだが、一切連絡がこないとなると気になるもの。

 

「今頃どうしてるのかな?」と元カノに思わせることができてしまえばシメたもの。

元カノの方から冷却期間中に連絡がきたりすることもあるので、「生きてるのかな?」と思わせるくらい音沙汰をなくして自分を磨きましょう。

 

実際に、僕がそのケースで、元カノから連絡がきて、結果的に復縁につながりましたから。

そういうラッキーがあることも含めて、マイナスのイメージを消してもらうために、冷却期間をしっかり設けましょう。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

あなたが自分を磨いて元カノが惚れ直す器の大きい男になるため

 

元カノと復縁するために冷却期間を設けるべき理由の2つ目は、あなた自身が器の大きい男になるため。

これも実は本当に大事なこと。

 

冷却期間だからと言って、ただボーッと時間が経つのだけを待っても、復縁することはできません。

冷却期間の間に自分磨きをして、あなたが元カノが惚れ直すような器の大きい男になっている必要があるわけです。

 

というのも、普通に考えてたらわかることですが、彼女が別れを決意したということは、「今のあなたとは付き合えない」と言っているのと同じこと。

そう、つまり、別れたままのあなたではダメなんです。

 

女々しい、元カノがいないと生きていけない、ネガティブ、抜け殻のようになっている、毎日後悔してばかり、暇さえあれば「元カノ 復縁」と検索する。

果たしてそんな男と復縁したい女性はいるでしょうか、いないですよね。

 

それに女性は本能的に魅力的な男、強い男を好きになるようにできているんです。

だからこそ、あなたが冷却期間で魅力的な男になることで、元カノを惚れ直させることができる可能性を大きくあげることができるということ。

 

そう、女々しく泣いたり、後悔している暇なんてないんです。

元カノと復縁したいのであれば、彼女を惚れ直させるほと器のでかい、かっこいい男にならないとダメなんですよね。

 

だからこそ、やりましょう。

かっこいい器の大きい男になるべく、努力してください。

 

そうすれば、あなたにも元カノを惚れ直させて復縁することができる、大丈夫です。

付き合って彼女中心の生活になり、甘えが出てしまい魅力がなくなってしまった男性が多いと思います。

 

そんなんじゃダメっす。

付き合っていた時以上に魅力的な、バカな男になって「もう一度付き合いたい」と元カノに思わせてしまいましょう。

再会の際に元カノに変化を感じとってもらうため

 

冷却期間を取るべき最後の理由は、元カノとの再会時に変化を感じとってもらうため。

そう、これは元カノとの復縁に繋がる非常に重要な要素なのです。

 

というのも、元カノはあなたのことを「彼氏失格」とみなして別れたわけであり、印象を変える必要があるのだ。

冷却期間を取らずにアプローチをしていては、あなたの冷却期間での変化、成長を感じてもらうことはできません。

 

3ヶ月や半年、1年の冷却期間を設けて、再会した時に、別れた時とは別人のあなたになっている。

別れた時の弱いあなたではなく、冷却期間で男を磨いた強い男になったあなたを元カノに見せるんです。

 

すると、元カノはあなたに対して、興味をもつ。

「あれ、なんか変わった?どうしたんだろう?」と。

 

この興味が何よりも大事で、人が人を好きになる時とはまず興味をもつことから始めるのです。

元カノがあなたに興味をもち、さらに知りたいと思うようになり、連絡頻度を高めたり、いつでも会える関係になる。

 

そして、あなたに惚れ直す。

そう、元カノとの復縁は冷却期間後の再会が大きな鍵を握っており、そこで変化したあなたを見せて興味を持ってもらう必要があるのだ。

 

それさえできればあとはスムーズ。

これは焦って元カノに感情的にアプローチしていては絶対になすことができない戦略そのものです。

 

元カノに変化を感じさせ、興味を持ってもらうために、冷却期間を設ける。

その間に元カノにはあなたのマイナスの印象をリセットしてもらい、あなたは変化を感じさせるべく、器の大きい男性になるよう努力する。

 

ここまでするから元カノと復縁できるんです。

僕が復縁したのも、まさにこの流れですし、元カノと復縁している男性のほとんどがこのケースで復縁に成功しています。

 

確かに早く復縁したい、という気持ちもわかります。

でも、元カノにその気がないうちは、あなたが元カノを惚れ直させる器のない男であるうちは、どれだけアプローチしても復縁できないのです。

 

だからこそ、幸せな未来を掴み取るためにも、冷却期間をおきましょう。

そして、元カノに別れるんじゃなかったと思わせるようなかっこいい男になってください。

 

大丈夫、あなたならできます。

ただ、同じ職場や同じ学校などで、冷却期間が取れないパターンというのもありますか、その場合の対処法もご紹介しておきます。

元カノと同じ職場、同じ学校で冷却期間を取れない場合はどうすればいい?

 

元カノと復縁するためには、冷却期間を設けた方が復縁の可能性が高くなることは、もういうまでもありませんよね。

ただ、元カノと同じ職場であったり、同じ学校の場合は、冷却期間を取ろうと思っても取ることができません。

 

この場合はどうすればいいのか?

ズバリ、冷却期間が取れない場合は取れないで仕方がないので、最低限の関わりだけにとどめるのが重要です。

 

最低限の関わりというのは、仕事での会話だったり、学校で話さなければならない機会のことですね。

こういった最低限の関わりや元カノから話しかけてくる場合以外は、こちらから元カノに話しかけない、好意を見せないようにしてください。

 

逆に、元カノから話しかけてくる場合は、先ほどもお話した通りで冷却期間を取る必要はありません。

元カノの熱量に合わせて、接して理解を示してあげましょう。

 

そうでない場合、つまり、元カノと同じ環境にいて、ちょっと気まずい場合は最低限の関わりということですね。

その上で、とにかく自分を磨いて器の大きい男になりましょう。

 

冷却期間後に元カノに変化を見せることはできませんが、同じ環境にいるということは、いやでも間接的にアピールをすることができるわけです。

そう、つまり、同じ環境であるということは逆に大きなチャンスということ。

 

復縁に失敗する人は元カノに焦ってアプローチしたり、話しかけたりするわけですが、復縁を成功させるあなたはそうじゃない。

あなたは元カノがいないところで自分を磨き、ポジティブな言葉を使い、仕事や勉強、部活、就活に一生懸命取り組み、イキイキした姿を見せる。

 

周りの人にも優しく気を配り評価をあげることで、結果として、元カノにもその評判が伝わるかもしれません。

女性は他人の目を気にするからこそ、第3者の声は効果抜群ですからね。

 

いずれにしても、別れる前とは全く違ったあなたを見せることで、元カノに「あれ、どうしたんだろう?」と思わせるのです。

この間接的にあなたが圧倒的に魅力的な男になる方が、直接、復縁をお願いするよりもはるかに効果的ですよ。

 

これも結局、あなたが魅力的になって、元カノに変化を感じさせて興味を持たせるということですからね。

「同じ環境だから冷却期間が取れない」というのではなく、同じ環境だからこそチャンスと捉える。

 

できない理由ではなく、どうすればできるのかを考えましょう。

冷却期間で自分を磨いて、元カノが惚れなおすような器の大きい男になってしまえばいいんですよ。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノと復縁したいのであれば、冷却期間を設ける方が復縁の可能性は高くなる。

その理由はシンプルで、元カノがあなたのマイナスイメージをリセットしてくれる、あなたが圧倒的に器の大きい男になる、冷却期間後に変化を感じさせることができるから。

 

元カノと別れたからといって、落ち込んでいる暇なんてものはない。

あなたが元カノと復縁したいのであれば、バカになって男を磨き、元カノを惚れ直させる男になってしまえばいいのだ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です