元カノ復縁の流れを完全解説!冷却期間や自分磨き・連絡のタイミングがカギ!

 

「元カノと復縁したいんだけど、どういう流れで復縁すればいいんだろう。冷却期間や自分磨き、連絡のタイミングとか知りたい。」

 

元カノとの復縁も結局、仕事やスポーツ、勉強などと全く同じで王道の方法、正攻法というものが存在します。

多くの男性はその正攻法を無視して、自分の感情に任せてアプローチをしてしまうから復縁に失敗するわけで、正しい方法でアプローチをすれば、復縁の可能性を大きく引き上げることができるのも事実なんですよね。

 

実際、私自身も元カノと別れた直後には、誤ったアプローチで元カノにすがってしまい、嫌われてしまいました。

それでも、諦めることなく、王道のアプローチをしたから、嫌われた状態からでも元カノを取り戻すことができたんですよね。

 

ということで今回は、元カノとの復縁を成功させるための流れを徹底解剖していきますので、じっくり読んでみてください。

結論からズバリ、復縁のカギを握るのは冷却期間・自分磨き・タイミングにつきますので、それらを利用して元カノを取り戻していきましょう。

 

元カノとの復縁の流れとは?冷却期間・自分磨き・連絡のタイミングがキモ!

まずは適切な冷却期間を設定し、自分を改めるところから始めよう

元カノと復縁するための基本中の基本と言えば、冷却期間を置くことです。

どのような理由にしろ、別れた後と言うのはお互いに感情的になりやすく、衝突しやすいものです。

 

また、男性からすれば急な別れに動揺して、私のように元カノにすがったり、何度も連絡をしてしまう男性もいるでしょう。

このような感情的になってしまう状況では、冷静な判断もできず、自分の感情を優先して元カノの気持ちをおざなりにしがちになるため、すぐに復縁したいとはなりにくいのです。

 

彼女側から振られてしまった場合は特に、別れを切り出された時点で、彼女のあなたに対する気持ちはあまり残っていないと考えていいでしょう。

普通に考えて、あなたに魅力を感じたり、ときめいたりしない限りは再び一緒になりたいとは思わないはず。

 

やはり、別れてすぐで、あなたへの気持ちが冷めているであろうタイミングでの復縁は難しいのです。

このように、大半の場合は、別れた後は相手に対するネガティブな気持ちを持っていがちで、その中には、もう関わりたくないという感情を抱かれている場合もあるでしょう。

 

だからこそ、次に繋げるための効果的な手段として、冷却期間を設けるのです。

一般的には3ヶ月程度、あなたに対するネガティブなイメージが強いことが予想される場合には、より長めに、半年や1年程度に設定しましょう。

 

このようにして、まずはお互いの気持ちをヒートダウンさせるとともに、ネガティブなイメージを少しでもリセットしてもらうわけですね。

また、気持ちが落ち着いてきたなら、別れに至ってしまった経緯、その原因は自分にないか?改善すべき点についてしっかりと自分を見つめなおす時間を持ちましょう。

 

【※本気で元カノと復縁したい方へ】

“現在進行形で復縁成功者を輩出し続けている”超本気の元カノ復縁講座

 

冷却期間中の自分磨きで、復縁の可能性をアップさせよう

 

冷却期間は、ただ時間を置いてぼーっと待っておけば良いというだけではありません。

そもそも冷却期間を設定する最大の目的は、自分を磨いて、次に再会した時に彼女を振り向かせるためにあるんですよね。

 

会わない期間が長く、あなたの変化が大きいほど、彼女は衝撃を受けるはずであり、そうすれば自ずとあなたに再び関心を持つようになることでしょう。

「どれだけ彼女を惹きつけられるだけの魅力を備えられるか?」がポイントと言っても過言ではありません。

 

出来る限り自分を磨き、男としての価値を高めておきましょう。

結局のところ、元カノが男性と復縁したいと思う瞬間というのは、男性が別れた時よりもはるかに魅力的になっていた時なんですよね。

 

つまり、元カノに「別れるんじゃなかった」と後悔させてやるのが一番というわけですね。

ですから、元カノに別れたことを後悔させるデカい男になって、惚れ直させてやりましょう。

元カノの状況を伺いながら、タイミングを見て接触を図る

復縁は慎重に進めるべきで、その際に重視すべきは「タイミング」ですね。

元カノに異性の影がある時に迫っても、やはりあなたを見てくれる可能性は低いというのは言うまでもありません。

 

また、元カノが多忙であったり、フリーに満足していて、恋愛をしたいという意欲がない時に誘っても、やはりあまり良い結果は期待できませんよね。

元カノがフリーで男の影がない時に再び接触を図ることはもちろん、人恋しさが感じられるであろう別れてから3か月以降がタイミングとしてはベスト。

 

彼女の仕事やプライベートの情報もある程度入手できるのであれば、多忙でない時を選ぶことも大切です。

また、誕生日やイベント日等、気分が盛り上がっているであろうタイミングで連絡をするのも、返信率が高くなりやすいので、おすすめです。

 

また、連絡をするタイミングも、朝や昼よりは、夜の1人でくつろいでいるであろう時間帯に合わせて送ることが返信をもらうコツと言えるでしょう。

せっかくの自分磨きも、彼女と接触できなければ意味がありませんからね。

 

SNSや友人から情報収集を行った上でベストなタイミングを見極め、再び彼女との繋がりを保った上で、こちらの魅力を再びアピールしていくと良いでしょう。

また、一番おすすめなのは、共通の知人に協力してもらい、複数人での飲み会をセッティングして再会をすること。

 

こうすれば、自然な形で警戒されることなく、元カノに近づくことができますよ。

そして、そこであなたが成長した姿、変わった姿を見せて、元カノの興味を引きつけることができれば、復縁の可能性をグッと手繰り寄せることができるでしょう。

 

ただ、もちろん、共通の知人がいないという方も多いでしょう。

その場合は、やはり元カノに連絡をするのですが、SNSで冷却期間後に成長した姿を小出しにしておけば、興味を持ってもらうことができますよ。

 

興味を持ってもらえていれば、連絡も返信が返って来やすくなるので、いかに連絡前に興味づけできるかを考えておいてください。

なお、連絡する際には警戒心を持たれないことが最も重要ですので、誕生日やイベントなど自然に連絡できるタイミングで連絡することをおすすめします。

 

【※おすすめ厳選記事はこちら】

本気で元カノと復縁したいのであれば絶対に読んでおきたい厳選10記事!

 

まとめ

 

元カノとの復縁の流れは以下の通り。

  • まずは適切な冷却期間を設定し、自分を改めるところから
  • 冷却期間中の自分磨きで、復縁の可能性をアップさせる
  • 元カノの状況を伺いながら、タイミングを見て接触を図る

 

復縁は、冷却期間・自分磨き・タイミングのどれが抜けても成功しませんので、1つずつ着実にクリアしていきましょう。

結局、元カノとの復縁はいかに元カノに別れたことを後悔させることができるか、が全て。

 

だからこそ、しっかりと冷却期間に自分を磨いて、元カノを惚れ直させる成長をしておきましょう。

男ならバカになって、元カノを惚れ直させてやればいいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です