どうしても復縁したい元カノにあなたと復縁したいと思わせる方法!

 

「どうしても元カノと復縁したいけど、元カノは冷たい態度だし、どうすれば復縁したいと思わせることができるんだろうか。」

何とかアプローチしていけば、復縁できるだろうと思っていたけど、現実は甘くなく、元カノの態度は冷たくなっていく一方。

 

どうしても復縁したいけど、どうすればいいのかわからないという男性は多いのではないでしょうか。

中には、冷たい態度の元カノにさらに焦ってしまって追いかけて、さらに元カノが冷たくなってしまったという方もいるでしょう。

 

果たして、もう元カノと復縁することはできないのか?

結論から言いますが、その状況だとしても、全く問題なく元カノと復縁することができます。

 

というのも、私自身が元カノに振られてしまった時に追いすがり嫌われてしまったのですが、それでも復縁できましたので大丈夫です。

ただ、今、もし復縁に向けて元カノにアプローチをしていてうまくいっていないのであれば、やり方を変える必要がありますよね。

 

どうしても復縁したい元カノにあなたと復縁したいと思わせるにはどうすればいいのでしょうか?

今回は元カノとの復縁の中でも圧倒的に可能性が高い方法をご紹介していきますので、集中して読んでみてください。

 

どうしても復縁したい元カノに復縁したいと思わせる方法とは?

 

どうしても元カノと復縁したいのであれば、何をしなければならないのか?

まずあなたがすべきことは、「自分の気持ちではなく、元カノの気持ちに立って考えてみること」です。

 

私も元カノに振られた時に感情的になってすがったことがあるのでわかるのですが、どうしても振られて時間が経っていないうちは、自分のことばかり考えてしまいます。

そう、「元カノと復縁したい」、「元カノがいないとだめだ」という自分の気持ちで動いているんですよね。

 

ただ、ここで考えてみて欲しいのですが、恋愛はあなた一人の感情でできることなのでしょうか?

・・・違いますよね。

 

元カノとの復縁だろうと、結局は恋愛ですから、元カノの気持ちを考えなければならないのは当たり前なんですよね。

しかし、どうしても振られてしまった時は、元カノのことが忘れられず、ついつい追いすがってしまい、結果さらに態度が冷たくなってしまいます。

 

では、ここで考えてみて欲しいのですが、なぜ元カノの態度は冷たくなるのでしょうか?

・・・そう、「自分の気持ちばかりを優先して元カノの気持ち」を考えていないからなんですよね。

 

元カノの気持ちを考えてみて欲しいのですが、あなたとの別れを決意したということは、「あなたと付き合えない」と考えた末に決断したわけじゃないですか。

特に、女性は男性との別れを決断する時に、長い期間考えに考えた上で決断を下すので、そんな簡単に決意が覆るものではありません。

 

あなたには元カノと復縁していただきたいので、はっきりとお伝えしますが、元カノが別れを決断したということはあなたに対して「彼氏失格」の烙印を押したということなんですよね。

にも関わらず、元カノにしつこく復縁を迫ったり、すがってしまったり、なんども連絡を送ると・・・?

 

そう、元カノの気持ちとは反していますので、どうしても態度が冷たくなってしまうのです。

元カノが冷たい態度をとる理由は、(今は)あなたと復縁できないことを伝えるために行っているんですよね。

 

でなければ、そもそも別れてはいないわけですから。

ただ、ここで大事なのは、今は復縁できないと考えられているだけであり、今後のあなたの行動次第では全然復縁できる可能性があるということです。

 

実際に、私自身も最初はしつこくすがって嫌われてしまったのですが、そこから元カノと復縁することができましたからね。

だからこそ、全く諦める必要はありませんし、元カノと本気で復縁したいなら、復縁を目指すべきでしょう。

 

ただ、今のままアプローチを続けて追いかけていても、元カノの気持ちはどうしても逃げていきますので、追いかけるのをやめなければなりません。

そう、元カノと復縁するために冷却期間を設けるわけですね。

 

冷却期間を設けると、どうしても新しい彼氏ができないか不安、元カノに自分のことを忘れられないか不安という声を耳にしますが、問題ありません。

新しい彼氏ができたとしても、その彼氏なんか相手にならないくらい魅力的な男になれば、元カノを取り戻すことができますし、実際にその例を数多くみてきました。

 

元カノに忘れられないか不安ということも、マイナスのイメージを持たれているのであれば、逆に、少しでもリセットしてもらう方がいいんですよね。

嫌な人に何をされても嫌なように、元カノにマイナスの印象を持たれてしまっていれば、あなたが何をしてもマイナスになってしまいますから。

 

あなたの気持ちを落ち着ける、元カノにあなたのマイナスの印象をリセットしてもらって再アプローチしやすくする。

その意味でも、冷却期間は必要不可欠なのです。

 

冷却期間を取らなくてもいいケースは、元カノ側から連絡が来るケースですね。

元カノから連絡が来る場合は、マイナスの印象を持たれていませんので、冷却期間を設ける必要はなく、元カノのテンションに合わせてあげるといいでしょう。

 

冷却期間ではあなたのマイナスの印象をリセットしてもらうのはもちろんなのですが、それだけでは復縁の可能性を大きくあげることはできません。

大事なのは、「男を磨く」ことです。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

先ほどお話したように、元カノとの復縁で大事なのは「元カノの気持ち」になります。

つまり、元カノと復縁するためには、冷却期間後のあなたをみて「あれ、別れるんじゃなかったかも」と別れたことを後悔させることが一番なんですよね。

 

そう、そのための男磨きです。

冷却期間を設けて印象をリセットしてもらった上で、あなたが男を磨いて付き合っていた時以上に魅力的な男になっていれば、元カノの気持ちはこちらに向きます。

 

実際、女性は本能的に優秀な遺伝子、魅力的な男性を求めていますので、男を磨いて魅力的な男になることは非常に効果的なんですよね。

それに、人間には手放したものに価値があるとわかると、猛烈に後悔して取り戻したくなるゲインロス効果という性質があります。

 

つまり、あなたが別れてから自分を磨き、付き合っていた時以上に魅力的な男になっていたとすれば・・・?

そう、元カノは別れたことを後悔して、猛烈にあなたを追いかけてくるわけですね。

 

こうなればもうあとは楽勝ですよ。

元カノの気持ちがあなたに向いているので、連絡しても好感触な返信が来るし、ご飯に誘ってもOKがもらえるのはもちろん、元カノの方から連絡がきますからね。

 

こうなれば、あとは食事を重ねて元カノの話をただひたすら「ウンウン」と聞いて共感・理解してあげることで、自然と復縁の流れになるでしょう。

ですから、復縁で本当に大事なのは、元カノの気持ちを考えてアプローチを控えて冷却期間に入り、自分を磨いて元カノを後悔させることなんですよね。

 

いやあ、もう単純な話ですよ。

元カノが別れたことを後悔するような魅力的な男になってしまえばいいんですよね。

 

元カノが本当に好きなのであれば、復縁してと女々しく追いすがるのではなく、まず自分が元カノを幸せにできる器のある男になってやりましょう。

男ならバカになって復縁を目指して頑張るんです。

 

新しい彼氏ができないかどうか不安とか、復縁できなかったらどうしようとか、そんなこと考えないんですよ。

「俺が絶対に元カノと復縁してやる」と強い気持ちで信じるんです。

 

私自身が復縁できたのも、こうして本気で復縁できると信じて頑張り、元カノを後悔させたからなんですよね。

元カノと復縁したいのであれば、元カノに別れたことを後悔させてやりましょう!

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

すがったり熱い気持ちを伝えても元カノが復縁してくれないのはなぜか?

 

「どうしても復縁したい!」という気持ちが強いがあまり、元カノにちょっとしつこくすがってしまったり、熱い思いを伝えてしまう男性も少なくはないでしょう。

「熱い気持ちを伝えればわかってくれるはず、あんなに好きでいてくれたはずなのだから」と思っていても、元カノがその気持ちに応えてくれることは多くありません。

 

あれだけ好きでいてくれていたのに、なぜ元カノは復縁してくれないのでしょうか?

結論から言えば、女性の本能が大きく関係しています。

 

まず、そもそも女性の本能はより優秀な遺伝子を求めていますので、女々しい態度を取る男性やしつこくすがってくる男性に価値を感じないんですね。

かなりショックかもしれませんが、元カノと復縁する上で現状を正しく理解することが非常に重要ですので、あえて厳しくお伝えさせていただいています。

 

実際、しつこくすがるのとは真逆で、別れ際に元カノの話をゆっくり聞いてあげて、すがることなく反省と感謝を伝えて綺麗に別れている男性は復縁できる可能性がかなり高いのです。

なぜならば、元カノからすれば、「自分の話を理解してくれて受け入れてくれる余裕・器の大きさ」をその男性に感じるからですね。

 

このように、女性は本能的に魅力的な男性を求めるという観点から、しつこくすがったり、熱意を伝えても復縁に逆効果と言えるのです。

でも、もちろん、「しつこくすがってしまった=復縁できない」というわけではありませんのでご安心を。

 

実際、私自身もしつこくすがって嫌われて、音信不通になったにも関わらず、元カノと復縁できましたから、すぐに諦めてしまうのは非常にもったいないことなんですよね。

それに先ほどもお話したように、女性はより優秀な遺伝を求める本能を持っています。

 

ということはつまり、冷却期間で別れた原因を改善するとともに、徹底的に自分を磨いて付き合っていた時よりも魅力的な男になればいいのです。

女性が別れた男性との復縁を考える瞬間というのは、その男性が魅力的になっていた時とも言われていますからね。

 

また、元カノに熱い気持ちを伝えても復縁できない理由は、もう1つ存在します。

これも女性の本能なのですが、女性は妊娠できる時間的期限があることから、「この人だったら大丈夫」と確信できるまで復縁に踏み切れない性質を持っているわけです。

 

女性からすれば、考えに考えて別れを決断したけど、復縁を求められてしまう。

でも、男性側の別れた根本的な原因が改善されていないと、女性からすればまた同じように別れてしまうことになり、貴重な時間を無駄にしてしまうリスクがあるわけですね。

 

ですので、その別れた原因が改善されておらず、復縁して幸せになれることを確信できていない状況では、復縁に踏み切れないのです。

実際、考えに考えて別れを決断した元カノが、別れた原因が改善できていない男性に「復縁しよう」と口だけで言われても、「うん、復縁する!」とは言うわけないじゃないですか。

 

このように、魅力的な男を求める本能と同じ失敗を繰り返して妊娠できる期限を無駄にしたくないという本能が働いているため、気持ちを伝えただけでは復縁は難しいのです。

だからこそ、まず第一は冷却期間でちゃんと別れた原因と向き合い改善すること。

 

その上で、元カノに「変わったね!」と思わせるくらい魅力的な男になるべく自分を磨くこと。

この2つの大前提が揃った上で元カノと再会して初めて、「復縁」という土俵に立てることを頭に入れておいてください。

 

私自身もちゃんと別れた原因と向き合い、自分磨きをして元カノに別れたことを後悔させたから復縁できたんです。

他の復縁成功者も皆、そうですよ。

 

冷却期間後に、元カノと再会して「あれ、変わったね!すごくいい男になった!」と思わせるから復縁できるのです。

また、最後にもう1つ、元カノと復縁する上で非常に重要なエッセンスをお伝えいたします。

元カノに「この人となら復縁しても大丈夫!」と確信させるには?

 

先ほどもお話したように、女性は本能的に復縁に対しては消極的で、復縁しても大丈夫だと確信できるまでは踏み切ることができません。

にも関わらず、男性側がゴリ押しで復縁を求めてしまうから、うまくいかないんですよね。

 

そう、元カノとの復縁で失敗する男性のほとんどが、すぐに気持ちを伝えてしまったり、自分の「復縁したい」という気持ちばかりを押し付けてしまっているからうまくいかないのです。

そうではなく、元カノが「復縁しても大丈夫」と思ってくれるまで待つことが何よりも重要になります。

 

それは特に、冷却期間後の再会での話ですね。

冷却期間後に再会して、魅力的になったあなたの姿を見せて元カノの興味を引くことができれば、次第にあなたの方に気持ちが向いていきます。

 

そうなると、あとはかなりスムーズで、連絡をしても好感触な返信がくるし、ご飯にもいけるし、相手からも連絡がくるようになっていくでしょう。

ただ、ここで浮かれてしまったり、喜んで告白してしまう男性がいるのですが、それがNG行為なんですね。

 

何度も言うように、女性は復縁に対して慎重であり、恋愛感情も徐々に高まっていく傾向にあります。

ですから、ちょっといい反応があったからといって告白しても、「じゃあ、復縁!」とはならないのです。

 

では、どうすれば元カノに最後の一押し、「復縁しても大丈夫!」と思わせることができるのか?

これこそが、最後のエッセンスですね。

 

実は、元カノの話をゆっくりと聞いてあげて共感することで、復縁を確信させることができます。

「え?」と思うかもしれませんが、これは本当です。

 

今まで数多くの復縁成功者をみてきましたが、このアプローチ方法が最も復縁可能性が高い方法でした。

それも、圧倒的に可能性が高かったですね。

 

そもそも、みんな頭の中が「復縁」、「復縁」でいっぱいになっていて、一番重要である元カノの気持ちが置いてけぼりになってしまっているわけです。

そう、元カノの気持ちより、自分の復縁したい気持ちが大事、みたいな。

 

そして、それがまさに「がっつき」や「余裕のなさ」に繋がってしまい、元カノからすれば復縁に踏み切るのに不安になってしまいます。

そうではなく、元カノの話をゆっくり聞いてあげることで、元カノからすれば、「この人はやっぱりわかってくれてる」と思ってくれるようになるんですね。

 

そもそも女性は共感脳であり、自分の話を聞いてくれる男性を好きになりますから。

ですから、「伝える」ことばかり考えるのではなく、「聞く、理解する」ことに徹する方がはるかに復縁しやすいのです。

 

事実、女性は「この人は私のことをわかってくれてる」と思った時に、復縁できるかもと思うようになりますからね。

それに、復縁を迫らずに、余裕のある態度で話を聞くことで、男としての魅力や価値の高さをアピールすることに繋がるんです。

 

想像してみて欲しいのですが、「復縁しよう」、「復縁しよう」と迫ってくる男性と、「決意ができるまで待つよ」とゆっくり待ってくれる男性、どちらが魅力的かということですよ。

それに、魅力的になった姿を見せることができていれば、そこまで焦る必要もないわけじゃないですか。

 

連絡も取れるし、会おうと思えばいつでも会えるし、そのままゆっくりと距離を縮めていけば復縁が待っているんです。

往々にして、復縁が失敗してしまうのは、男性側の焦りとがっつきですからね。

 

この元カノの話をゆっくり聞いてあげるのは非常に効果的で、冷却期間後に再会できた方は必ず実践してください。

必ず、です。

 

実際、別れ際にマイナスの印象を与えることなく、綺麗に別れた男性で、別れてからも連絡をとっていた男性の多くがこの接し方で1ヶ月以内に復縁してしまっていますからね。

「ああ、やっぱりこの人なんだ」と思わせるのは、やっぱり共感・理解なんです。

 

女性は共感脳で自分の話を聞いてくれる人が好き、余裕のある態度でがっつかない魅力的な男性が好きなわけですから、これを利用しない手はありません。

ぜひ、元カノにとっても一番の理解者となり必要不可欠の存在になりましょう。

 

焦らずにじっくりと距離を縮めていけば、何の問題もなく、元カノと復縁することができるはずですよ。

まとめ

 

どうしても元カノと復縁したいのであれば、まず「元カノの気持ち」が何よりも重要。

だからこそ、自分の感情ばかりを重視して、元カノにしつこく復縁を迫ったり、何度も何度も連絡を送るのはNG。

 

元カノに復縁したいと思わせるには、元カノに別れたことを後悔させることが何よりも重要で、そのために冷却期間を設けて男を磨こう。

本気で元カノと幸せにしたいのであれば、付き合っていた時以上に魅力的な男になって迎えに行こう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です