元カノに会いたい!あなたに会いたいと思わせるLINEでの連絡方法とは?

 

「元カノに会いたいけど、向こうはそんなこと思ってないだろうなあ…。元カノに会いたいと思わせるにはどうすればいいんだろう。」

復縁のための第一歩は、気さくに会える仲になることですが、実際のところ、別れてから仲良くなることも難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?

 

元カノの方から話しかけてくる場合は、その距離感をキープしておけばOKですが、みんながみんな、そうとは限りません。

実際に、元カノにマイナスの印象を与えてしまっており、避けられてしまったり、冷たい態度を取られてしまう人もいるでしょう。

 

では、どうすれば元カノに会いたいと思わせることができるのでしょうか?

今回は元カノに会いたいと思わせるLINEでの連絡の方法を徹底解説していきますので、じっくり読んでみてください。

 

元カノに会いたいと思わせるLINEでの連絡方法!

まず、大前提として冷却期間+自分を磨いておくこと

元カノと連絡をして再会したい気持ちは痛いほど理解できますが、会えば復縁できるわけではありません。

むしろ、会ってからが勝負で、再会した時に、元カノに「別れるんじゃなかった」と後悔させることがないよりも重要になります。

 

別れた原因を解消するのは当たり前、そんなの最低条件であり、どれだけあなたの成長を元カノに見せることができるかどうかがカギなんですよね。

実際、元カノは考えに考えて別れを決断したわけですから、それをアッと言わせる男になっておく必要があるわけです。

 

また、別れて間もない期間だと、元カノの気持ちもまだマイナスなままであり、あなた自身も本当の意味で変わることができていないため、冷却期間を設けることがポイントと言えるでしょう。

嫌われている、マイナスの印象を持たれているのであれば、最低半年、できれば1年。

 

嫌われているわけではなく、普通に連絡が取れる関係性であれば、3ヶ月〜半年間の冷却期間を設けることをおすすめします。

この冷却期間+男磨きが連絡をするまでの最低条件ということですね。

 

結局、復縁と言っても、恋愛であり、女性は本能的に魅力的な男性を求めるわけですから、あなたが男を磨いて魅力的な男になってしまえばいいわけです。

私自身もしつこくすがって嫌われてしまいましたが、冷却期間を設けて自分を磨き、元カノを後悔させたから復縁できたんですよね。

 

「あれ?なんか変わった?成長したね!別れるんじゃかなかったかも…」と言われるような男になってやりましょう。

 

 

また、今、元カノとの復縁を目指しており、元カノに連絡をしてみて、素っ気ない返信や冷たい態度を取られてしまうと、「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできるわけありませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だから。

ということは、つまり、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるということなんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実になります。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

元カノの知らない魅力やプライベートをチラ見せする

また、連絡をする前に元カノの興味を引いておけば、相手から好感触なLINEが返ってきやすくなります。

では、彼女の興味を引ける一番の要素は何かと言えば…もちろん、「あなたの変化・成長」でしょう。

 

交際時よりもかっこよくなっている、何だか雰囲気が違うと感じると、やはり過去の男性だと分かってはいても、気になってしまうのが女心。

あなたの変化が、SNSた友人伝いで伝わってきた際には、気になってしまうものでしょう。

 

LINEでの会話が楽しかったり、過去の楽しかった思い出を思い出した際には、元カノの中にも心のどこかで後悔の念が生まれるはずです。

さらに、女性はより良い男性をと本能的に求める習性があるため、あなたとの関係をもう少し深めたいと思い始めます。

 

これが元カノと復縁するための道そのものなんですよね。

LINEでの連絡の際に、さり気なくこちらの変化の分かる画像を送ったり、トップ画面に設定する、SNSでさりげなくアピールをするなど、彼女の気を引ける要素を散りばめておくといいでしょう。

LINEでの会話が楽しいと思わせる

元カノにあなたに会いたいと思わせるための最低条件が、あなたとの会話が楽しいと思わせることです。

会話を楽しい、久しぶりの連絡でちょっとやりとりしてみようかなと元カノに思わせることが重要になります。

 

このように、事前に興味を引かせた上で、連絡をして楽しませたり、会話を弾ませることで彼女の中で、純粋にあなたと会って話をしたいという気持ちが芽生える可能性も高いでしょう。

また、あなたが元カノに対して「もう未練はないだろう」と思わせることができていて、純粋に友人として会話を楽しめるようになっていた場合には安心感も働いて、誘いにも快く応じてくれるようになりますよ。

 

ただ、もちろん、最初からいきなりトントン拍子にいくわけではありません。

もしLINEを送っても反応が悪かったり、冷たい、そっけない場合はもう一度距離を置いて、仕切り直してみてください。

LINEだけでは話し足りないと思わせる

彼女とのLINEが定期的になり、ギクシャクした感じもなくなって、盛り上がれるようになってきたら、そろそろ次のステップへ。

盛り上がっている時にあえて返事を遅くしたり、「ごめん、今から出掛けなきゃいけなくて」と口実を利用して、彼女との会話を一度切りましょう。

 

自然に切ることがポイントで、盛り上がっているタイミングで話が途絶えてしまうと、お互いに物足りなさを感じるもの。

女性は特に話好きが多いため、話の続きができないことに対してモヤモヤすることでしょう。

 

そうして彼女の、話したい欲を引き出すことで、早くあなたと話したい、もっとあなたと話したいと思わせて、次のLINEに繋げたり、会う約束に繋げるのです。

ただ、こちらの方法は頻繁に使うと、話したい欲を引き出すどころか、既読スルー・未読スルーを連発することで自分勝手な人だと思われてしまいかねません。

 

それに、駆け引きをされているのかな、と思われてしまってマイナスの印象を与えることもありますので、やりすぎないようにしましょう。

タイミングを考慮した上で、「ここだ」という時に使い、会う約束へと自然な流れで繋げるのがポイントです。

特別な日を祝ってあげる

やはり、誕生日を祝ってくれたり、仕事での成功、自分の好機を祝ってくれると素直に嬉しく感じるもの。

このようにな日は、自ずと気持ちも高ぶるものですし、そうするといつもより積極的になったり、普段は応じない誘いに応じることも多いでしょう。

 

また、自分の誕生日、特別な日を意識してくれていて、覚えてくれていたという事実だけでも、素直にキュンとくる女性は多いはずです。

ましてや、以前よりも魅力的になった元恋人からであれば、やはり気持ちを揺さぶられる可能性は高いでしょう。

 

女性は特にそういった特別な日を大切に思う傾向が強いため、誕生日などを祝ってくれたことをきっかけに、再びあなたを意識し始めたり、良いなと思い始めることも少なくありません。

一度会ってみようと前向きに考えてくれる可能性は高いので、連絡をしてみてください。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノに会いたいと思わせるLINEでの連絡方法は以下の通り。

 

  • まず、大前提として冷却期間+自分を磨いておくこと
  • 元カノの知らない魅力やプライベートをチラ見せする
  • LINEでの会話が楽しいと思わせる
  • LINEだけでは話し足りないと思わせる

 

大前提として重要なのは、冷却期間を設けて元カノの気持ちをリセットして、あなた自身も元カノを後悔させることができるように大きな男になってしまうこと。

未練を見せず、少しずつ彼女との関係を築いたら、適度に駆け引きをしてみて、彼女の会いたいという欲を上手に刺激して会うことへと繋げましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です