元カノが大好きで復縁したい!復縁のカギは冷却期間と自分磨きにあり!

 

「別れたけど元カノのことがやっぱり大好きで、なんとか復縁したい。復縁するためにはどうすればいいんだろう。」

ついつい暇があれば、「元カノ 復縁」と検索してしまったり、元カノがいない悲しさから何もやる気が起きずに抜け殻のようになってしまう。

 

私自身も大好きな元カノに振られて、復縁したいと強く思ったことがあるため、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

復縁することができた私から1つアドバイスをするとしたら、もしあなたが復縁したいのであれば、正しいアプローチをすべきだいうことですね。

 

じゃあ、その正しいアプローチは一体何なのかというと、ズバリ、冷却期間と自分磨きでしょう。

元カノとの復縁に失敗する男性に限って焦ってしまい、元カノにしつこくすがってしまい、元カノに嫌われてしまいます。

 

私も元カノと復縁したいがあまり、しつこくすがったのですが、うまくいくことはなく、嫌われてしまっただけでした。

そう、もうはっきり言いますが、仕事や勉強と同じように、復縁にも王道のアプローチが存在するんですよね。

 

その中でも冷却期間と自分磨きは王道中の王道あり、復縁に必要不可欠な要素ですから、これを無視しては復縁できる可能性は大きく下がってしまいます。

確かに、冷却期間を設けるのは不安もしれません。

 

ですが、マイナスの印象を持たれている時にアプローチをしたところで、うまくいくことはないので、一度、元カノに感情をリセットしてもらうのが一番なんですよね。

そして、自分磨きをして、元カノに成長した姿を見せればいいのです。

 

別れを告げられてしまったということは今のままでは付き合えないということですから、「別れるんじゃなかった」と思われるような男になってしまえばいいだけの話。

「成長したね、変わったね!」と言われるような男になり、元カノに別れたことを後悔させてやりましょう。

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数輩出】長年に渡る復縁研究の結果辿り着いた元カノ復縁の成功パターンを解禁します

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だったら、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

復縁に冷却期間が重要とされる3つの理由!

 

元カノとの復縁にあたり冷却期間が重要とされる理由には以下の3つが挙げられます。

ただ何となく彼女との距離を置くだけではなく、冷却期間を置く意味についても理解しておかなければ、冷却期間を有効に使うことができません。

 

それに、この冷却期間の目的を知っていれば、その期間中に彼女に連絡を入れてしまうといった失敗も防ぐことができるでしょう。

ただボーッと時間を置いているだけでは復縁なんてできません、少しでも復縁できる可能性をあげる行動をしてみてください。

感情的な衝突を避けるため

冷却期間を置く目的の1つ目は感情的な衝突を避けるためですね。

別れた後、時間を置いていないままでは、お互いに感情が高ぶりやすく、衝突してしまうことは少なくありません。

 

衝突はしないまでも、冒頭でお話したように、元カノにすがってしまって関係を悪化させてしまうことも少なくないでしょう。

感情的な話し合いは、ほとんどの確率で良い方向へは転がりませんからね。

 

また、時間的にも、距離的にも距離を置くことができれば、気持ちも落ち着いて物事について冷静に考えられるようになるのも大きなメリット。

自分が悪かったところを素直に受け止め、見つめ直す余裕ができるでしょう。

 

元カノとの復縁において重要なのは「元カノの気持ち」です。

「感情的になってしまう=自分優先になってしまう」ですから、自分ばかり優先しないように、まずは気持ちを落ち着かせましょう。

あなたに対してのマイナスイメージをリセットさせるため

別れの原因があなたにある場合、彼女はあなたに対して怒りや嫌悪などマイナスの気持ちを抱えている場合が少なくありません。

元カノがそんな気持ちでいる中で、あなたが復縁を申し出ても、復縁したいと思われることはありませんよね。

 

どちらかと言えば、そっとしておいてほしい、関わりたくないという気持ちの方が強いでしょう。

そのため、このまま接触を続けていても復縁が成功する可能性が低く、また、感情的になってしまって、さらにマイナスのイメージを膨らませてしまうかもしれません。

 

大抵のことは時間が解決をしてくれるもので、人間には時間が経てば、マイナスの記憶をリセットしてくれる性質があります。

ですから、冷却期間を置くことによって、あなたに対するイメージをリセットしてもらい、再アプローチのチャンスを作り出していく方が賢明なのです。

 

それゆえ、少しでも復縁の可能性を上げるなら、印象の悪い別れ方をしているほど、離れる時間は長く取った方が良いでしょう。

自分を磨いて復縁の可能性を高めるため

特に、冷却期間中の自分磨きが復縁においては重要になります。

はっきり言って、この冷却期間中での自分磨きで勝敗が決まると言っても過言ではありません。

 

そもそも、女性は妊娠の機嫌が存在するため、本能的にも立ち直りが早く、過去は振り返らないという傾向が強い生き物です。

ですから、そんな彼女を振り向かせるためには、やはりあなたが変わり、以前にも増して魅力的になれていることが必要不可欠なんですよね。

 

そもそも恋愛は子孫繁栄であり、女性は、本能的により魅力的な男性、価値の高い男性を求めます。

逆にいうと、別れを切り出されてしまったということは、本能的に魅力を感じられなくなってしまったということなんですよね。

 

そのため、付き合っていた時よりも魅力的な男になることは復縁において欠かすことはできないのです。

実際、あなたが別れてから確実に成長できており、男としての価値を高めていたならば、どうしてもあなたが気になってしまうものなんですよね。

 

その上で過去のマイナス面を改善できていれば、女性だって少しずつ別れたことを後悔しはじめます。

そう、結局、元カノに「あれ、なんか変わった?成長したね!」「別れるんじゃなかったかも」と思わせることが大事なのです。

 

逆に、自分磨きを怠ってしまうと、何も変わっていないあなたをみて「別れて正解だった」と思われてしまうでしょう。

ですから、冷却期間中にどれだけ自分を磨き、成長できるのかが、どれだけ彼女の心を揺さぶることができるか、に繋がってくるわけですね。

 

元カノのことが大好きで絶対に諦めきれない。

そう思うのであれば、バカな男になって、元カノを惚れ直させてやりましょう。

 

また、元カノとの復縁も仕事や勉強、スポーツと同じでうまくいった人の方法から学ぶのが重要です。

そのため、私自身が嫌われた元カノと復縁した方法を復縁成功体験談として、メールマガジンで無料プレゼントしています。

 

もちろん、登録は無料で、体験談からもかなり多くのヒントが得られるかと思いますので、下記より受け取ってじっくり学んでみてください。

【男ならバカになれ!公式メールマガジン】クリックして復縁体験談を受け取る!

 

私が復縁した時も、数多くの復縁体験談に目を通して、ヒントをもらってきましたので、あなたの復縁にもかなり役立つはずですよ。

まとめ

 

復縁のカギは冷却期間と自分磨きにあると言っても過言ではありません。

冷却期間の意味を理解してしっかりと彼女との距離を置くことで、感情的な衝突を避けることができ、あなたのマイナスイメージをリセットすることができるからですね。

 

そして、その冷却期間中の自分磨きをどれだけ本気でできるか、どれだけ成長できるかも重要です。

女性はやはり、価値の高い男性に目を惹かれますし、そういった男性にときめき、意識するようにできていますからね。

 

元カノのことが本気で大好きで忘れることができないのであれば、バカな男になって、大きく成長して、元カノに別れたことを後悔させてやりましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です