元カノと復縁したい場合の連絡方法!LINEの内容や頻度はどうすべき?

 

「復縁したい元カノに連絡をしてみたけど、反応はそっけないし、復縁できる気がしない。」

ついこの前まで付き合っていたはずの元カノに連絡しても、冷たい反応しか返ってこないとなるとやはり精神的にも辛いものはありますよね。

 

実際、僕自身も元カノと復縁したい一心でなんとか理由をつけてLINEをしたり、誘っていたことがありますが、うまくいくことはありませんでした。

理由はシンプルで、昔の僕は元カノの気持ちを考えずに自分のことばかり考えていたから。

 

自分の「復縁したい」という気持ちばかりを優先して、元カノの気持ちを無視して連絡を送る・・・そりゃあ、うまくいくわけがないですよ。

ただ、それでも、元カノの気持ちをしっかり汲んだ正しい連絡をすることができれば、元カノもあなたと「会ってみようかな」「復縁しようかな」と思ってもらうことができます。

 

僕自身がまさにそのケースで、しつこく連絡して嫌われてしまったところから復縁できました。

したがって、もしあなたが本気で元カノを復縁したいのであれば、決して焦ることなく、正しい方法で元カノにアプローチしてみてください。

 

元カノと復縁したい!連絡内容やLINEの内容はどうすべき?

 

元カノと復縁するためには、当たり前ですが、LINEやメールなどで連絡を取らなければなりません。

ただ、その連絡の段階で元カノに警戒心を持たれてしまって、そっけない態度や既読スルーされてしまうといいのもよくある話。

 

では、どのように元カノと連絡を取ればいいのか?

元カノへの連絡と一言で言っても、次の2つのパターンでは連絡の仕方、内容は全く異なります。

 

  • 元カノに嫌われている、LINEで連絡してもそっけない
  • 連絡の返信に好意的、元カノからLINEがくる

 

したがって、今回はこの両者のケースでそれぞれどのように、元カノに連絡をすればいいのかをお話していきます。

復縁において、連絡は重要な役割を担うからこそ集中して読んでみてください。

元カノに嫌われている、LINEで連絡してもそっけないケース

まず、最初のケースは元カノにすがってしまったり、しつこくしてしまって嫌われている、LINEで連絡してもそっけないケース。

僕自身もこのケースだったのですが、多くの男性がこのケースに当てはまるのではないでしょうか?

 

まず、はじめに言えることは、僕の例を見てもわかる通り、今の状態からでも逆転で元カノと復縁することができるということです。

ただ、そのためには必ず守るべきことがあります。

 

それは決して復縁を焦ることなく、しっかり冷却期間を設けること。

確かに、いますぐにでも元カノと復縁したいという気持ちは痛いほどわかります。

 

しかし、女性が別れを決断する時は、長い時間考えに考えて結論を出すため、ちょっとやそっとのアプローチで復縁できるものではないのです。

ここでしっかり自分を抑えて、焦らずに冷却期間を置けるかが、復縁できるかどうかの大きな分かれ道。

 

冷却期間を設ける理由は極めてシンプルで、元カノにあなたに対するマイナスイメージをリセットしてもらうためです。

というのも、元カノがあなたとの別れを決意したということは、少なからずマイナスのイメージを持っているということ。

 

そして、嫌な人には何をされても嫌なように、マイナスのイメージをリセットしてもらわない限りは、元カノはずっとそっけないままなのです。

だからこそ、元カノと復縁したいのであれば、何よりも冷却期間を設けることが重要。

 

そのほかにも理由はありますが、下記の記事で詳しくお話していますので、必ず読んでおいてください。

参考:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

 

この冷却期間が何よりも大事で、この冷却期間の過ごし方次第であなたが復縁できるかどうかが決まります。

なぜなら、元カノがあなたと復縁したいと思う瞬間とは、「別れるんじゃなかった」と別れたことを後悔した瞬間であるから。

 

つまり、冷却期間のうちに、あなたは徹底的に自分を磨き、元カノが別れたことを後悔するような男になることが何よりも重要なのです。

これが元カノにマイナスの印象を持たれている時の復縁方法になります。

 

では、冷却期間で自分を徹底的に磨き、魅力的な男になったあと、なんと連絡すればいいのか?

ポイントは、いかに警戒されないように自然に送れる、です。

 

自然に元カノに連絡をとるポイントとしておすすめなのは、やはり誕生日。

誕生日に「おめでとう」と言われて嬉しくない人はいませんし、半年以上冷却期間を設けていれば、あなたのマイナスイメージもほとんどなくなっていますので、自然と連絡を取ることができます。

 

もしくは、元カノにしか頼めないことを聞くというのも自然な連絡の取り方です。

例えば、元カノが大阪に住んでおり、あなたが大阪に行くという設定でおすすめの場所を尋ねるなど。

 

そのほかにも、元カノに転職経験があったり、何か特定のスキルを持っているなど、あなたよりも詳しい知識や経験があることを元カノに訪ねてみるといいでしょう。

一通り、元カノに聞いたあとは、「元気してた?」というように話を切り替えて、相手の反応を伺ってみてください。

 

ここで大事なのは、あなたが焦って深追いしないこと。

反応がよければそのままアプローチをしてもいいのですが、反応がよくなければ早めに切り上げてしまう方がいいでしょう。

 

その場合は、また、3ヶ月後や半年後に連絡をして様子をみてトライしてみてください。

重要なのは、元カノにも元カノの都合やタイミングがあるということで、連絡をすれば必ずしもベストタイミングというわけではありません。

 

元カノのタイミングが合う時を狙うのが最も効果的ですので、冷却期間を終えたら、相手の反応がよくなるまで定期的に連絡をいれてみるといいでしょう。

そうすれば、元カノの頭の中にはあなたの存在がいますので、相手から連絡をしてくることも。

 

また、そのほかには元カノの趣味、好きなことで連絡をするというのもおすすめです。

具体的に言えば、元カノが好きなアーティストのフェスやライブのチケットが当たったからいるか?といったものですね。

 

元カノが好きなものであれば、相手も反応しやすいでしょうから、この方法も非常に効果的。

ただし、ここで気をつけなければならないのは、決して「一緒に行こう」と誘わないこと。

 

最初の連絡で元カノの気持ちは温まっていませんので、一緒に行こうと誘った時点で警戒されてしまいます。

そのため、チケットをあげるという形で連絡を取り、渡すタイミングで会うことを目指してみてください。

 

その他にも有効なのは、元カノのものを預かっていたという連絡で、それを返すという名目であれば自然にコンタクトを取ることができます。

そう、冷却期間明けの連絡はいきなり復縁を醸し出すのではなく、いかに自然に送れるかが重要になるわけです。

 

その上で、アプローチをしていくのですが、冷却期間後のアプローチは下記の記事で詳しくお話していますので、じっくり読んでみてください。

参考:元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

 

確かに、元カノに嫌われてしまっている、そっけない対応をされるというのは辛いですし、ショックかもしれません。

しかし、そんな下を向いている男性に元カノは振り向かないわけです。

 

そう、もしあなたが元カノを惚れ直させたいのであれば、元カノが別れたことを後悔するような圧倒的に魅力的な男になるしかないのである。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

連絡の返信にも好意を感じる、元カノからLINEを送ってくるケース

 

続いては、嫌われているわけではなく、返信にも好意を感じたり、元カノの方からLINEを送ってくるケース。

この場合は、先ほどのように冷却期間を設ける必要はありません。

 

なぜなら、冷却期間は元カノがあなたに対してマイナスの印象を持っている時に設けるものであり、そうでないなら設ける必要はないからです。

元カノの返信にも好意を感じたり、元カノから連絡がくる場合は、その調子で元カノと連絡を取りましょう。

 

ポイントは元カノよりも熱量を少し下げて連絡を送ること。

具体的に言えば、元カノの返信の文章量より1、2行少なく、返信も少しだけ遅く、好意をほのめかし過ぎないということです。

 

このケースでは元カノがあなたに対してマイナスの印象を持っているわけではないので、復縁も比較的スムーズにいきます。

もちろん、重要になるのは決して焦らないこと。

 

決して復縁を焦らずに、連絡を重ねてご飯に一緒に行く時、元カノの気持ちを理解することに徹しましょう。

そう、理解、理解、理解、元カノの気持ちを理解すべく、話を聞いて、一緒にいる時間を楽しむことで元カノもあなたと復縁したいという気持ちが芽生えてきます。

 

女性の気持ちは徐々に燃え上がってきますから、理解を示して、一緒にいることを楽しめば、自然と復縁という雰囲気になるものです。

ただ、一度別れてしまっているため、別れた時のあなたとは違う面を見せることが何より重要。

 

したがって、元カノの返信が好意的、元カノから連絡がくる場合も、魅力的な男になるべく、徹底的に自分を磨きましょう。

そう、男ならバカになって元カノを惚れ直させる、これが男の復縁なのです。

 

参考:元カノと復縁したい!ヨリを戻す具体的な方法は冷却期間とゲインロス効果!

まとめ

 

元カノとの復縁において、連絡は非常に重要だからこそ、自分勝手なアプローチではなく、元カノの気持ちを考えた正しいアプローチをすることが重要。

元カノに嫌われている、そっけない返信がくる場合は、冷却期間を置いて自然な連絡を心がけること。

 

元カノからの返信が好意的、元カノの方から連絡してきてくれるというケースでは、元カノに熱量を合わせて距離を詰めていくことが大切。

いずれにしても、元カノが「やり直したい」と思うほどに圧倒的に器の大きい魅力的な男になっておく必要がある。

 

だからこそ、バカなほど徹底的に自分を磨こう!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です