元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチがカギを握る!?

 

「元カノと早く復縁したいけど、いまいちLINEの反応はよくないし、復縁できるかどうか不安。」

確かに、元カノと早く復縁したい気持ちはわかりますが、僕はあなたに復縁してもらいたいので、あえて心を鬼にしてお伝えします。

 

ー元カノと復縁したいのであれば、決して焦ることなく冷却期間を設けたほうがいい。

これは僕自身が復縁した経験からもそうですし、後々の復縁の可能性を大きくあげるという意味でも、絶対にとった方がいいでしょう。

 

なぜなら、元カノとの復縁では、しっかり冷却期間を設けて、その後のアプローチが大きなカギを握っているからです。

「復縁したい」と元カノを追いかければ、追いかけるほど女性は逃げていきます、そういうものです。

 

だからこそ、もしあなたが元カノを本気で復縁したいのであれば、今はその気持ちを抑えて、焦ることなく冷却期間を設けてみてください。

そして、今回はその冷却期間を終えた後の復縁に繋がるアプローチ方法をご紹介していきます。

 

元カノとの復縁を成功させるには冷却期間後が超重要!

 

冒頭でもお話したように、元カノとの復縁は冷却期間後のアプローチが何よりも重要。

実際、別れた直後に復縁できるケースはほとんどなく、男性からの復縁のケースでは冷却期間を設けて復縁するケースが大半なのです。

 

その理由はシンプルで、女性はバケツに水を貯めるように彼氏への不満をためていき、考えに考えた末、やっとのことで別れを決意するから。

つまり、ちょっとやそっとのことじゃ覆らないほどの固い決意をしているわけですよ。

 

この状態で、「復縁してほしい」とすがっても復縁できるわけがない、というのは言うまでもありませんよね。

この元カノのマイナスイメージを消す意味でも、冷却期間を設けることが重要なのです。

 

嫌われているのであれば、半年以上、そうでないなら、3ヶ月〜半年の冷却期間を設けてから、元カノにアプローチをして復縁を目指します。

冷却期間後のアプローチで重要なのは、変化を感じさせて興味を持たせること。

 

と言うのも、元カノからすれば今のあなたが嫌で別れたわけですから、マイナスの印象が残ってしまっているんですね。

だから、何も変わっていないあなたの状態でアプローチをしてもうまくいかない。

 

そう、元カノとの復縁を唯一高めることができる方法とは、冷却期間後に再開をして元カノに変わった姿を見せることなのです。

言うならば、「別れるんじゃなかった」と元カノに思わせるということ。

 

別れたはずの彼氏が、何かに一生懸命になっていたり、オシャレになっていたり、堂々と自信を持った態度だったりすると、女性も気にならざるを得ないわけです。

「あれ、どうしたんだろう…」と。

 

こうなればもう勝ったも同然で、人は興味を持った人を好きになりますから、元カノの話をしっかり聞いてあげれば復縁の可能性は飛躍的に上がります。

そう、冷却期間後に元カノに変化を感じさせて、興味を持たせるわけです。

 

では、どのようにして興味を持たせればいいのか、どのようにして別れるんじゃなかった、と思わせればいいのか?

それはシンプルで冷却期間中に徹底的に自分を磨くのです。

 

徹底的に男を磨いて圧倒的に器の大きな男になることによって、再会をした時に元カノはあなたに興味を持つようになります。

そう、別れるんじゃなかったと元カノが思うような魅力的な男になってしまえばいいのだ。

 

 

今、元カノが素っ気なかったり、冷たい態度で「復縁できないんじゃないか」と弱気になってしまうことが多いかもしれません。

しかし、だからと言って、あなたは元カノを諦めるなんてことはできませんよね。

 

私自身も元カノに嫌われてしまって、本当に落ち込んだことがありましたが、諦めなかったから復縁できたわけです。

それにあなたは「復縁できないかも」と思っているかもしれませんが、はっきり言って、そんなことはありません。

 

というのも、今は元カノの気持ちがあなたの方に向いていないだけの話だからです。

そう、ということは、元カノの感情に火をつけてあなたの方に向けてしまえば、ヨリを戻すことはできるんですよね。

 

冷めた元カノの感情に火をつけることができれば、連絡も好感触なものが返ってくるし、ご飯もOKがもらえるし、何なら元カノの方から連絡が来るというのが紛れもない事実なのです。

ただ、「具体的にどうすればいいのか?」と思う方も多いでしょう。

 

そのため、元カノの感情をこちらに向けてスムーズに復縁成功まで持っていく方法を下記でお話していますので、クリックしてページを進めてみてください。

 

【※成功者多数】冷めた元カノの感情に火をつけてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

実際に、私もこの考え方で音信不通という絶望的な復縁できましたし、多くの男性が復縁を果たしていますから、効果は保証いたしますよ。

元カノを幸せにするのはあなたなんでしょう?だった、バカな男になって惚れ直させてやりましょう。

 

さて、それでは冷却期間で圧倒的に魅力的な男になった、ではその後はどうすればいいのでしょうか?

冷却期間後の元カノへのアプローチ方法はとにかく「理解」!

 

冷却期間を終えて、元カノと再会するためにはまず連絡を取らなければなりません。

この連絡はできるだけ自然なもので決して好意を感じさせるものではなく、サラっとした軽いものの方がいいでしょう。

 

なぜなら、元カノからすれば、好意を感じるメッセージをいきなり受け取ったところで、警戒してしまうからだ。

だからこそ、誕生日にLINEを送ったり、元カノしか解決できないような用事など自然なLINEを送ることを心がけてみてください。

 

連絡を取る時も必ず相手の女性と温度感を合わせること。

例えば、返信までかかる時間や文章の長さ、絵文字や顔文字、使う言葉など全て元カノの熱量から一歩下がった温度感で返してみよう。

 

そして、元カノにもタイミングはあるものの、タイミングさえ合えば会うことができる。

そう、この会った時と言うのが勝負なのだ。

 

「俺、こんなに頑張ってるよ!」「お前とやり直したいから頑張ったんだ!」なんて言うのは言うまでもなくNG。

元カノと復縁するためには、元カノの好意を積み上げていく必要がありますから、しっかりと話を聞いてあげてください。

 

そう、理解ですね。

元カノの気持ちを理解、理解、理解、とにかく理解を示すんです。

 

あなたの気持ちばかりではなく、元カノの気持ちを理解することに努めてみてください。

人は誰しも話を聞いてくれる人に好意を抱くものですから、あなたが元カノを理解しようと話を聞けば、元カノのあなたに対する好意も自然と上がっていきます。

 

そして、元カノがあなたにも興味を持ってくれた時、あなたは自慢にならないように大きな夢や目標を語るんです。

そう、女性は大きな夢や目標を持ち、頑張っている男性を尊敬し、好きになるから。

 

このように、元カノの気持ちをしっかりと考えて、理解に努め、あなた自身の夢や目標を語ることによって、「別れるんじゃなかった」と思ってくれるようになります。

実際に、これで僕も復縁しましたし、多くの人が復縁しているのです。

 

そう、これが元カノの本能を利用して惚れ直させる強者の復縁戦略そのもの。

ですから、もしあなたが元カノと復縁したいのであれば、決して焦ることなく、冷却期間を設けて徹底的に自分を磨きましょう。

 

そして、圧倒的に器のデカい男になって、元カノを幸せにしてあげてください。

 

また、冷却期間は復縁に置いて本当に重要な意味を持ちますので、下記の記事をじっくり読んで冷却期間を取る理由、目的を学んでみてください。

参考:【超重要】元カノとの復縁に冷却期間が必要である3つの理由とは?

 

まとめ

 

早く復縁したいかもしれないが、元カノとの復縁では冷却期間が非常に重要であり、中でも、冷却期間でのアプローチが大きなカギを握る。

冷却期間後に再会して、「別れるんじゃなかった」と元カノが後悔するような男になってしまえばいい。

 

なお、冷却期間後のアプローチでは自分のアピールではなく、元カノの気持ちを理解することに努めて、好意を積み上げることが重要。

冷却期間でしっかり自分を磨き、圧倒的に器の大きな男になって元カノを惚れ直させよう!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です